ITエンジニアの「35歳定年説」は本当なのか?人売りビジネスと定年説の関係性

35歳定年説」という言葉があることを知っていますか?

プログラマー(エンジニア)は脳の加齢化が進むにつれて新しい技術の習得が困難になり、さらに体力もたなくなるので若い頃のように働けなくなるという趣旨です。

わたしはこの言葉を先輩から聞いたときに次のように言われてショックを受けました。

転職するなら35歳までにしておけよ、その後は市場価値が下がる一方でどこの企業も雇ってくれないから。

確かに客先常駐の現場で周りを見渡すと、40代を超えても働いているエンジニアは少ないので妙に説得力がありました。

しかし、自分が経験を積むようになってから知りましたが、「35歳定年説」が当てはまるのはある特殊な労働環境の人たちだけの話だということがわかりました。確かに年齢を重ねることで若い頃よりも柔軟性はなくなりますが、新しいことを吸収するのに年齢は関係ありません。また、IT業界は体力勝負だと言われますが、それは長時間労働で働くエンジニアの話です。

この記事では「35歳定年説」が語られるようになった背景や、この説が当てはまる特殊な世界について紹介します。

「35歳定年説」が語られる理由

理由1:最新技術の習得に追いつけないから

35歳定年説で一般的に言われるのが、人間は歳をとると老化していくから最新技術の習得に追いつけなくなるということを良く聞きます。

当初これを聞いたときは周り(客先常駐の現場)に40代以降のエンジニアがいなかったので妙に説得力がありました。今考えると、Windows95が発売されてパソコンが当たり前に使われるようになったのって、20年前なのでつい最近のことですよね。

そうすると、40代、50代でパソコンを使いこなせていない人が多いのは当たり前です。

自分が経験を重ねて思うのは、新しいことを吸収するのに年齢は関係ありません。ITの世界は絶えず新しい技術が生まれ廃れて行く世界ですが、技術が好きな人は年齢を重ねても「クラウドサービス」、「人工知能」など、どんどんアップデートしていきます。

若い頃と比較して経験もあるので、技術の理解度は早いように感じます。

ゼロからスタートして、プログラミングを習得するのであれば若い人に負けますが、そうでない限りはあまり関係ないように思います。また、世の中には40歳、50歳を超えてから新しい業種にゼロからチャレンジする人もたくさんいます。

35歳でエンジニアの仕事が続けられないというのはあり得ないです。

理由2:体力が持たなくなるから

もうひとつ理由としてあげられるのは、体力が持たないからということも言われます。

30歳を超えると、20代の頃と比較して人間の体は無理ができなくなります。おじさん世代の話を聞くと20代の頃は毎日終電間際まで仕事していた、納期前は2日間会社に寝泊まりしたと言います。

そして、こういう働き方を続けるのが難しくなるから「35歳以降は体力がキツくて働けない」という理屈です。これに関して言いたいのは、本来労働時間て1日8時間なので、そこまで体力を消耗すること自体がおかしいですよね。

最近はコンプライアンスを重視する企業が増えているので、昔のような異常な働き方をさせる企業は減っています。昔はとくにインフラ関連の大規模プロジェクトで、社員が自殺したり社員が逃げ出すような職場が結構あったようです。(10歳くらい年上の先輩社員の話を聞いていると)

このような労働環境が当たり前なら、「35歳定年説」が成り立つのも理解できます。

理由3:人売りビジネスだから

35歳定年説が語られる理由は、IT業界が人売りビジネスをしているからです。

人売りビジネスとは、労働者を社外にアウトソースさせて稼ぐビジネスのことです。IT業界は建築業界のピラミッド構造に似ていますが、その最下層で働く人たちは単純労働をさせられています。

建築業界でいうと、現場監督の指示通りに手を動かして働く大工のことです。IT業界では「IT土方」と呼ばれます。

業務経験が積めないまま、こうした現場で年齢だけ重ねてしまうと年齢制限だけで引っかかり働き口がなくなります。自社に帰っても客先常駐しかないので居場所がありません。

つまり、「35歳定年説」というのは人売りビジネスを経営している企業にとって都合のいい言葉です。

手を動かすだけのプログラマーはいらない

いつの時代もそうですが、ただ手を動かすだけのプログラマーはいつの時代も必要とされていません。手を動かすだけでも許容してくれるのは、年齢20代と若いときだけです。

プロフェッショナルの道に進みたいのであれば、高い知識のプログラミングスキルを習得しなければなりません。

そうでないならば、IT知識を活かしてマネジメントスキルを磨く、エンドユーザー向けの企業に勤めるのであれば企画や提案ができるプログラマーにならなくてはいけません。

年齢を重ねるうちに、自分がどの分野で勝負するべきかというのは次第に見えてくるものです。35歳で仕事がなくなると考えているのは、手を動かすだけの仕事をしている可能性が高いです。

新しいことを学ぶ意欲はどこの業界に行っても必ず求められます。

現役エンジニアのワンポイント

実は「35歳定年説」というのは他の業界でも言われていることです。定年ではないですが、35歳を超えると転職が難しくなる「35歳限界説」のことです。

転職エージェント「DODA」の調査によると、2017年転職に成功した平均年齢は「32.1歳」と10年前に比べると年齢が「3歳」上昇していることが分かっています。

参考:「35歳限界説」の定説希薄に

その理由に挙げられるのは、経験に基づいた実績重視の即戦力採用や、管理職経験の有無にとらわれないミドル層の採用が増えたからだと言います。

10年前と比較して、パソコンで育ったいまの30代や40代は、それ以上の世代よりも考え方が柔軟だからという理由があるのかもしれません。

いずれにしても、IT業界の「35歳定年説」は存在しないということを理解して頂けたのではないでしょうか。35歳を超えて仕事がないかもと考えている人は、業務経験が積めない環境で働いている可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です