SIer企業で働くメリットとは?「メーカー系」「独立系」「ユーザー系」

日本のIT業界は、製造業のものづくりを担う「SIer系」とベンチャーなど新興企業である「Web系」の2つに大きく別れています。ここでは「SIer系」企業を3つに分類し、それぞれの企業で働くメリットとデメリットについて紹介します。

  1. 独立系SIer
  2. ユーザー系SIer
  3. メーカー系SIer

「SIer系」企業とは?

「SIer」とは、「システムインテグレーション(SI)」を行う業者のことを指します。

システムインテグレーションとは、システムを構築する際にユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務をすべて請け負うことです。IT用語辞典バイナリより

もっと平たくいうと、クライアントの業務把握し、IT技術を使って顧客の課題を解決するのが「SIer系」企業の役割です。「Web系」はエンドユーザーに対してビジネスを展開する「BtoC」なのに対し、「SIer系」は企業向けにビジネスを展開する「BtoB」です。

そして、SIerの中にも大きく分けて3系統あります。

メーカー系SIerとは?

「メーカー系SIer」とは、名前の通りメーカー企業(ハードウェア)の情報処理、ソフト開発部門から独立した子会社、もしくはグループ企業のことを指します。例えば、NEC〇〇〇〇、富士通〇〇〇〇という名前の企業がメーカー系企業である可能性が高いです。

なぜ、システム部門を本社から切り離すかというと、経営の視点から言っても業務が独立した部門は切り離し、独立採算させた方が都合が良いからです。組織が大きくなりすぎると、意思決定が遅くなったり、一部の部門の意向に他の部門も引き連られるなど、マイナス面しかないからです。

大手企業の中で、情報システム系は最も独立しやすい部門です。

メーカー系SIerで働くメリット

「メーカー系」で働くことのメリットは、大企業系列が本体なので福利厚生や給料など待遇が安定していることです。大手企業の経営が安定している限りは仕事に困ることはないので、自社で腰を据えて業務に向かうことができます。

独立系のように、プロジェクトが終わったらまた別の案件で営業を掛けに行く必要もないし、競争相手もいないので無理なスケジュールを詰め込む必要もありません。

メーカー系SIerで働くデメリット

「メーカー系SIer」で働くことのデメリットは、良くも悪くも親会社に依存してしまうことです。本体の経営状況が悪くなると、子会社のSierはどうすることもできません。親会社のビジネスモデルを理解していることは強みですが、長い間ぬるま湯に浸かってきたこともあり自分たちでは仕事を取りに行くことができません。

ビジネスモデルやスキルも親会社に限定されるので、転職するのも難しいです。

ユーザー系SIerとは

「メーカー系」がメーカー企業の子会社なのに対し、「ユーザー系」は商社や金融会社などの情報システム部門から独立した子会社のことを指します。新日鉄住金ソリューションズ、伊藤忠テクノソリューションズが例えになります。

ユーザー系SIerで働くメリット

「ユーザー系」のメリットは、同じように大手企業から切り離れされた「メーカー系」と大きく変わりません、安定した経営基盤の下腰を落ち着かせて働くことができます。

ユーザー系は銀行系の子会社が多いですが、銀行系は不況でも経営が安定しているし、開発規模も大きく、エンジニアの単価も他業種より高いです。そのため、給料はエンジニアの中で高い方です。

ユーザー系SIerで働くデメリット

「ユーザー系」は、ハードウェアのソフトを開発する「メーカ系」よりも業務内容が縛られます。例えば銀行系の業務だと、過度にセキュリティが求められるので、独自の特殊な言語で開発したり、一般的なエンジニアのキャリアと大きくかけ離れてしまいます。

銀行側も一度この職に就いたら離れて欲しくないので、特定のエンジニアを抱え込むことになります。

独立系SIerとは?

独立系SIerとは、親会社など他の資本を含まず完全に独立した企業です。そのため、契約先企業はメーカー系のようにひとつに絞られず、複数の取引先を抱えます。ソフトウェア業界の大半の企業は独立系です。

独立系SIerで働くメリット

独立系SIerは、メーカー系と違い系列会社による縛りがなく自由度が高いです。取引先も多岐にわたるので働くエンジニアも多くのスキルを磨くことができます。

さらに企業の採算をあげるためには、ITスキルだけに限らず、マネージメント力、経営力を磨く必要があるので、生き残って行くために多くのことを学ぶ必要があります。

独立系SIerで働くデメリット

独立系のデメリットは自由度が高い反面、厳しい競争社会を勝ち続けないといけないということです。メーカー系のように安定して仕事を回してくれる企業があるわけではないので、常に利益を追い求めなくてはいけません。

そのため、プロジェクトが終わる前に次の仕事を取りに行く、競争相手が多いため競合企業と常に価格競争する必要がある、仕事を取りに行くため新しい技術のアップデートもしなければいけません。

そして、利益を上げられないと当然ながら倒産することになります。

SIer系まとめ

3系統の中で一番給料が安いのは、競争が激しい独立系SIerです。

親会社の経営が不安定になったら行き場を無くしてしまうのがメーカー系、ユーザー系ですが、それでも経営が安定していることで収入も多く、得られるメリットはたくさんあります。

理想を言うと、年齢が若いうちは独立系SIerでスキルを付けて、30代以降は身につけたスキルを生かせるメーカー系、ユーザー系に転職できるのが一番良いのではないでしょうか。

自分は10年間独立系SIerで仕事をしていました。独立系は自由度が高いと言われますが、それでも主要取引先は1社か2社に限られます。経営状態は主要取引先に大きく依存するので、自由度が高いと言ってもできることは限られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です