SESから社内開発で働く2つの方法|こうして私は客先常駐を脱出した

SES(客先常駐)を辞めて社内開発で働くのは難しくありません。しかしながら、実際には多くの人がSES以外の方法で働く事が難しいと思っています。

その理由を聞いてみると、

  1. 客先常駐が大半を占めるから、社内開発できるのは限られた人材だけだ」
  2. 「常駐先で簡単な雑用業務の経験しかないから、転職市場で評価されない」
  3. 「転職したところで、また同じような常駐先に出向させられるだけだ」

このように考える人たちの気持ちは痛いほど理解できます。なぜならば、私自身も客先常駐に不満を持ちながら、3年間も行動に移すことができなかったからです。

しかしながら、実際に転職して思ったことは、客先常駐は意外と簡単に辞められることです。

業務で開発スキルがない状態で転職しましたが、それでも社内開発できる企業に入社できました。入社後は3ヶ月のプログラミング研修があり、開発案件で経験を積み海外勤務や海外出張も経験させて貰います。

私が転職した当時は有効求人倍率が1倍を切るほど仕事がないときでした。現在IT業界はかつてないほど深刻な人材不足に陥っているため、以前よりも楽に客先常駐から抜け出すことができますね。

ここでは、客先常駐を辞めたいと思っている人に、社内開発で働く方法を2つ紹介します。

SESを辞めて社内開発で働きたい人向け
  1. 客先常駐から脱出する方法2つ
  2. 客先常駐から脱出するのは難しくない理由
  3. 客先常駐から脱出し、年収が220万円増えた話

▼▼客先常駐からの転職に強い大手3社▼▼

  1. 年収を100万円以上アップできるレバテックキャリア
  2. 客先常駐からの脱出を目的にした社内SE転職ナビ
  3. 第二新卒者、20代に強いマイナビエージェント×IT

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去にマイナビを利用して、客先常駐のブラックから脱出できたからです。転職後は、海外に開発拠点があり社内開発できる企業に転職できました。社内SE転職ナビ」は、求人数が少ないのが難点ですが、確実に客先常駐から脱出できます。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

社内開発できるIT企業へ転職する方法

客先常駐を辞めて社内開発で働くのは、実はそれほど難しくありません。

なぜならば、私自身も開発経験がない状態で転職活動を行い、社内開発できる企業へ転職できたからです。当時は有効求人倍率が1倍を切り、今ほどエンジニアの売り手市場ではないときです。

未経験でこの業界に入ると客先常駐を避けるのは難しいですが、2社目以降であれば就職先は自分の選択次第ですよ。

社内開発へ転職するには、次の2つの方法があります。

社内開発へ転職する方法
  1. 短期間で開発スキルを習得してから転職する
  2. 社内開発だけしている企業に応募する

方法1:短期間で開発スキルを習得して転職する

常駐先で都合の良いように使われる理由は、未経験でこの業界に入社し開発スキルを積む機会がないからです。開発スキルがある人材は、貴重なので下働きさせられることはありません。

開発スキルがある人材
  1. システム運用保守、環境構築など単価が安い仕事にアサインされない
  2. いつでも転職できるので、望まない仕事で働く必要がない
  3. 常駐先で働いても、クライアントに近い上流工程を任される

私たちSEは、いずれは開発経験を積めるだろうと期待して働きますが、客先常駐の仕組み上そんな日は訪れないですね。上司や営業担当者は過去の職歴をみて次の常駐先を探すからです。

客先常駐から脱出したいのであれば、自分で開発スキルを習得することを第一に考える必要があります。

独学が難しい人は、経験者向けにプログラミングを教えているポテパンキャンプがお勧めです。スクール経由で転職すると、レッスン受講後に自社開発できる企業に入社できます。

ポテパンキャンプの特徴
  1. オンライン制なので、仕事が忙しい社会人でも利用できる
  2. 受講生はRubyを習得し、3ヶ月でオリジナルのECサイトを製作できる
  3. ECサイトのURLを履歴書に貼り付けて、優良企業にスキルをアピールできる
  4. 転職サポートも無料で受けられ、受講後は自社開発している企業へ転職できる
  5. ポテパン経由の転職は、年収400〜500万円を想定している
  6. 受講料は3ヶ月で10万円と格安な上に、転職に成功すると全額返金される

参考:開発スキルを習得し、4ヶ月で客先常駐から脱出する方法

ただし、この方法は学習時間を確保できる人が前提条件です。

仕事が忙しくて勉強する時間がない人は、すぐにでも転職活動を始めましょう。開発スキルがある方が転職に有利ですが、ないからといって社内開発に転職できないわけではありません。

方法2:社内開発だけしている企業に応募する

私たちSEが客先常駐に騙される最大の理由は、大半のIT企業が社内開発も客先常駐もしているからです。社内開発ができると期待して入社したら、客先に回されたという人はこの業界にたくさんいますよね。

この問題を確実に避けるためには、社内開発しているIT企業にだけ応募することです。そのために、社内SEや社内開発を専門に扱う「社内SE転職ナビ」という転職エージェントがお勧めですよ。

実際に自分でも利用してみたところ、紹介してくれた案件の15社全てが社内開発できる企業でした。具体的には次の案件になります。

  • 例1:インフラサービスを展開している企業の社内開発「400〜700万円」
  • 例2:自社パッケージを販売している企業「550〜900万円」
  • 例3:アプリを自社開発している企業「350〜700万円」
  • 例4:小売業の社内SE「550〜1000万円」

実体験:客先常駐から確実に逃げるための転職、社内案件を15社中15社紹介してくれた

私たちSEは、無料のプログラミングスクールの転職支援を利用したり、社内開発専門のエージェントを利用することで、簡単に客先常駐を辞めることができます。

このような便利なサービスを利用できる理由は、現在IT企業は深刻な人材不足に陥っているからです。そのため、エンジニアに有利なサービスが次々に誕生しています。

▼▼客先常駐を辞める事で得られるメリット▼▼

現在、客先常駐で働いている人は、社内開発できる企業に転職することを第一に考えましょう。社内開発できる企業に転職する事で、長時間労働と低賃金の問題を同時に解決できます

私は、客先常駐から脱出した事で次のメリットがありました。

社内開発に転職して得られるメリット
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(残業は4〜6→1時間未満
  3. 睡眠時間が十分に確保でき、仕事のパフォーマンスが向上する
  4. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できる(+50〜100万円で掲示
  5. 海外に開発拠点があり、「海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  6. 開発スキル、設計、マネージメントの経験が積める
  7. 時間に余裕ができ、副業で月に10万円稼げる

客先常駐を簡単に避けられる3つの理由

10年前は企業がSEを選ぶ立場でしたよね。

しかしながら売り手市場の現在では、私たちSEが企業を選ぶ立場にいます。そのため、客先常駐を辞めて社内開発に転職するのも難しくありません。

ではエンジニアがどれだけ足りていないか、その具体的な数値をみていきましょう。

その1:2030年に59万人のSEが不足する

参考:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

経済産業省が調査した内容によると、IT産業は年率「5%」で成長を続けています。しかし、IT産業を支えるエンジニアは17万人が不足、2020年には30万人、2030年には59万人が不足すると言います。

2019年をピークにエンジニアの供給数は、緩やかに減少を始めます。日本は少子高齢化という構造的な問題を抱えているので、この流れを止めることはできないですね。

では、企業と労働者の需給関係を示す有効求人倍率もみてみましょう。

その2:有効求人倍率は5年で3倍になった

2009年 2014年
求人者数 7797人 16172人
求職者数 9442人 4975人
求人倍率 0.83倍 3.25倍

参考:労働市場分析レポート

世界的な金融危機が発生した翌年の2009年と比較すると、2014年の有効求人倍率は「0.83倍」から「3.25倍」まで急上昇しているのがわかります。

求人者数(需要)は2倍に増えたのに対して、求職者数(供給)は半分以下ですね。

このデータは2014年と古いものですが、2018年にDODAが公表した転職求人倍率を見ると「6.15倍」です。業界平均は「2.36倍」しかないので、いかにエンジニアの需要が高いかがわかりますよね。

応募者1人に対して、求人数が6件以上ある状態です。

参考:転職求人倍率レポート(2018年4月)

これだけエンジニアの数が足りていないと、企業はかなり深刻な状態だと言えますね。

プロジェクトの人材を確保するために、より好条件で求人を出す必要があります。派遣など短期雇用の給与を見れば、エンジニアの需要の高さを具体的に知ることができます。

その3:派遣SEで月給55万円を目指せる

派遣人材会社のサイトを見ていると、高時給の案件がズラリと並びます。

  1. 業界未経験のテスターでも、時給1800円(月給28万円、年収336万円
  2. 3年程度の経験があれば、時給2500円(月給40万円、年収480万円
  3. 開発スキルがある人材なら、時給3000円(月給48万円、年収576万円

これで残業なし、残業しても全額支給されるのでホワイト以上に高水準ですね。派遣は急募の案件も多いので、条件にマッチする求人があれば、翌月から働くことも可能です。

SEは専門職なので特に時給が高騰していますが、このような現象はパートやアルバイトなどの単純労働でも現れています。下の図は、東京、関西、東海の平均時給の推移です。

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

都内のコンビニアルバイトでさえ、時給1300円で募集するほど労働者不足は深刻な問題になっています。東京や地方都市では、外国人留学生が日本人の代わりにコンビニなどの単純労働をしてくれていますね。

客先常駐から脱出した私の体験談

ここからは、客先常駐(SES)を脱出した私の体験談について紹介します。

私自身も客先常駐で3年間働き、IT業界のブラックを2社経験し、ようやくSESから脱出することができました。客先常駐を辞めて誰もが思うことですが、1度でも社内開発で働くともう2度と常駐先では働きたくないですよね。

転職活動を開始した理由は激務だったから

IT企業に初めて入社したときから、客先常駐に対して嫌悪感を持っていました。けれでも、2年以上も転職活動に踏み切ることができませんでした。

なぜならば、転職に対する不安の方が大きく、自分に自信が持てなかったからですね。

  • 「自分のスキルでは、また同じようなブラックに入社する可能性が高い…」
  • 「客先常駐に不満があるけど、特にやりたいことがあるわけではない…」
  • 「企業に応募しても、書類選考で落とされるに決まっている…」
  • 「面接で会社を休むために、何て理由を言えばいいのだろう…」

それでも、ある職場に配属され、追い込まれるように転職活動を始めました。

常駐先はあまりにも激務で、朝の7時に家を出て帰宅できるのは日付が変わってからという生活を送るようになったからです。通勤時間を含めると15時間以上会社に拘束され、残業代は支給されず支払われる給与は18万円だけでした。

睡眠時間は5時間を割り込むようになり、日中は意識が朦朧としていました。

2ヶ月で社内開発できる企業から内定を獲得した

このままだと精神的にも肉体的にも身体が持たないと思い、転職活動を始めます。

転職活動に使える時間は限られているので、キャリアコンサルタントに率直に現在の状況を説明し、応募する企業を絞ることを徹底しました。常駐先では有給を取るのが難しいため、事前に次のようにお願いしました。

  1. 平日は転職活動に費やすのは難しいので、週末に集中して行うこと
  2. 有給や午前休で休むときは、複数社の面接を入れること
  3. 1次面接はスカイプや電話で対応してくれる企業を優先すること

転職活動は長期戦になると思っていたが、予想外に早く終えることができました。応募する企業を絞ったおかげで、2ヶ月で希望する社内開発の企業から内定を得られます。

応募した企業は10社にも満たず、有給で会社を休んだのは最終面接に参加するための2回だけです。スカイプや電話面談を取り入れたことで、遅刻や早退だけで乗り切ることができました。

転職先の企業は、海外に開発拠点を持つ企業だったので、入社後に海外勤務や海外出張まで経験させて貰いました。

転職後に4年で年収が500万円を超える

転職後に実現できたこと
  1. 給料が右肩上がりで増えた(300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

入社当社は周囲のレベルについていけるか不安でしたが、3ヶ月の研修期間を用意してくれました。研修後に配属されるプロジェクトは全て開発案件だったので、順調にスキルを積むこともできました。

社内開発できる企業に入社して1番の大きな変化は、定時に帰宅でき睡眠時間を十分に確保できたことです。

1日の時間で最も無駄だと感じていた通勤(片道1時間→15分)と、残業(1日4〜6時間)を辞めました。前日に十分な睡眠を取ると、社会に出た頃のように働く意欲が湧き、パフォーマンスは劇的に変わります。

朝1番に出社し、午前中で重要な仕事を終わらせました。その結果、仕事内容が評価され順調に収入も増えていきます。客先常駐と違い、労働時間でななく作業内容が評価されるため、仕事の質が上がれば給料に反映されます。

開発スキルがないことが原因で、転職に躊躇している人に伝えたいことがあります。

  1. 客先常駐以外の働き方は、私たちエンジニアが思っている以上にたくさんある
  2. 開発経験がなくても、社内開発できる企業に転職することは可能である
  3. どれだけ仕事が忙しくても、転職活動と両立することは可能である
  4. 社内開発できる企業に応募を絞った方が、短期間で就職活動を終わらせられる
  5. 社内開発に転職すると、開発経験が積めるので確実に年収は増える

▼▼客先常駐を続ける事のデメリット▼▼

客先常駐を続ける事は、私たちSEにとってデメリットしかありません。私の新人時代の元同僚は、新卒から8年間が経ち今現在も客先常駐のブラックで働き続けています。

次の事は、現実に今も彼女の身に起きている事です。

客先常駐で働き続けるデメリット
  1. 昇給がなく8年間働いても、年収が30万円(300→330万円)しか増えない
  2. 2008年の金融危機以降、賞与が支給されない(されても月5万円程度
  3. 開発や上流工程の経験が積めず、年齢を重ねるごとに市場価値は下がる
  4. 炎上案件に投入されると、労働時間が増え時給1000円以下で働く
  5. 偽装請負や多重派遣など違法行為のため、法律が変われば職を失う
  6. 35歳を過ぎると、受け入れ先がなくなり失業する
  7. 30歳手前から次の常駐先が見つからず、社内待機や自宅待機が増える
  8. 自宅待機は合法で、月の給与を40%カットさせられる
  9. 自宅待機から2ヶ月、次の常駐先が決まらなければリストラに合う

私たちに与えられた人生は1度しかありません。手遅れになる前に、勇気を持って行動する事を心から願います。私の人生は客先常駐から脱出した事で180度変わりました。

参考:失敗しない転職先の選び方|常駐辞めて年収アップ(300→520万円)

まとめ:SESから社内開発で働く2つの方法

客先常駐(SES)を辞めて、社内開発できる企業へ転職するのは難しくありません。

なぜならば、IT業界は過去30年の中で最も景気が良く、エンジニアが希望する職業に就きやすい時期だからですね。

  • 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  • 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  • 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

社内開発できる企業に転職するためには、次の2つの方法があります。

社内開発に転職する方法
  1. 短期間で開発スキルを習得し、スクール経由で自社開発の企業に転職する
  2. 社内SE専門のエージェントを利用し、社内開発だけの企業に応募する

社内開発できる企業に転職すると、労働時間を減らしたり、給与を大幅に改善することができますね。また、開発スキルを積むことができるので、将来転職先に困ることもなくなります。

すぐに転職活動を始めた方が良い理由

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですね(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

そのため、書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかしながら、この状況がずっと続くわけではありません。

IT企業は外国人SEを大量に採用し、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。また、前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もありますね(不景気のサイクルは7〜8年周期)。

アメリカのダウ平均は、2008年の金融危機直前に14,000ドルの過去最高値を付けました。一時8,000ドルまで暴落した株価は急回復を続け、現在は24,000ドルまで暴騰してますトランプ政権の混乱や中国との緊張で、いつバブルが弾けてもおかしなくないと言われていますね。

再び、2009年のような深刻な不況に陥ると、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込みます。落ちるときは、徐々に落ち込むのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。

そうなると、ブラック企業から脱出したくても、現職にしがみ付くしか道はなくなります。2008年の金融危機の時には、次のことが実際に起きました。

  1. 出向先の社員の過半数が、契約を残した状態で打ち切られる
  2. 契約を切られた社員の半数が、辞職やリストラに追いやられる
  3. クライアント先のフロアの3分の1が空席になる
  4. 大手企業は、開発拠点を人件費が安い海外に移し、日本人は品質管理しかできない
  5. 開発案件は中止になり、運用保守やドキュメント整理に回される
  6. 社内に戻っても仕事はなく、データ入力などバイトしかない
  7. 客先常駐の9割は、賞与の減額、もしくは支給が止まる
  8. 求人倍率が1倍を切り、転職サイトに登録しても紹介できる案件はないと言われる
  9. 30歳で職を失う人が増え、介護や飲食店など肉体労働に流れる

このような状態になってから、客先常駐を脱出しようとしても手遅れですね。

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早く普通のl企業に就職して開発やマネジメント経験を積みましょう。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はなくなります。

2018年度(2019年3月末まで)中に、内定を獲得できるように計画しましょう。今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、早めに行動しないと応募者が増えます。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます

入力項目は7項目だけなので、通勤中にスマホからでも簡単に登録できます。

面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる(当日か翌日)
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める
  6. 2〜3ヶ月で内定を獲得し、就職先の企業と相談して入社日を決める

まずは、現在のスキルで社内開発できる案件を紹介してくれるか、だけでも相談してみましょう。社内転職ナビは、将来のキャリアを気軽に相談できる「カジュアル相談」があるので、軽い気持ちで相談できます。

面談は登録した当日や土日でも可能、電話やスカイプでも対応しているので、お昼のランチ休憩からでも相談できます。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です