客先常駐からホワイト企業に転職したい|8割のSEはブラックで働く

私はIT業界で10年のキャリアがありますが、次の質問を受けることが多いです。

  • 「高い開発スキルがなくても、ホワイト企業に転職できますか?」
  • 「ホワイト企業に確実に入社する方法はありますか?」
  • 「客先常駐している企業の中で、ホワイト企業はありますか?」

多くの人がホワイトというと、平均よりも給与が高く毎日定時で帰宅でき、定年まで安心して働ける企業のことを指していますよね。

しかしながら現実的な話をすると、そのような企業はIT業界や日本に限らず、どこの国でも限られています。日本経済がバブルだった頃は一時的に多かったかもしれないが、いまでは競争倍率も高く狭き門ですよね。

大半の職場は、給料が安いけれど定時に帰宅できる、もしくは給料が高いけれど毎日遅くまで働く会社です。ブラックになると、給料が安いにも関わらず毎日遅くまで働かされる職場ですね。(ホワイトで働きたいという人の多くは、ブラックを避けたいだけ

何が言いたいのかというと、ホワイト企業を目指すのであれば自分なりの判断基準を持つことが大切です。どのような働き方ならばストレスが掛からないのか、私たちは考える必要があります。

「ホワイト企業で働きたい」「ブラック企業で働きたくない」と語る人は多いですが、明確な基準を持っていない人ほど、労働環境が悪い職場で働いていますね。

ホワイト企業で働きたい人向け
  1. IT業界のホワイト企業の定義とは?
  2. 客先常駐ではホワイト企業は100%存在しない
  3. ホワイト企業に転職するために必要なこと

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

IT業界のホワイト企業とは?

その1:ホワイト企業の定義を明確にする

IT業界でホワイトを目指すのであれば、自分なりのホワイトの基準を明確にする必要があります。

ブラック企業を避ける上でも大事なことですが、私たちが仕事を辛いと感じたり、満足を得られるかは人によって基準が大きく異なるからです。

心から楽しい仕事であれば、時間に縛られずに思い切り働きたい人もいますよね。そんな人に対して、「あなたの会社はブラックです」と価値観を押し付けることは無意味です。

私はホワイト企業を次のように定義しています。

ホワイト企業の定義
  1. 残業時間が少ないこと(月0〜40時間前後
  2. 残業代がなくても給与水準が高いこと(30歳で年収が500万円以上
  3. 会社の業績に合わせて、給与が社員に還元される事
  4. 転職市場で評価される業務経験が積めること
  5. 職場の有給消化率が高く、取りやすい環境であること

以上の条件を満たす企業であれば、満足しているので転職する必要はありません。別の人から見たらブラックでも、私にとってはホワイトです。

その2:客先常駐ではホワイトは100%存在しない

客先常駐をしている企業で、ホワイトはありますか?」と質問されることがあります。

この問いに回答すると、客先常駐している企業でホワイトと呼べるような労働環境の会社はありません。なぜならば、労働時間が長いにも関わらず、給料が安いからです。やりがいを持てるような仕事内容ではなく、誰にでもできる仕事ですね。

社員を外部に常駐させる企業でホワイトを探すよりも、社内開発している企業を目指した方が早いですよね。

私は、客先常駐を社内開発をこのようにカテゴリーしています。

  1. ブラック企業:客先常駐だけをしている企業
  2. 準ブラック企業:客先常駐もしているが、社内開発もしている企業
  3. ホワイト企業:社内開発、受託開発をメインでしている企業

▼▼短期間で確実に稼ぎたいなら派遣SEが狙い目▼▼

公式サイト:月55万円稼げるテストエンジニア派遣!【ソフトウェアジョブズ】

短期間で月給を大きく増やしたいなら、派遣SEがお勧めです。現在IT業界は深刻な人材不足を理由に、短期契約の時給が高騰しているからです。

派遣SEが得られる給料
  1. 業界未経験のテスターでも、時給1800円(月給28万円、年収336万円
  2. 3年程度の経験があれば、時給2500円(月給40万円、年収480万円
  3. 開発スキルがある人材なら、時給3000円(月給48万円、年収576万円
  4. リーダー経験がある人材なら、時給3500円(月給56万円、年収672万円

短期間で月給を大きく増やしたいなら、派遣SEがお勧めです。現在IT業界は深刻な人材不足を理由に、短期契約の時給が高騰しているからです。

派遣は万人向けではないが、定時に帰宅でき自由にプロジェクトを選択する自由があります。客先常駐で業務経験が3年、月給22万円のSEならば、月に40万円稼ぐことも難しくありません。

参考:客先常駐と派遣の違い|月の収入が18万円も変わる意外な事実とは

ホワイト企業に転職するために必要なこと

その1:ホワイト企業の定義を明確にする

ホワイト企業を目指すのであれば、定義を明確にする必要がありますね。

労働条件が良い企業に転職したいと考えている人は大勢います。しかし、「具体的にどれくらい労働条件が良い企業に入社したいのか?」と質問すると、答えはかえって来ないですよね。

まずは、ホワイト企業の基準を明確にし、転職のゴールを正しく設定しましょう。

その2:転職する目的に優先順位をつける

全ての条件を完璧に満たす転職は現実的に不可能です。転職を成功させるために、私たちは優先順位をつける必要があります。

30歳で年収は600万円以上、毎日定時で帰宅できて社内開発ができること。理想を目指すのは悪いことではないが、無理に目指すと目的が曖昧になり、最終的には現職と似たような企業を選択します。

優先順位とは具体的には次のようなことですね。

  • 労働時間が増えても、開発経験が積める職場を優先するのか?
  • 仕事のやりがいよりも、ワークライフバランスを優先するのか?
  • 自社開発できる企業を目指すなら、語学を活かせなくてもいいか?
  • 競争が激しいWEB系よりも、安定して定年まで働ける社内SEを目指すのか?
  • 煩わしい人間関係よりも、ドライな職場で仕事内容を重視するのか?

私たちが何かを選択するということは、同時に何かを切り捨てることでもあります。

まずは何を優先して実現したいのか、自分なりの答えを探す必要があります。ホワイト企業の定義が人それぞれ異なるように、優先順位もそれぞれ異なります。

その3:客先常駐していない企業を選択する

IT業界でブラックとは、客先常駐(人売りビジネス)している企業のことを指します。逆説的ですが、客先常駐を避ければ、かなり高い確率でホワイトに転職できます。

客先常駐を避けることで、長時間労働と低賃金、開発スキルが積めない問題を同時に解消できます。

開発スキルがないと、社内開発できる企業に転職するのは難しいと考える人は多いですが、実際にはそれほど難しいことではありません。

なぜならば、私が社内開発できる企業に転職したときは、業務で開発経験が1度もない時だったからです。現在はエンジニアの売り手市場なので、より楽に客先常駐を避けることができます。

社内開発の選択肢
  1. 「WEB系」:ユーザー向けにシステムやサービスを開発する
  2. 「受託開発」:SIer系のシステム開発を受託し社内開発する企業
  3. 「企業向け自社製品開発」:企業向けに製品やパッケージを販売する企業
  4. 「異業種の社内SE」:製造業や流通業、医療系や銀行系などの社内SE

参考:自社開発に転職したい|WEB系、社内SE、受託開発の違いとメリット

▼▼客先常駐を辞める事で得られるメリット▼▼

社内開発に転職して得られたこと
  1. 給料が毎年右肩上がりで増えた(4年後に300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

参考:失敗しない転職先の選び方|常駐辞めて年収アップ(300→520万円)

客先常駐から確実に脱出するために、最も重要なのは「転職先の選び方」です。

社内開発している企業へ転職する事が1番の目的なら、社内開発を専門に扱う「社内SE転職ナビ」がお勧めです。紹介してくれた案件の15社が全て社内開発でした。ただし、知名度が低く扱う案件が少ないのが大きな難点です。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

  1. 評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?
  2. 体験談:【社内SE転職ナビ】都内の客先常駐から直請けの受託開発へ

まとめ:客先常駐からホワイト企業に転職したい

ホワイト企業へ入社するために
  1. ホワイト企業の定義を明確にする
  2. 転職する目的に優先順位をつける
  3. 客先常駐していない企業に転職する

現実的な話をすると、IT業界に限らず給料が高く毎日定時に帰宅できる職場はかなり限られています。

世の中の大半は、給料が安いけれど定時に帰宅できる、給料が高いけれど毎日遅くまで働く企業が中心ですね。給料が安いにも関わらず毎日遅くまで働かされる企業がブラックです。

まずは、私たち自身が企業に何を望むのか明確にすることから始めましょう。

「ホワイト企業で働きたい」「ブラック企業で働きたくない」と語る人ほど、明確な基準を持っていないため、結果的に労働環境が悪い企業で働きますよね。

意外かと思うが、毎日定時に帰宅できて高い給料を望むならば、派遣エンジニアとして働くことが1番の近道です。万人向けする働き方ではないが、確実に目標を達成できます。

参考:客先常駐と派遣の違い|月の収入が18万円も変わる意外な事実とは

すぐに転職活動を始めた方が良い理由

近い将来転職を考えているならば、1日も早く客先常駐から脱出することをお勧めします。

なぜかというと、現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですが、この状態がずっと続くわけではないからです。

DODAが公表した「転職求人倍率レポート(2018年4月)」によると、業界全体の求人倍率が「2.36倍」、IT・通信は最も高く「6.15倍」と全業種と比較してダントツで高いことがわかりますね。

ただし、この状況がいつまで続くかは誰にもわかりません。

IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。また、日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めていますね。

また、世界経済をみると8年に1度は金融危機が発生しています。不況に陥ると有効求人倍率は1倍以下まで落ち込む可能性もありますよね。

倍率が1倍を割り込むと、ひとつの求人を複数の応募者で奪い合うので、書類選考ですら通過するのが難しくなります。

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、次の不景気がくる前に転職活動を確実に終わらせておく必要がある、と考えなくてはいけません。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって必要な準備は何もありません。

まずは転職サイトに登録しキャリアコンサルタントと面談した後に、本当に転職するかどうか検討します。履歴書や職務経歴書の作成、企業研究や応募など面倒な手続きは、全て転職する意思を固めてからの話です。

キャリアコンサルタントと面談した結果、自分に足りないスキルを再認識し、今の職場で頑張ろうと考える人もたくさんいます。

「社内SE転職ナビ」は、30分で将来のキャリアを気軽に相談できる「カジュアル相談」があります。

面談は登録した当日や土日でも可能、仕事が忙しい人のためにも電話やスカイプで対応しています。お昼のランチ休憩からでも面談はできるので、仕事が忙しいというのは良い訳にできないですね。

入力項目は7項目だけなので、通勤中にスマホからでも簡単に登録できます。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です