SEの職務経歴書の書き方|採用担当者が知りたいのは3つだけ

あなたは、転職で必要な書類を揃えるときに

採用担当者に好まれる職務経歴書は、どのようなものかイメージできていますか?

なぜ、このような質問をするのかというと、

現場の開発担当者として、上司と一緒に採用面接の場に立たせてもらいうのですが

  1. 要点が掴めず、何が言いたいのか分からない経歴書
  2. 担当者が知りたい内容をすぐに得られる経歴書

この2つの経歴書があるからです。そして、8割以上は前者の「読みにくい経歴書」が占めるからです。

職務経歴書は、これまで自分が経験してきた職務内容や所属していた会社についてまとめた書類だ、と考えているのであれば、その考えは改めてください。

読み手が何を知りたいか、頭を使って考える習慣を持ちましょう。

職務経歴書を読む側の人間からすると、過去の経歴をただ機械的に並べられたものほど、読みづらいものはありません。失礼かもしれないですが、経歴書を上から順にじっくりと読むほど、採用担当者も暇ではないですよ。

では、

「読みたくない経歴書とは、具体的にどういうものでしょうか?」

  • 「過去の経歴がズラリと並ぶだけで、何がいいたいのか要点が伝わらない
  • 募集要項のスキルを満たしているのかわからない」
  • 「応募者が過去の経験を踏まえて、今後どのような道に進みたいのか想像できない」
  • 「どんな熱意を持って、プロジェクトに打ち込んできたのか想像できない」

採用面接の場で、

過去の職務経歴の要点を、簡単に説明してもらえますか?

と聞かれる人は、提出した書類から上記の知りたい答えを得ることができなかったからです。

採用担当者が知りたいのは、あなたのスキルだけではありません。企業が求めるスキルと過去の経歴が一致する人は極々稀です。企業は、スキルではなくあなたの人物像や熱意を知りたいと思っています。

技術面に関しては、社内教育することでいくらでも変えることができますよね。

ここでは、次の知識を得ることができます。

  1. 基本的な職務経歴書の書き方や記載内容!
  2. 採用担当者が、職務経歴書から本当に知りたい3つの内容!
  3. 開発スキルが足りていなくても、面接に進むことはできる!

 

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

>>>大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

>>>顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

>>>IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

個人的な1番のオススメは「レバテックキャリア」です。転職サイトの中で唯一エージェントが技術を理解しているからです。(年収200万円アップする人も多数

「社内SE転職ナビ」は社内SE専門なので、社内開発で働きたい人におすすめです。ただし、案件数も少なく地名度も低いのでマイナーです。

「マイナビ」は大手転職サイトなので求人数がめちゃくちゃ多いのが特徴です(上の2社の10倍以上)。 マイナビを利用して海外勤務を実現できたので、大手の中では1番オススメです。

基本的な職務経歴書のサンプル、必要な記載内容とは?

職務経歴書のサンプルは、ネット上にたくさんありますね。

JAC Recuitmentの経歴書が使いやすいので、ネットからサンプルをダウンロードしこれを使いましょう。経歴書は1度作成すると、以降は使い回すことができるので大変なのは最初の一回だけですね。

サンプル:レジュメの書き方マニュアル

職務経歴書で記載しなければならないこと

職務経歴書に記載しなければならない事項は、はっきりと定義されているわけではありません。

一般的には、次のことを記載します。

  1. 在籍した企業の概要
  2. プロジェクトの開発期間、担当業務、開発環境、組織や役割
  3. 保有する資格
  4. 過去に保有したスキルのまとめ
  5. 得意な分野
  6. 自己PRや志望動機

まずは、サンプルに示されている通り、必要な項目をとりあえず埋めていきましょう。3年程度の業務経験であれば、2時間もあれば書き終えることができます。

そのあとに、悪い職務経歴書の書き方や採用担当者に好まれる書き方について学んでいきましょう。

悪い職務経歴書の特徴とは?

職務経歴書を一通り書き終えることはできましたか?

では、まずは悪い経歴書の書き方から考えることにします。

職務経歴書が良し悪しは、あなたが採用する側の視点でみると容易に判断することができますね。

採用担当者は、たくさんいる応募者の中から、面接に進む人材を絞り込む必要があります。担当者も暇ではないので、できるだけ短い時間で振り分けたいと思っています。

できるだけ多くの人材に会いたいですが、1人あたりの面接は40分前後、貴重な時間を無駄にするわけにはいきません。

このように目的から逆算すると、担当者が好まない悪い経歴書はある程度想像できますね。

  1. 担当者が知りたい内容を、すぐに見つけ出すのが難しい
  2. 過去の経歴が、ただ機械的に並べられているだけ
  3. 経歴書から、あなたが伝えたい内容や人物像が伝わってこない

以上を踏まえた上で、

どういう書き方をしたら、採用担当者に好まれるか考える必要があります。

採用担当者が経歴書から知りたい内容は3つだけ!

私は開発現場の担当として、上司と一緒に採用面接に参加することがあります。そのために、面接の前に応募者の職務経歴書を見る機会も多いです。

あなたもそうだと思いますが、

ネットの記事や設計書など、一言一句内容を読む人なんていないですよね。

サッと目を通す中で知りたい内容だけに焦点を絞り、私たちは流し読みをします。職務経歴書も同じで、記載してるプロジェクトの経歴をひとつひとつ読む人はいません。

採用担当者は、仕事だからという理由で、上から順番に全て読んでくれるわけではないですよ。

採用担当者である上司の話を聞いていると、知りたい内容は次の3つしかありません。

  1. 過去の経歴から、募集要項のスキルを満たしているか知りたい!
  2. 過去に取り組んだプロジェクトから、どんな課題を解決してきたのか知りたい!
  3. 将来的にどのようなSEを目指しているのか知りたい!

ポイント1:募集要項のスキルを満たしているか

まず、最初に知りたいのは応募者が保有するスキルは、今回の募集要項を満たしているのかどうかです。

WEB開発のエンジニアを募集するのであれば、WEBに関連するプロジェクトは何年経験したのかまず確認します。そのため、保有するスキルはなるべく簡潔に書くようにしましょう。

次の項目は、経歴書の冒頭に持って来てもいいくらい重要です。

【活かせる経験・知識・技術】

  • ソフトウェア/アプリケーション開発(ASP.NET/JAVA/C# – 6年)
  • iOSとアンドロイドでのスマートフォンアプリケーション開発(Objective-C/JAVA – 2年)
  • 海外の開発拠点を利用したオフィシュア開発(5年) 

保有するスキルを確認した後に、採用担当者は該当するプロジェクトの詳細を見ます。

関係ないプロジェクトは見ないことの方が多い。

ちなみにですが、ここで知りたいのは実務経験です。資格に関しては重要視する採用担当者はまずいないと考えても大丈夫ですよ。

参考:SEの転職活動で資格の重要度は|実務経験が大事だからいらないって本当?

ポイント2:どんな課題に取り組んできたのか

プロジェクトの内容を記載する欄には、開発環境やプログラミング言語、プロジェクトの概要を記載します。

ここにツラツラと客観的な事実だけを書く人もいますが、これも好ましくありません。なぜならば、採用担当者が知りたいのは、プロジェクトの概要だけではないからです。

あなたが、プロジェクト内でどのような役割で課題に取り組み、そしてどのようにしてその課題を解決したのかが知りたいと思っています。プロジェクトが順調に進むことはないので、ひとつひとつのプロジェクトにストーリーが存在しますよね。

そして、ストーリーがないと人物像がわからないですよね。

なので、プロジェクト内容には、必ずプロジェクトの課題や苦労した事も書き込みましょう。もちろん、ダラダラと書くのではなく要点を絞って書きます。詳しい内容を紹介するのは、面接の場で直接伝えることになります。

ポイント3:将来なりたいSE像は何か

他に担当者が知りたい内容は、応募者の将来目標とする方向性やSE像です。

現実問題、自社が求める募集要項と応募者のスキルが一致することは、極々稀です。そのため、最終的に面接で会うか判断するのは、応募者が目指しているSE像だったりします。

自己PRや志望動機を記載する際には、これから習得したいスキルや、方向性など具体的に記載するようにしましょう。

海外に開発拠点を持つ企業であれば、語学を習得しバイリンガルSEを目指していること、WEBサービスを開発する企業に転職したいのであれば、WEB関連のスキルを習得していることです。

大事なことなので何度も言いますが、

企業が求めるスキルに一致する人は極々少数です。応募者のスキルと企業が求めるスキルが一致するのが理想ですが、その可能性は低いです。それでも、企業は決まった人数を採用しないといけないので、他の要素を判断して採用面接へと進みます。

現時点でスキルが足りていなくても、あなたの進みたい方向性に企業が共感できたら、書類選考に通過し次のステップに進むことができます。

その時に、注視されるのは自己PRや志望動機などの人物像です。

開発スキルがなくても面接に進むことはできる

職務経歴書を記載していると、自分に自信を無くす人は多いですよね。

客先常駐の経験が長いと、雑用ばかりでまともに開発スキルを記載することができません。経歴書を採用担当者も業界経験者なので、どれだけ繕って書いたところで限界があります。

職務経歴書に自信が持てない人に言いたいですが、

開発経験が浅くても書類選考を通過し、面接に進むことは十分に可能です。

なぜならば、IT業界は現在人材不足の影響で、スキルがある人材を確保したくてもできない状態だからです。企業は現実的に経験が浅い人材も採用して、自社で育てる必要があります。

転職有効求人倍率は6倍を超えるほど、IT技術者は足りていません。

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|こんなに簡単に年収アップが実現できる?

私自身も客先常駐で開発経験が1度もない状況でしたが、それでも海外に開発拠点を持ち、自社開発している企業に転職することができました。

なぜかというと、スキルがないことが弱点だとわかっていたので、別の部分で埋めようと努力したからですね。

スキルが足りていない人材こそ、自己PRや志望動機に力を入れるべきですよ。企業はあらかじめ決まった採用人数を確保する必要があるので、条件に一致する人だけを採用できるわけではありません。むしろ、条件を満たさない人材を採用することの方がはるかに多いです。

参考:

【例文あり】SE転職の自己PRの書き方|面接官に好まれる5つのポイント

【例文あり】SE転職の志望動機の書き方|未完成のまま面接していないですか?

職務経歴書を見やすくするためのポイント

他にも、経歴書を書く際に注意点があります。

経歴書はあなたをプレゼンするための資料でもあります。経歴書というと、過去の経歴を全て書かないといけないと考えガチですが、重要ではないプロジェクトは省きましょう。

客先常駐だと似たようなプロジェクトで常駐先を転々としますよね。

あまり参考にならないプロジェクトを細かく書いたところで、経歴書が見にくくなるだけです。似たようなプロジェクトが2つ続くと、それだけで読む気をなくしますよね。なので、似たプロジェクトはひとつにまとめましょう。

Linux環境でshell(コマンド)を使い自動ツールを作成、手順書や評価項目を作成、通信系で信号の解析やアラートの監視、それから運用保守でドキュメントの整理など。

応募する企業にアピールしたい内容を軸に、わかりやすく記載した方がいいですね。

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

>>>大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

>>>顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

>>>IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

個人的な1番のオススメは「レバテックキャリア」です。転職サイトの中で唯一エージェントが技術を理解しているからです。(年収200万円アップする人も多数

「社内SE転職ナビ」は社内SE専門なので、社内開発で働きたい人におすすめです。ただし、案件数も少なく地名度も低いのでマイナーです。

「マイナビ」は大手転職サイトなので求人数がめちゃくちゃ多いのが特徴です(上の2社の10倍以上)。 マイナビを利用して海外勤務を実現できたので、大手の中では1番オススメです。

まとめ:SE転職の職務経歴書の書き方

どうでしょうか、書類選考に通過しやすい職務経歴書の書き方をイメージできましたか。

内容をまとめると、

経歴書には、担当者が読みやすいと感じるものと、読みにくいと感じるものがあります。

読みにくい経歴書とは、

  • 「過去の経歴がズラリと並ぶだけで、何がいいたいのか要点が伝わらない
  • 募集要項のスキルを満たしているのかわからない」
  • 「応募者が過去の経験を踏まえて、今後どのような道に進みたいのか想像できない」
  • 「どんな熱意を持って、プロジェクトに打ち込んできたのか想像できない」

実は、採用担当者が職務経歴書で知りたいと思っている内容は、

次の3つしかありません。

  1. 過去の経歴から、募集要項のスキルを満たしているか知りたい!
  2. 過去に取り組んだプロジェクトから、どんな課題を解決してきたのか知りたい!
  3. 将来的にどのようなSEを目指しているのか知りたい!

開発スキルがないからといって自信を無くす人も多いですが、

企業が求めるスキルに一致する人は極々少数です。

応募者のスキルと企業が求めるスキルが一致するのが理想ですが、可能性はかなり低いです。それでも、企業は決まった人数を採用しないといけないので、他の要素を判断して採用面接へと進みます。

その際に重要視されるのが、自己PRや志望動機ですね。

自己PRや志望動機は、あなたが将来目指すSE像がわかるように具体的に記載しましょう。

試行錯誤しながらひとりで書いた職務経歴書は、客観的な視点が抜けているので相手に魅力が伝わらないことが多いです。エージェントを利用すると、履歴書や経歴書をチェックしてくれるので、自信を持って企業に提出することができますよ。

転職するなら早い方が良い理由

近い将来転職を考えているのであれば、1日も早く行動に移すことをお勧めします。

なぜかというと、現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですが、この状態がずっと続くわけではないからです。

DODAが公表した「転職求人倍率レポート(2018年4月)」によると、業界全体の求人倍率が「2.36倍」、IT・通信は最も高く「6.15倍」と全業種と比較してダントツで高いことがわかりますね。

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|こんなに簡単に年収アップが実現できる?

日本市場の労働者不足がさらに深刻化すると、近い将来政府は移民を受け入れる可能性があります。また、来年には再び金融危機が発生し、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込む可能性もありますよね。

不景気は8年周期で発生しています。

2000年のITバブルの崩壊、2008年の金融危機から10年が経ち、2018年内に再び深刻な危機が発生すると予測する経済学者もいます。

そうなると、

ひとつの求人を応募者複数人で奪い合うことになるので、企業に応募しても書類選考すら通過するのが難しくなります

そのため、今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、次の不景気がくる前に転職活動を確実に終わらせておく必要がある、と考えなくてはいけません。

いますぐ転職する意思がなくても、転職サイトの登録だけはしておきましょう。

会員登録をしておくと、希望にマッチする社内開発の案件が市場に出たときに、直接担当者が連絡してくれますよ。その場合、相手側の企業はすぐに人材が欲しいので、確実に最終面接まで進むことができます。

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

>>>大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

>>>顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

>>>IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

個人的な1番のオススメは「レバテックキャリア」です。転職サイトの中で唯一エージェントが技術を理解しているからです。(年収200万円アップする人も多数

「社内SE転職ナビ」は社内SE専門なので、社内開発で働きたい人におすすめです。ただし、案件数も少なく地名度も低いのでマイナーです。

「マイナビ」は大手転職サイトなので求人数がめちゃくちゃ多いのが特徴です(上の2社の10倍以上)。 マイナビを利用して海外勤務を実現できたので、大手の中では1番オススメです。

求人数 6,000件以上
希望勤務地 関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、大阪、兵庫、京都、愛知、福岡
事業所 関東(東京渋谷、神奈川、千葉、埼玉)、大阪、兵庫、京都、愛知、福岡、広島、仙台、北海道
特徴
  1. 客先常駐から「WEB系」の「自社開発」に転職できる
  2. 年収が現在よりも「200万円」以上アップ
  3. 企業ごとに職務経歴書を変えるので書類選考率が高い
  4. 企業の内部情報を持っているので内定獲得率が高い
  5. 半年間無料でオンラインプログラミングを学習できる
デメリット
  1. WEB、ゲーム業界に強いがSIer系は弱い
  2. 地方都市は案件が少ない
  3. 未経験者は断られる可能性が高い
ターゲット層
  1. SIerからWEB業界に転職したい人
  2. 現職よりも年収を確実に増やしたい人
  3. 1年以上の業務経験があるエンジニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です