SEの転職で失敗する6つの特徴|採用面接で落とされる3つの回答

私たちエンジニアが転職することで求めているものは

  • 「やりがいを持てる仕事に就け、充実したワークライフバランスを送れること
  • 「それから、将来の生活を安定させられるだけの十分な給料を得られること」

この2つですよね。

しかし、過去に転職し成功したSEは多くありません。実は100人のSEがいたら、80人が転職に失敗していると言われています。

転職に失敗するとは具体的にいうと、

  1. 転職した先でも新たな不満が見つかり、2年以内に再び転職活動を再開する
  2. 転職先でも、再び客先に常駐させられる
  3. 給料や労働時間など、前職の問題が何も解決できなかった

転職に失敗した人を注意深く観察していると、ある失敗するパターンがあることに気がつきます。ここでは、絶対に転職で失敗したくないと思っている人のために、転職に失敗するパターンを紹介します。

転職に失敗したくない人向け
  1. SEが転職活動で失敗する6つの特徴
  2. 面接官に好まれない典型的な回答例
  3. 2社転職に失敗し、3社目で優良企業に転職できた話

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

転職活動でSEが失敗する6つのパターンとは?

転職に失敗する理由は、人それぞれ違うと思っていませんか?

実は、過去の情報をまとめていくと、転職で失敗するパターンはある程度決まっています。ここでは、代表的な6つパターンを紹介します。

失敗1:すぐに転職先を決めなければならない理由がある人

8割のエンジニアが転職に失敗していると言いましたが、本来であれば失敗のしようがありません。

なぜならば、現職よりも確実に良い条件の企業から内定を貰えなければ転職しないという選択肢が取れるからです。

にも関わらず多くの人が失敗する理由は、早く次の転職先を決めなければならない、個人の事情があるからです

緊急度が高い転職ほど、失敗する確率が高くなります。

  • 「現職がブラックすぎて、今すぐにこの会社を辞めたいと強く願っている」
  • 「上司が次の常駐先を見つける前、来月までに内定を獲得したい」
  • 「現在は離職中で、3ヶ月以内に次の就職先を決めないと生活が成り立たない」

転職で失敗しないためには、いつ転職しても困らない状態で、転職活動を始めるのが理想です。

失敗2:転職で実現したい優先順位が決まっていない人

転職する目的が定まっていない人も失敗します。

転職活動で現職の全ての不満を解消することはできません。そのため、何を優先して解決したいのか、優先順位が重要になります。

優先順位を曖昧にしたままだと、当初の目的がブレてしまい適当な妥協点を見つけます。そして、最終的には中途半端な企業(ブラック)に入社します。

優先順位の具体例
  1. 多少労働時間が増えたとしても、確実に開発経験が積める職場で働きたいのか
  2. 仕事のやりがいよりも、ワークライフバランスを重要視したいのか
  3. 客先常駐ではなくて、自社開発できる企業に転職することを重視するのか
  4. 開発スキルよりも、将来的に語学を活かして働きたいのか

転職で失敗しないためには、実現したいことの優先順位を明確に決められる人です1度に全てを実現できなくても、経験を積むことで他の目標も解消できます。

失敗3:ドラマの世界にあるブラック企業を想像している人

ブラックを避けたつもりでも、再びブラックに転職する人って意外と多いですよね。

ブラックに騙されやすい人は、企業のビジネスモデルや実体ではなく、相手の人間性を見て判断しようとするからです。テレビドラマに出る単純なブラック像を頭の中にイメージしていますよね。

実はブラック企業は、自分たちのことをブラックだと思っていません。ワタミの社長を思い浮かべるとわかりやすいですよね。

ブラックの社長は、責任感が強く人間味がある人が多いので、相手の人間性を見て判断すると騙されます。ブラックを見分けるのが苦手な人はこの記事を参考にしてみてください。

参考:客先常駐(人売り)の見分け方|なぜ8割のSEが何度も騙され続けるのか?

転職に失敗しない人は、自分なりの判断基準でブラック企業を見分けられる目を持っている人です。

失敗4:誰にも頼らずに、自分のやり方を押し通そうとする人

転職活動は同僚や友人に頼りづらいので、自己流でひとりで進めていく人がいます。

初めての転職活動であれば、転職エージェントを利用しないと必ず失敗します。なぜならば、エージェントがしてくれる事を、全てひとりでやらないといけないからです。

転職エージェントがしてくれる事
  1. 長期的なキャリアのアドバイスをしてくれる
  2. あなたのスキルや希望に合う求人をマッチングしてくれる
  3. 応募する企業に、あなたの特徴をまとめた推薦状を書いてくれる
  4. 自己PRや志望動機など、書類選考に通過しやすい書き方を教えてくれる
  5. 応募した企業に、過去に合格した応募者の特徴を教えてくれる
  6. 企業との面談調整や給与交渉など、面倒なことを代行してくれる

これを全てひとりで行うのは、現実的に難しいですよね。

試行錯誤しながらひとりで書いた自己PRや志望動機は、客観的な視点が抜けているので相手に魅力が伝わらないことが多いです。エージェントを利用することで、担当者が自己 PRや志望動機をチェックしてくれるので、自信を持って企業に提出することができますよ。

また、過去に採用された応募者の情報もデータベースに記録しているので、具体的なアドバイスもしてくれます。

転職に失敗しない人は、プロの専門家をうまく使い効率良く転職活動する人です。

失敗5:転職活動を他人に任せっきりにする人

全て自分のやり方を押し通す人は失敗しますが、他人(転職エージェント)に丸投げする人も失敗します。

実は利己的なエージェントも多く、優秀ではない人に当たると高い確率で失敗します。なぜかというと、彼らは転職に成功する事で相手先の企業から報酬を得るため、質が悪い求人を勧める人もいるからです。

優秀でない転職エージェント
  1. 転職しない方が良いケースでも、転職が必要だと無理に勧める
  2. 確実に内定を得られる案件(ブラック)ばかり紹介する
  3. IT業界に対する知識がないけど、知っているフリをする
  4. 確実に転職を成功させるために、応募者が希望する額で給与交渉しない

転職に失敗しない人は、自分の頭でしっかりと考えて転職活動を行い、エージェントをアシスタントという位置付けで利用する人です。

失敗6:開発スキルがないから転職に不利だと思っている人

開発スキルがないと転職できないと考えている人も失敗します。

なぜかというと、自分に自信が持てずに無難な企業(ブラック)ばかり応募して、無難な選択肢から転職先を決めてしまうからです。

極端な言い方をしますが、「転職活動ではスキルはそれほど重要ではありません。

採用する側の立場に立つとわかりますが、最初から企業の募集要項を満たす応募者は少ないです。そのため、最終的に面接官が重要視するのは、スキルよりも人物像や将来性に共感できるかどうかです。

面接官は論理的に応募者を選択しているつもりでも、実際には直感で応募者を選択します。

恋愛でも同じですよね。外見やスペックも大事ですが最終的に決めるのは直感です。人間は相手を選んだ後に、後から理由付けをしていきます。

転職に失敗しない人は、開発スキルがないことを言い訳に目標を低く設定しない人です。

参考:SEの転職でスキルの重要度は|経験不足でも確実に内定を獲得する戦略とは?

面接官に好まれない典型的な回答とは?

転職で失敗するパターンの他に、面接で失敗しやすい回答を紹介します。

NG1:どんな仕事でも頑張ってやります

面接の場では、どのような仕事をしたいか、将来の方向性を聞かれますよね。

そこで、「与えられた仕事は、何でも一生懸命頑張りたいと思っています」という答えは、NGです。

なぜならば、私たちは専門職を志望しているからです。

あなたが専門料理のレストランの経営者だとして、和食、中華、フレンチ、イタリアン、どれでも良いから一生懸命頑張ります、と言われたら違和感を感じますよね。

このように回答する人は意外と多いですよ…

NG2:入社時期はいつからでも大丈夫です

1次面接や最終面接の終盤で、相手の採用意思が高いと必ず聞かれる質問があります。

御社に入社する場合ですが、入社時期はいつから可能ですか?

この問いに対して、「いつでも大丈夫です」と答えるのもよくありません。

なぜかというと、重要な仕事を任されていない、もしくは仕事を途中で放棄する責任感がない人材だと思われるからです。

たとえ忙しくなかったとしても、「現在の仕事が落ち着くのは納期が終わり3ヶ月後、上司との退職交渉や引き継ぎ作業もあるので4ヶ月後が最短です。」と回答するのが理想です。

NG3:他の選考中の企業も迷っています

他にも採用が進んでいる企業、もしくは他に第一志望の企業はありますか?

他企業が第一志望だったとしても、「御社が第一志望です」と答えましょう。

なぜかというと、相手は決まった期間内に決まった人数を採用しないといけないからです。予定した採用期間の終盤に差し掛かり、応募者を絞り込んでいる状況なので、入社するかわからない不確定要素が高い人材に内定を出さないからです。

そのため、第一志望ではないとわかると候補から外されます。

▼▼日本市場は深刻な人材不足で短期雇用の時給が高騰しています▼▼

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

深刻な人材不足は、ITエンジニアも例外ではありません。

  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

私たちSEは好条件で企業に転職できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めています。

まとめ:SEの転職で失敗する人の特徴

どうでしょうか、転職に失敗するパターンを学ぶことで、成功をイメージできたのではないでしょうか。

転職に成功する人は意外と多くはありません。正確な統計はないですが、100人いたら80人は転職に失敗していると言われています。

転職に失敗するとは具体的にいうと、

  1. 転職した先でも新たな不満が見つかり、2年以内に再び転職活動を再開する
  2. 転職先でも、再び客先常駐(ブラック)をやらされることになった
  3. 手取り給料や労働時間など、前職の問題が解決できなかった

転職に失敗しないためにも、過去に失敗した人たちの経験から学ぶことができます。

転職に失敗しないためには
  1. いつ転職しても困らないという状態で、転職活動を開始すること
  2. 転職で実現したいこと、優先順位を明確に決めること
  3. 自分なりの判断基準で、ブラック企業を見分けられる目を持つこと
  4. プロの専門家をうまく使い、効率良く転職活動をすること
  5. 転職エージェントに任せっきりにせず、自分の頭で考えて行動すること
  6. 開発スキルがないことを言い訳に、目標を低く設定しないこと

転職に失敗した体験談

わたしは過去に2度転職に失敗しています。客先常駐を抜け出すために転職したのに、また同じような客先常駐させるブラックに入社しました。

転職活動に失敗した理由は3つあります。

  1. 現職の仕事が辛すぎて、1日も早く転職活動を終わらせる必要があった
  2. そのため、採用担当者が話すことを自分に都合よく解釈した
  3. 入社後に状況は変わることを想定していなかったから(事前の調査不足)

この時の体験談は次の記事にまとめています。

参考:客先常駐(人売り)の見分け方|なぜ8割のSEが何度も騙され続けるのか?

この失敗談を活かして、3社目にして社内開発できる優良企業に入社できました。客先常駐から抜け出した事で、労働条件を大きく改善できました。

  1. 給料が右肩上がりで増えた(300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れるようになった(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

参考:客先常駐をすぐに辞めたい|年収アップへの近道がある(300→520万円)

転職するなら早い方が良い理由

近い将来転職を考えているならば、1日も早く客先常駐から脱出することをお勧めします。

なぜかというと、現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですが、この状態がずっと続くわけではないからです。

DODAが公表した「転職求人倍率レポート(2018年4月)」によると、業界全体の求人倍率が「2.36倍」、IT・通信は最も高く「6.15倍」と全業種と比較してダントツで高いことがわかりますね。

ただし、この状況がいつまで続くかは誰にもわかりません。

IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。また、日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めていますね。

また、世界経済をみると8年に1度は金融危機が発生しています。不況に陥ると有効求人倍率は1倍以下まで落ち込む可能性もありますよね。

倍率が1倍を割り込むと、ひとつの求人を複数の応募者で奪い合うので、書類選考ですら通過するのが難しくなります。

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、次の不景気がくる前に転職活動を確実に終わらせておく必要がある、と考えなくてはいけません。

大手転職エージェントの比較

転職活動を成功させるために欠かせないのは、転職エージェントの選び方です。自分の目的に合う転職エージェントを利用しましょう。

IT特化 求人量 求人質 満足度 デメリット
リクナビ × 業界最大手、求人数が多いが利用者も多く機械的な対応になってしまう。
DODA × 業界2番手、リクナビよりも求人数が少なく、担当者の押しが強い。
マイナビxIT 業界大手の『マイナビ』がIT業界に特化したエージェント。IT特化型だが、IT業界の専門性はやや低い。
レバテックキャリア 年収200万円アップを目指せる唯一の転職エージェント。『レバテックキャリア 』は、専門性は高いが求人数は大手より少ない。
社内SE転職ナビ × 社内SEを専門とした唯一の転職エージェント。『社内転職ナビ』は、社内SEに絞っているため、求人数は700件のみ。
ポテパンキャンプ × プログラミングスクールを利用した転職サービス。『ポテパンキャンプ』を利用すると、無料で開発スキルを習得できるが、提携先のIT企業は40社のみ。Rubyを習得し年収500万円を目指せる。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です