WEB系に転職したい|SIerと比較したデメリットや将来性、失敗談

IT業界は年率5%で成長を続ける成長産業ですが、そのなかでも最も勢いがあるのがユーザー向けのサービスを開発するWEB系ですね。

そのため、SIer系からWEB系に挑戦するSEは年々増加傾向にあります。

でも、このような不安を感じている人も多いですよね。

  • 「WEB系は、SIerと比較して本当に良い職場なのだろうか?」
  • 「SIer系出身の自分でも、WEB系でうまくやっていけるのかな?」
  • 将来も安定して働き続けることはできるのだろうか?」

同じIT業界でも、SIerとWEBの企業文化は180度異なります。

WEB系のイメージというと、

自由な社風で最新技術に携わることができ、20代でも実力がある人材なら年収600万円以上を実現できる事ですね。これらは、SIer系にはない大きな利点ですよね。

しかしながら、WEB系には良い面ばかりではなくリスクやデメリットもあります。

ここでは、WEB系に転職したい人のために、次の点を詳しく紹介します。

WEB系に転職したい人
  1. SIerと比較したWEB系のメリットとデメリット
  2. SIerから転職して後悔していること(入社後の失敗談
  3. SIerと比較したWEB系の将来性

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

SIerと比較したWEB系のメリットとデメリットとは?

SIer系とWEB系のメリットとデメリットを、それぞれ比較するとこのようになります。

メリット デメリット
SIer系
  • 月単価(80万円以上)で収入が安定している(ただしブラック以外)
  • 企業向けにビジネスを展開している
  • クライアントは、製造業、通信系、銀行系が多い
  • 開発規模が大きいため収益は安定している
  • 客先常駐が全体の「8割」を占める
  • 多重派遣、下請けなど構造的な問題がある
  • 開発案件に就けるとは限らない
  • 技術が古く最新技術は好まれない
  • ゼネラリストが求められる
  • 古いタイプの企業が多く自由度が低い
  • ドキュメント作成など無駄な仕事が多い
  • スケジュールや予算重視の開発のため、労働時間が長くなりやすい
WEB系
  • エンドユーザー向けのビジネスを展開している
  • 自社開発が全体の「8割」を占める
  • ゼネラリストよりもスペシャリストが求められる
  • 年齢が若くても裁量権を与えられ、働き方の自由度が高い
  • 開発規模が小さくハイブリッドな開発が求められる
  • 開発スキル以外にも、営業やマーケティングの知識を身につけられる
  • 競争相手が多く競争過多に陥りやすい
  • サイクルが短く流行り廃りが早い
  • 法整備が整っていない企業が多く、少ない給料で長時間労働している企業も多い

SIerにはないWEB系の大きな特徴は次の3つがあります。

特徴1:WEB系はアジャイル開発が中心である

WEB系の代名詞となっているのがアジャイル開発ですね。

アジャイル開発とは、システムやソフトウェア開発におけるプロジェクト開発手法のひとつで、小単位で実装とテストを繰り返して開発を進めていきます。

対義語は、SIer系で採用されているウォーターフォール開発ですね。

アジャイルとは『すばやい』『俊敏な』という意味で、反復 (イテレーション) と呼ばれる短い開発期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとする開発手法の一つです。

参考:アジャイル型開発技法(NEC)

アジャイル開発を用いることで、開発スピードが早く低予算、ユーザーの要望を素早く対応できるようにしています。開発規模が小さいWEB系で人気が高い手法ですね。

特徴2:仕事の幅が広く専門的なスキルが求められる

WEB系は役割が幅広いだけではなく、それぞれの領域で専門性が高いスキルが求められます。

入社する企業によって異なりますが、

プログラミングの他に、「ディレクター」、「デザイナー」、「WEBマーケティング」、さらには自ら企画する事もあれば、システムの保守運用、データ解析、チューニング、運営にも携わることになります。

WEB系のSEはSIerと違い、システム開発(要件定義、設計、製造、評価)だけが仕事ではありません。

特徴3:年収はSIerよりも高いとは限らない

WEB系は20代でも高収入を実現できる企業がたくさんあります。

例えば、サイバーエージェントの平均年収は665万円、GREEは744万円、DeNAは757万円、ミクシィは615万円ですね。

しかし、業界全体でみた平均年収はSIerの方が高いです。

両者を比較する正確な数値はないですが、WEB系の生産性はSIerの3分の1、年収はSIer系よりも100万円も低いと語るSEもいます。

参考:イケてる環境のWEB系の労働生産性がイケてないSIerのたった三割しかない件

業界全体で見た場合に、平均年収が低い理由はなんとなく想像できますよね。

WEB系は競争過多で新興企業も多く、成功している企業と成功していない企業との落差が激しいからです。SIerのように人月単価で報酬を得られないので、安定して稼ぎ続けるのは難しいですね。

そのため、SIerの給料が安いことに不満を感じている人が、WEB系に転職しても高い確率で失敗します。

では、具体的にどういう人が転職に失敗するのか見ていきましょう。

SIerからWEB系に転職した人の失敗談とは?

SIer系に転職して「良かった」と回答する人がいる一方で、転職したことを「後悔している」と回答する人もいます。

両者の違いはどこにあるのか見ていきましょう。

SIerからWEB系に転職して「良かったこと」

転職して良かったこと
  • 数合わせで客先に常駐させられることがない、自社には自分の席がある
  • マシンがハイスペックになり、デスクや椅子は働きやすい物に変わった
  • 1人のエンジニアとして、十分な裁量権があり責任があるポジションで働ける
  • お客さんを説得させるだけの無駄なドキュメントやエビデンス、それから会議時間が大幅に減った
  • 技術的な知識が何もない上司の承認を得なくても、自発的に行動に移すことができる
  • 新しい技術は歓迎され、業務改善や効率化するほど働きやすい環境に変わっていく
  • 労働時間や服装など、自由なスタイルが多く働きやすいと感じる
  • 仕事でコーディングができる(SIerだとできない職場もある)
  • 学習意欲が高く、上昇志向の高い人が多い
  • 個人に裁量が与えられ、要件定義、設計、実装まで一貫して携われる
  • 技術以外にも、営業やWEBマーケティングの知識が身につく
  • SIer時代に感じたていた無駄な作業が大幅に減った
  • 仕事ができない他人本位なSEが減って良かった
  • 平均年齢が低く、若くてもマネジメントの経験が積める
  • SIer時代よりも大幅に給与が増え、額面で倍近くなった
  • SIer時代よりも、飲み会が格段に減って良かった

上記の内容をまとめると、

SIer時代の無駄なドキュメント作業が減り、自由度が高い環境で裁量権が与えられることに満足している人が多いですね。20代と年齢が若いエンジニアでもマネジメントが経験ができ、高収入を実現している人もいます。

一方で不満を感じている人は、どのような点に後悔しているのでしょうか。

SIerからWEB系に転職して「後悔していること」

転職して後悔していること
  • 自己裁量が大きくなったが、勤務時間は前職よりも大幅に増え終電ギリギリまで働くことも
  • SIer時代よりも給料が下がり、一方で実力主義なので給料を上げるのは難しい(業界全体ではSIerの方が給料が高い)
  • 働くのが生き甲斐、という雰囲気があり有給休暇を取りにくい
  • 社内イベントが頻繁にあるが、体育会系的な乗りも多くついていけない
  • ユーザーが使うシステムやサービスに障害があると、すぐに職場に飛んでいかないといけない
  • ひとりで任される案件も多く、個人が負う責任は想像以上に重い
  • 個人主義が強く、新人に対する教育体制が整っていない
  • 休日も勉強に時間を割くのが辛くなり、競争社会で働き続けることに疲れてしまった

上記をまとめると、

若い年齢で裁量権が与えられる事を喜ぶ人もいますが、逆にプレッシャーを感じる人もいます。また、SIer系のように年功序列ではなく、激しい競争社会であることがわかりますね。

以上の良し悪しを判断すると、WEB系に求められる人材や、転職で成功する人物像が見えてきます。

WEB系の転職で成功する人物像とは?

WEB系に向いている人材
  1. 自由度が高い社風で働きたい人
  2. 安定よりも、新しいことにチャレンジするのが好きな人
  3. SEとしての能力を、短期間で大きく伸ばしたい人
  4. 年齢が若いうちから、責任あるポジションで働きたい人
  5. 設計やドキュメント作成よりも、手を動かして開発するのが好きな人

逆に、このような人は転職に失敗します。

  1. 新しいことに挑戦するよりも、安定思考が強い人
  2. SIer系は残業が多く、給料が安いことに不満を持っている人
  3. 客先常駐に不満を感じているので、自社開発できる企業に転職したい人

もしも、いま現在SIer系の客先常駐で働き不満を感じているのであれば、SIer系の社内開発を目指しましょう。同じSIer系でも社内開発であれば、低賃金や長時間労働の問題を同時に解消することができます。

また、ビジネスモデルや与えられる役割は大きく変わらないので、WEB系への転職と比較してもハードルは高くありません。

→ 客先常駐をすぐに辞めたい|年収アップへの近道がある(300→520万円)

SIerと比較したWEB系の将来性は?

ネットでWEB系の情報を検索すると、WEB系の将来性を心配する人がたくさんいます。

WEB系は将来性がないから辞めておけ」という書き込みがありますね。

その理由は、法整備が整わない新興企業が多く、実力主義の世界で30代、40代と結果を出し続けることが難しいからです。

このような意見を持つ人に言いたいですが、

世の中にリスクがない仕事ってないですよね?

リスクから逃れようとすることで、かえってリスクを負う結果に繋がります。

例えば、大手企業に入社できたら安泰というが、東芝や三菱自動車のような不祥事を起こしたら一発でアウトですよね。大手で働く社員は総合職が多く、外の世界でも生きていける人がどれだけいるか疑問です。

大手SIerを代表するNECは、数百人単位で毎年社員をリストラしていますよね。

企業の平均寿命が23年と言われるほど変化が激しい現代社会では、どの企業に入社しても活躍できる人材になる事が1番のリスク回避です。リスクやストレスから逃げる事ばかり考えていると、逆に大きな落とし穴に落ちる可能性が高まります。

20代での大きな失敗はいくらでも取り戻せますが、30代、40代では軌道修正が難しいですよね。

WEB系は厳しい環境で働く可能性は高いですが、エンジニアとして成長するには絶好の機会です。少なくともSIerの客先常駐のように、業務経験が積めない無駄な仕事で長時間働かされることはありません。

個人的な感想ですが、SIer系のSEが安定しているかは大きな疑問です。

私はSIer系で10年以上働いていますが、他人本位なSEが多く、ひとりでは何もできない人材があまりにも多いと感じています。彼らが30代、40代とひとつの会社で働き続けることを期待する方が、リスクは大きいように思います。

結局のところ、SIerかWEB系を選択するかは、

自分の性格や特性を理解した上で、どれだけ納得して働けるかどうかが重要ですね。将来性を心配するのであれば、自分を高めてくれる環境に身をおきましょう。

▼▼日本市場は深刻な人材不足で短期雇用の時給が高騰しています▼▼

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

深刻な人材不足は、ITエンジニアも例外ではありません。

  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

私たちSEは好条件で企業に転職できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めています。

SIer系からWEB系へ転職する方法

SIer系からWEBを目指すのであれば、まず1番に優先しなければいけないのは技術力ですよね。

WEB系は実力主義の世界なので、技術スキルは必須条件です。

SIer系では、.NET系の開発が多いのでJavaやC#が好まれますが、WEB系ではPHP、Python、Rubyなど、新しい言語が好まれます。最低限プログラミングの知識があることを証明するためにも、AWSのアカウントを取得し、クラウド環境に動くアプリを製作してみましょう。

職務経歴書だけではスキルを証明するのは難しいので、ソースコードを公開するなど、目に見える形で企業にアピールする人材は増えています。

独学でこれら全てを行う自信がない人は、オンラインスクールを利用することを検討しましょう。受講後に転職に成功すれば、受講料は全額無料になります。

その1:プログラミングスクール経由でWEB系を目指す

ポテパンキャンプの特徴
  1. オンライン制なので、仕事が忙しい社会人でも利用できる
  2. 受講生はRubyを習得し、3ヶ月でオリジナルのECサイトを製作できる
  3. ECサイトのURLを履歴書に貼り付けて、優良企業にスキルをアピールできる
  4. 転職サポートも無料で受けられ、受講後は自社開発している企業へ転職できる
  5. ポテパン経由の転職は、年収400〜500万円を想定している
  6. 受講料は3ヶ月で10万円と格安な上に、転職に成功すると全額返金される

公式サイト:お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

「ポテパンキャンプ」は、経験者向けのプログラミングスクールです。

ポテパンを運営するのは、エンジニアに仕事を紹介する人材紹介会社なので、一般的なITスクールと違い実践的なスキルを習得できます。

受講料が3ヶ月で10万円(他のスクールは20〜40万円)と格安なのは、WEB系企業への転職を前提としているからです。ポテパンに興味がある人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:ポテパンキャンプの悪い評判|年収500万円のRubyエンジニアを目指せる

その2:WEB系に最も強い転職エージェント

レバテックキャリア の特徴
  1. 大手IT企業が運営する転職エージェントで、WEBやゲーム業界に強みがある
  2. 専門知識が高いエージェントが多く、業界で唯一技術レベルの話ができる
  3. 企業ごとに書類、面接対策ができるので内定率が高い
  4. ハイキャリア求人が多く、年収を320万円アップさせた実績がある
  5. 半年間無料でプログラミングのオンラインレッスンを受講できる

WEB系を目指すのであれば、レバテックキャリア が1番お勧めです。

経験者向けの転職エージェントでは最も地名度が高く、WEBとゲーム業界に強みがあるからです。ハイキャリア求人を多数扱い、年収200万円以上アップする転職者もたくさんいます。

優良IT企業が運営しているので、書類選考通過率や内定獲得率、高収入の転職実績を実現していますこれらは、他の大手転職サイト(リクナビ、DODA、マイナビ)は真似したくてもできない強みですね。

プログラミングレッスンは、RubyやSwift、Pythonなど、学びたい言語を無制限で受講できます。内定獲得後のアフターフォローも充実していますね。詳細が知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

参考:【レバテックキャリア 】の悪い評判|本当に年収200万円アップを実現できる?

公式サイト:大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

まとめ:SEでWEB業界に転職したい

どうでしょうか、WEB系企業への転職が具体的にイメージできたのではないでしょうか。

WEB系の3つの特徴
  1. WEB系はアジャイル開発が中心である
  2. 仕事の幅が広く専門的なスキルが求められる
  3. 年収はSIerよりも高いとは限らない

実力があれば、20代でも年収600万円以上を実現できる可能性が高いです。

WEB系を代表する企業の平均年収を見ると、サイバーエージェントは665万円、GREEは744万円、DeNAは757万円、ミクシィは615万円もありますね。

けれども、成功している企業とそうでない企業には、大きな給与格差があります。年収増を期待してSIerから転職すると期待外れの結果になるかもしれないですね。

失敗を避けるためにも、WEB系が向いているか自分の特性を見極める必要があります。

WEB系に向いている人
  1. 自由度が高い社風で働きたい人
  2. 安定よりも、新しいことにチャレンジするのが好きな人
  3. SEとして能力を大きく伸ばしたい人
  4. 年齢が若いうちから、責任あるポジションで働きたい人
  5. 設計やドキュメント作成よりも、手を動かして開発するのが好きな人

WEB系への転職は決して楽な道のりではありません、前向きな気持ちで挑戦したいですね。

客先常駐に不満があるなら

SIer業界の客先常駐に不満を感じている事が転職理由であれば、SIer系の社内開発できるIT企業に転職する道も検討しましょう。

なぜならば、社内開発で働くことで低賃金と長時間労働の問題を同時に解決できるからです。

客先常駐から脱出したことで、このようなメリットがありました。

  1. 給料が右肩上がりで増えた(300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

参考:客先常駐をすぐに辞めたい|年収アップへの近道がある(300→520万円)

同じSIer系であれば、客先常駐と似たようなクライアントやビジネスモデルなので転職しやすいですよね

転職活動を成功させるために欠かせないのは、転職エージェントの選び方です。自分の目的に合う転職エージェントを利用しましょう。

IT特化 求人量 求人質 満足度 デメリット
リクナビ × 業界最大手、求人数が多いが利用者も多く機械的な対応になってしまう。
DODA × 業界2番手、リクナビよりも求人数が少なく、担当者の押しが強い。
マイナビxIT 業界大手の『マイナビ』がIT業界に特化したエージェント。IT特化型だが、IT業界の専門性はやや低い。
レバテックキャリア 年収200万円アップを目指せる唯一の転職エージェント。『レバテックキャリア 』は、専門性は高いが求人数は大手より少ない。
社内SE転職ナビ × 社内SEを専門とした唯一の転職エージェント。『社内転職ナビ』は、社内SEに絞っているため、求人数は700件のみ。
ポテパンキャンプ × プログラミングスクールを利用した転職サービス。『ポテパンキャンプ』を利用すると、無料で開発スキルを習得できるが、提携先のIT企業は40社のみ。Rubyを習得し年収500万円を目指せる。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です