SEの転職に有利な3つの勉強|年収アップに直結するもの

専門職を選択した私たちSEは、日々新しい技術を勉強する必要がありますね。

勉強する目的は、より専門的なスキルを磨いて希少価値が高い人材になり、たくさんの給料を得るためです。

そこで大事なのは、転職で高い評価を得るために、何を勉強したら良いかですよね。

結論から述べると、資格や参考書を読んで知識を習得するよりも、手を動かす時間を増やして実践的なスキルを学んだ方が良いです。企業が求めている人材は、学習意欲や主体性があり行動力がある人材だからですね。

反対に資格の勉強は、世間で言われるほどの効果はありません。

ここでは、企業に評価されやすい勉強法について紹介します。

転職市場で評価されるスキル
  1. プログラミングで独自の成果物を製作する
  2. プログラミングスクールで実践的なスキルを習得する
  3. 仕事の幅を増やすために語学の勉強をする

▼▼社内開発の転職に強い専門サイト3社▼▼

  1. マイナビIT AGENT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ社内SE専門だが、求人数は673件だけ
  3. 『リクルート求人数は多いが、未経験向けのブラックが多い

<2021年10月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:労働市場からの退出者が増加(日本総研)

ワクチンが急速に進むも、客先常駐の労働環境は日々悪化しています。

欧米諸国に遅れていたが、日本のワクチン接種率は66%を超え世界で9番目に高いです(参考:世界の接種状況)。また、1日当たりの感染者数は858人まで急減、10月からは1都3県の緊急事態宣言も解除されましたね。

しかし、世界主要国は22年の見通しを大幅に下方修正し始めています21年7月の失業率は3.0%(上図)だが、下半期以降はどちらに動くか予想できません。

資源価格や輸送費の高騰、半導体不足により、トヨタは生産計画を大幅に見直しています(参考:計画より約10万~15万台減少の見通し)。これは、日本だけではなく米国や中国を始め、世界中の製造業が影響を受けています。

実際に、22年度の採用計画や新規案件を見直すIT企業も増えていますね

常駐SEを続けることで怖いのは、突然の契約終了だけではありません。不景気が長期化するほど、末端の短期雇用の労働環境が悪化していくことです。19年に前年比+8%だった大手企業の夏季賞与は、20年に−3%、21年に−7%です。

中小企業が多い常駐SEの下落幅は、大手とは比較にならないほど悲惨です

来年春まで転職を見送るのは危険で、今すぐに活動を開始すべきです。なぜならば、求職者が少ない冬賞与前の時期は、求人倍率が2.15倍まで急回復しているからです(参考:転職求人倍率レポート)。

求職者が殺到する22年春前は、逆に悪化する可能性の方が遥かに高いですよね。これまで転職を見送っていた中堅SEも、ワクチン普及で一斉に動き始めます

いま転職する意思がなくても、自分を守るために会員登録だけでも必ずしてください。会員登録や転職サポートは全て無料だし、事前に面談済みなら必要な時にすぐに案件を紹介してくれます。そのため、常駐先で契約解除された時のリスクヘッジにもなります

私は08年の金融危機の時、決断を先延ばしした事で契約解除されています。その後に転職活動しても、年収は300万円以下でしか内定を得られませんでした。社内開発の企業に転職できたのは、それから4年が経過してからです。

客先常駐から脱出するならば、「マイナビIT」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです社内開発に転職後の年収は4年間で300→520万円まで増え、契約更新や解除の不安から解放されました。

公式サイト:マイナビIT AGENT無料サービス登録まで3分

IT企業の転職で面接官にアピールできる勉強とは?

参考書を購入して勉強する人も多いですが、目に見える形で残した方が良いですよね。

具体的には、ソースコードをGithubに公開したり、成果物をWEBやブログに公開するなどですね。学んだ軌跡を残しておくことで、転職の時に優良企業から内定を貰いやすくなります。

1位:プログラミングで成果物を製作する

優良企業から内定を得るためには、成果物を製作することを意識しましょう。次のことを採用担当者にアピールできるからです。

成果物を製作するメリット
  1. わからないことを自分で調べる「主体性」があること
  2. 調べるだけではなく、実際に自ら行動に移す「実行力」があること
  3. 本業の仕事が忙しい中でも、「学びたい意欲」があること

採用面接の場で、「IT技術に興味があります」「プログラミングを勉強するのが好きです」と語る人は多いです。しかし、人材を採用する側からみると、実際にプログラミングした実績がないと気持ちが伝わってこないですよね。

たとえ成果物が優れたものでなくても、目に見えるモノがあれば面接官の印象はガラリと変わります。

なぜならば、学習意欲があることが伝わり、応募者の言葉に説得力が増すからです。

私は業務で開発経験が積めないときに、自作でiPhoneアプリを作成しました。ネット上にある簡単なツールを実装しただけですが、それでも面接官の反応は全く違います。

技術職を募集しながらも、ここまでやる人はまだまだ少ないのでお勧めですよ。

2位:プログラミングスクールで実践的なスキルを習得する

独学でプログラミングを学ぶといっても何をすれば良いのか迷う人も多いですよね。そんな人は経験者向けのプログラミングスクールを検討しましょう。

スクールに通う人も面接官の反応は高いです。なぜならば、新しい言語も積極的に学びたいという意思が伝わってくるからです。

実際に業務以外でもプログラミングしているSEは、仕事ができる人が多いですよね。

ポテパンキャンプの特徴
  1. オンライン制なので、仕事が忙しい社会人でも利用できる
  2. 受講生はRubyを習得し、3ヶ月でオリジナルのECサイトを製作できる
  3. ECサイトのURLを履歴書に貼り付けて、優良企業にスキルをアピールできる
  4. 転職サポートも無料で受けられ、受講後は自社開発している企業へ転職できる
  5. ポテパン経由の転職は、年収400〜500万円を想定している
  6. 受講料は3ヶ月で10万円と格安な上に、転職に成功すると全額返金される

公式サイト:お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

「ポテパンキャンプ」は、経験者向けのプログラミングスクールです。

ポテパンを運営するのは、エンジニアに仕事を紹介する人材紹介会社なので、一般的なITスクールと違い実践的なスキルを習得できます。

受講料が3ヶ月で10万円(他のスクールは20〜40万円)と格安なのは、WEB系企業への転職を前提としているからです。ポテパンに興味がある人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:ポテパンキャンプの悪い評判|年収500万円のRubyエンジニアを目指せる

3位:英語など語学の勉強をする

プログラミング以外で勉強するとしたら語学ですね。

現代社会は急速にグローバル化が進み、語学を勉強するSEが増えました。短期的には給与に直結しにくいですが、長期的な視点でみたら給与を増やすことができます。

ITエンジニアで英語ができる人材はまだまだ少ないので差別化要因になりますね。

社内公用語を英語にしたファーストリテイリング(ユニクロ)の募集要項を見ると、年収レンジは550〜1500万円。楽天の平均年収は666万円です。どちらも、IT業界の平均年収と比較するとかなり高いです。

短期間で集中して語学を習得したい人は、こちらの記事を参考にしてください。日常会話レベルの英語力なら3ヶ月で習得でき、6ヶ月もあれば自分の意見をスラスラと伝えられる方法を紹介しています。

参考:SEの転職で求められる英語力は?|日常会話を3ヶ月で習得する方法

IT企業の面接で評価されない勉強とは?

反採用面接で期待するほど評価されない勉強もあります。

基本情報処理など技術関連の資格

IT関連の資格というと、基本情報処理、応用技術者、LPIC、オラクルなどありますが、実は転職活動で有利に働く資格はありません。

なぜならば、資格は知識を持っていることを証明できますが、仕事ができることの証明にはならないからですね。

ないよりはあった方がマシと勉強する人もいますが、資格取得に費やす時間を考えると無駄ですよね。

IT関連で最も基本的な資格は基本情報処理技術者試験ですが、この資格を取得するのに必要な時間は「500時間」と言われています社会人が仕事しながら取得するためには、平均で9ヶ月の学習期間が必要です。

同じ労力を掛けて勉強するのであれば、目に見える形で成果物を製作した方が転職市場で評価されます。また、実戦で役立つスキルを学べるので自分自身のためにもなりますね。

仕事ができるSEほど資格を重要視しません。反対に仕事ができないSEほど資格取得に固執しますよね。

参考:SEの転職で資格の重要度は|実務経験が大事だから必要ないって本当?

まとめ:SEの転職に有利な勉強とは?

専門職である私たちSEは、日々技術の勉強をしなければなりません。

人生の貴重な時間を費やして勉強するのであれば、効果が高い方法を取り入れたいですよね。技術関連の書籍や参考書を読む人も多いですが、形に残らない勉強は得策とは言えないですね。

転職市場で評価されるスキル
  1. プログラミングで成果物を製作する
  2. プログラミングスクールで実践的なスキルを習得する
  3. 仕事の幅を増やすために語学の勉強をする

反対に、基本情報処理試験などの資格の勉強は、世間で言われるほど評価されません。

知識を増やすことが目的なら良いですが、収入を増やすことを目的にするのであれば、より実戦的な方法を選択したいですね。

参考:SEが年収300万円から600万円を目指す方法|必ず実現できる戦略

▼▼日本市場は深刻な人材不足で短期雇用の時給が高騰しています▼▼

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

深刻な人材不足は、ITエンジニアも例外ではありません。

  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

私たちSEは好条件で企業に転職できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。