客先常駐は本当に辞められる?|転職するまでの全ステップを紹介

客先常駐で働いていた頃、私にはこのような悩みがありました。

  • 客先常駐の長時間労働と低賃金では、もうこれ以上働きたくない
  • 客先常駐を辞めて、本当に社内開発に転職できるのだろうか?
  • 社内開発に転職するためには、どれくらい高い開発スキルが求められるだろうか?

このような不安を抱きながらも実際に転職して思ったことは、客先常駐は簡単に辞められる意外な事実です。

転職先では長時間労働(拘束時間は15→9時間)に悩まされることはなくなり、毎年年収も順調に増え4年後には220万円(年収300→520万円)も増えました。将来の不安もなくなり、夜もぐっすりと眠れています。

ここでは、客先常駐を本気で辞めたいと思っている人に、社内開発で働くための手順を全て紹介します。

客先常駐の辞め方
  • ステップ1:客先常駐の問題点とは?
  • ステップ2:客先常駐を辞めて得られること
  • ステップ3:簡単に客先常駐を辞められる理由
  • ステップ4:客先常駐の正しい辞め方
  • ステップ5:社内開発で働く4つの選択肢
  • ステップ6:転職活動の流れ
  • ステップ7:転職サイト・エージェントの選び方
  • ステップ8:転職に失敗しないテクニック
  • ステップ9:年収600万円のSEを目指す

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

ステップ1:客先常駐の問題点とは?

客先常駐で働く問題点
  1. 10年働いても給料が増えないこと(30歳で年収は330万円
  2. 開発スキルが積めないため、年齢とともに市場価値が下がること
  3. 35歳で仕事がなくなる可能性が高いこと

客先常駐の問題点は給料が増えない、開発スキルが積めない、35歳で職を失うことです。

3年間客先常駐で働いた経験がありますが、2008年の金融危機で実際に職を失うSEをたくさん見てきました。私の元同僚は現在も1社目で客先常駐をしていますが、彼女の給料は8年間で30万円しか増えていません。

年齢とともに市場価値が下がる理由は、常駐先では雑用業務ばかりで上流工程や開発スキルを習得できないからです。

  1. 客先常駐の給料は30歳で年収330万円だった|SEの平均は547万円
  2. 客先常駐SEに将来はない|35歳おじさんエンジニアの末路とは?

ステップ2:客先常駐を辞めて得られること

社内開発に転職して得られること
  1. 給料が毎年右肩上がりで増えた(4年後に300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

社内開発に転職すると、低賃金、長時間労働、それから開発スキルが積めない問題を同時に解決できます。なぜならば、労働時間に対する報酬体系ではなくて、成果物に対する報酬に変わるからですね。

私は客先常駐を辞めたことで、労働時間が大幅に減り睡眠時間を確保できました。しっかりと睡眠を取ることで、労働意欲が湧き仕事のパフォーマンスが劇的に変わります。

すると、次第に仕事が評価され収入にも直結します。年収が400万円を超えると、週末リフレッシュするためにお金を使う余裕が生まれますね。技術関連の書籍を購入したり、プログラミングスクールや語学など自己投資にもお金を回します。

その結果さらに仕事が評価され、年収500万円もすぐに超えます。

客先常駐では給与テーブルに限界があるため、どれだけ努力しても同じように稼ぐことはできません。

参考:失敗しない転職先の選び方|常駐辞めて年収アップ(300→520万円)

ステップ3:簡単に客先常駐を辞められる理由

社内開発に転職して得られること
  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

私たち常駐SEが考えているほど、客先常駐を辞めるのは難しくありません。なぜならば、現在IT業界は過去30年間の中で最も景気が良く、人材が足りていない状況だからです。

企業が人材不足を解消するためには、他企業から人材を好条件で採用するか、もしくは自社で教育制度を整えて未経験者を採用するしかないですよね。

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

ステップ4:客先常駐の正しい辞め方

客先常駐は辞めたくても辞めれないと考えている人は多いですよね。上司に退職届を保留されたり、契約期間中に辞めたら損賠賠償を請求すると脅される人も少なくありません。

しかしながら、客先常駐は最短で2週間で辞めることが可能です。なぜならば、民法にはこのように明記されているからです。

民法第627条
「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」

参考:退職数場合、何日前に会社に通知すべきですか?

客先常駐の正しい辞め方を知っていると、激務でも心に余裕を持って会社を退職できます。

参考:客先常駐を1ヶ月以内に辞める方法|トラブルや損害賠償の回避方法

ステップ5:社内開発で働く4つの選択肢

社内開発や自社開発の選択肢
  1. 「WEB系」:ユーザー向けにシステムやサービスを開発する
  2. 「受託開発」:SIer系のシステム開発を受託し社内開発する企業
  3. 「企業向け自社製品開発」:企業向けに製品やパッケージを販売する企業
  4. 「異業種の社内SE」:製造業や流通業、医療系や銀行系などの社内SE

客先常駐以外の社内や自社開発で働く選択肢は、大きく分けて4つあります。常駐しないで働きたいと言う人は多いですが、その選択肢を知っている人は意外と少ないですよね。

それぞれの働き方にはメリットもあれば、デメリットもあります。自分に合う働き方を選択したいですね。

参考:自社開発に転職したい|WEB系、社内SE、受託開発の違いとメリット

ステップ6:転職活動の流れ

転職活動の全行程
  1. 転職サイト・エージェントに無料で会員登録する(10分)
  2. 担当のエージェントと日程を調整し、対面か電話でキャリア面談を行う(40分)
  3. キャリア面談時に、希望する条件にマッチする求人を10社程紹介してもらう
  4. 転職の意思がある場合、職務経歴書や履歴書を作成する(2〜4時間)
  5. 企業に応募し本格的に転職活動を開始、書類選考、1〜2次面接(2ヶ月)
  6. 内定を獲得し入社日や退職交渉を行う(2ヶ月)

転職活動を開始してから、内定を獲得するまで早い人でも2ヶ月程度掛かります。

転職活動を始めるに当たって必要な準備は何もないですが、企業に応募する際には履歴書や職務経歴書を準備する必要があります。

まずは、将来のキャリアを相談するためにも、キャリアコンサルタントと面談してみましょう。

参考:SEの転職活動の進め方|必要な準備、活動時期、エージェントの役割

ステップ7:転職サイト・エージェントの選び方

目的別の転職サイト・エージェントの選び方
  1. WEB系を目指すのであれば「レバテックキャリア 」、「ポテパンキャンプ
  2. SIer系の社内開発を目指すのであれば「社内転職ナビ
  3. 求人数が多く豊富な選択肢から選びたいのであれば「マイナビエージェント
  4. 外資系やグローバル日系企業を目指すなら「JACリクルートメント」、「マイナビエージェント

転職活動を開始するに当たって、1番重要なのはエージェントの選び方です。目的に合わせた転職エージェントを選択することで、より条件が良い企業に転職できますね。

  • 希望する条件(仕事内容、給与、労働時間)の企業を一発で紹介してくれる
  • 企業とのマッチング率が高くなり書類選考通過率内定獲得率が高くなる
  • スムーズに進めることができ、転職活動を短期間で終わらせられる

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

ステップ8:転職に失敗しないテクニック

転職に失敗しないテクニック
  • 採用担当者に好まれる転職理由の書き方
  • 自分を正しくアピールできる自己PRの書き方
  • 採用担当者を納得させられる志望動機の書き方

転職活動で重要なのは、書類選考や面談などの「企業対策」ですね。実は「スキル」はそれほど重要視されません。

人事担当者が応募者を判断する上で基準としてるのは、「人柄(30%)」「志望動機(19%)」「転職理由(14%)」、5番目に「開発・スキル(11%)」です。(中途採用の面接に関するアンケート調査

採用担当者は論理的(左脳)に採用者を決めているように見えて、実は感情脳(右脳)で決めています。転職活動するために、資格取得や開発スキルが重要だという人がいますが具体的な根拠はないですよね。

参考:

  1. 【例文あり】客先常駐からの転職理由|絶対に面接を通過できる失敗しない書き方
  2. 【例文あり】SE転職の自己PRの書き方|面接官に好まれるポイント
  3. 【例文あり】SE転職の志望動機の書き方|コツは未完成で提出しない
  4. SEの転職でスキル不足の対策方法|確実に内定を獲得する3つの戦略

ステップ9:年収600万円のSEを目指す

年収600万円を目指す
  1. SIer系:要件定義や設計など上流工程に携わり、チームをマネジメントできる人材
  2. WEB系:小さいプロジェクトをひとりでも回せるハイブリッドな人材

客先常駐を脱出することが私たちのゴールではないですよね。専門職を選択した以上は、市場価値を高めて収入を安定させることを目的にしています。

収入を増やすために年収別で求められることも違ってきます。まずは、現在の職場で自分が求められていることが何か理解しましょう。

  1. 1〜3年目(年収300万円〜):実践的な開発スキルを習得する
  2. 3〜5年目(年収400万円〜):キャリアの方向性を明確に定める
  3. 5年目以降(年収500万円〜):上流工程へシフトしチームをまとめる役割り

参考:

  1. 高収入で転職したい|年収600万円に求められるスキルやSE求人は?
  2. 客先常駐SEが年収300万円から600万円を目指す方法
  3. SEが年収アップを実現する方法5つ|低収入は働く環境に問題がある

まとめ:客先常駐は辞められる?

客先常駐の辞め方
  • ステップ1:客先常駐の問題点とは?
  • ステップ2:客先常駐を辞めて得られること
  • ステップ3:簡単に客先常駐を辞められる理由
  • ステップ4:客先常駐の正しい辞め方
  • ステップ5:社内開発で働く4つの選択肢
  • ステップ6:転職活動の流れ
  • ステップ7:転職サイト・エージェントの選び方
  • ステップ8:転職に失敗しないテクニック
  • ステップ9:年収600万円のSEを目指す

どうでしょうか、実は客先常駐を辞めること自体は難しくないですね。IT業界は年率5%で急成長する中で、エンジニアが足りていないので楽に次の転職先を探すことができます。

客先常駐時代に感じていた不満とは?

客先常駐で働いていた頃、肉体的にも精神的にも消耗していました。気がついたら睡眠障害に陥り、睡眠薬なしでは夜も眠れなくなっていたほどです。

客先常駐時代の不満をあげるとキリがないのですが、具体的にはこのような不満がありました。

  1. 通勤時間を含めると会社の拘束時間は「15時間」以上
  2. 睡眠時間は毎日5時間、寝不足で日中は頭が働かない
  3. 偽装請負という「違法行為」を強要されていることに対する嫌悪感
  4. 職場は超激務か、運用保守で全く仕事がないかどちらかだ
  5. 社員の「9割」は客先常駐、社内開発は「1割」もない(しかも赤字)
  6. 評価制度がなく1年の昇給額は一律「3000円」だけ
  7. 残業代は支払われない、賞与は1ヶ月分(10万円)貰えれば良い方だ
  8. 「残業=頑張っている」という評価しか受けない
  9. 社長や役員は技術に関する知識が一切ない
  10. 本人の特性や思考は一切考慮されない
  11. 「1人」で客先に配属されることが何度もある
  12. 保守運用、オペレーションなどコマンド入力するだけの単純労働
  13. 自社の名刺ではなく他社の名刺を渡される
  14. 客先を「3ヶ月〜半年」単位で転々とさせられる
  15. 常駐先が変わるので職場に合わせて部屋を借りられない(通勤時間は1時間以上
  16. 有給申請しても1年目だと却下されることもある

同じように客先常駐に不満を感じている人は、常駐以外の働き方を目指して欲しいと思っています。

開発スキルに自信が持てない人へ

開発スキルに自信が持てなくて、どうしても転職に躊躇してしまう人は、経験者向けのプログラミングスクール がオススメです。

ポテパンキャンプの特徴
  1. オンライン制なので、仕事が忙しい社会人でも利用できる
  2. 受講生はRubyを習得し、3ヶ月でオリジナルのECサイトを製作できる
  3. ECサイトのURLを履歴書に貼り付けて、優良企業にスキルをアピールできる
  4. 転職サポートも無料で受けられ、受講後は自社開発している企業へ転職できる
  5. ポテパン経由の転職は、年収400〜500万円を想定している
  6. 受講料は3ヶ月で10万円と格安な上に、転職に成功すると全額返金される

公式サイト:お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

「ポテパンキャンプ」は、経験者向けのプログラミングスクールです。

ポテパンを運営するのは、エンジニアに仕事を紹介する人材紹介会社なので、一般的なITスクールと違い実践的なスキルを習得できます。

受講料が3ヶ月で10万円(他のスクールは20〜40万円)と格安なのは、WEB系企業への転職を前提としているからです。ポテパンに興味がある人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:ポテパンキャンプの悪い評判|年収500万円のRubyエンジニアを目指せる

大手転職エージェントの比較

転職活動を成功させるために欠かせないのは、転職エージェントの選び方です。自分の目的に合う転職エージェントを利用しましょう。

IT特化 求人量 求人質 満足度 デメリット
リクナビ × 業界最大手、求人数が多いが利用者も多く機械的な対応になってしまう。
DODA × 業界2番手、リクナビよりも求人数が少なく、担当者の押しが強い。
マイナビxIT 業界大手の『マイナビ』がIT業界に特化したエージェント。IT特化型だが、IT業界の専門性はやや低い。
レバテックキャリア 年収200万円アップを目指せる唯一の転職エージェント。『レバテックキャリア 』は、専門性は高いが求人数は大手より少ない。
社内SE転職ナビ × 社内SEを専門とした唯一の転職エージェント。『社内転職ナビ』は、社内SEに絞っているため、求人数は700件のみ。
ポテパンキャンプ × プログラミングスクールを利用した転職サービス。『ポテパンキャンプ』を利用すると、無料で開発スキルを習得できるが、提携先のIT企業は40社のみ。Rubyを習得し年収500万円を目指せる。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方