共通パーツ-転職エージェント3社の紹介

▼▼社内開発の転職に強い専門サイト3社▼▼

  1. マイナビ×IT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ社内SE専門だが、求人数は673件だけ
  3. リクルート求人数は多いが、未経験向けのブラックが多い

「緊急のお知らせ-2020年3月

コロナウイルスの影響で、転職活動を見送っている人が多いです。

しかしながら、この状況だからこそ、私たちは今すぐに転職活動を始める必要があります。なぜならば、今後本格的な経済危機に突入したら、3〜5年間は転職できなくなるからです。また、買い手市場から売り手市場に転落するため、現職の年収よりも確実に下がります。

経済がまだ好調な2019年、全国の有効求人倍率は1.6倍です(参考:厚生労働省)。しかし、リーマンショックの2009年、求人倍率は「0.45倍」まで急落していますその後5年間に渡って、求人倍率は1.0倍以下から回復していません。

求人倍率が1.0倍を下回ると、少ない求人を求職者が奪い合う形になります。

2009年は多くの開発案件が中止に追い込まれ、たくさんの派遣SEや客先常駐が強制退場されています私も当時若手社員で、常駐先から契約を切られました。次の常駐先が見つからず、会社を首になった人をたくさん知っています。もちろん、その後に就職活動しても、企業はもう人材を募集していません

そのため、経済危機が本格化してから行動してももう手遅れです。

今はまだ経済危機に陥る直前、かつ3月は求人数が多い最後の時期ですね。できれば今月中に企業から内定を得ている状態が望ましいです。今すぐに行動に移せなくても、転職エージェントに登録しすぐに応募できる形だけは作って置きましょう

私たちに与えられている時間は多くはありません。2月12日に高値24,217円を付けた株価は、3月13日に16,824円まで大暴落しています。米国、欧州、中国も日本と同様に全面安を記録しています。経済専門家は、2009年よりも状況は悪くなると予測しています。

私がこのように警告しているのは、2009年の金融危機で職を失い苦労したからです

客先常駐からの脱出が目的ならば、「マイナビ」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです

公式サイト:マイナビエージェント