共通パーツ-確実に客先常駐を避けられる3社

▼▼客先常駐からの転職に強い専門サイト3社は▼▼

  1. マイナビIT AGENT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ求人数は673件と、ブラック率も高い
  3. 『リクルート異業種への転職は、キャリアを活かせない

<2021年7月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:2021年3月更新:有効求人倍率とは?

コロナ禍は私たち常駐SEが、客先常駐を脱出する最後のチャンスです

飲食、小売、観光などが壊滅的な中、唯一好調なのがIT業界です。20年は予算削減で案件が急減するも、DX関連を中心に求人が伸びていますね。テレワークや巣ごもり需要の拡大を追い風に、EC、金融、オンライン教育など、幅広い業種が好調だからです。

米国ハイテク企業は、過去最高の決算を出すほど好調です(参考:GAFAM全社が過去最高益を更新)。これは米国だけではなく、日本のソニーも過去最高額の賞与169.6万円を21年夏に支給してます(参考:ソニー、賞与7カ月で過去最高に)。

ただし、コロナ不況はIT業界の格差をかつてないほど鮮明にしましたね。

客先常駐の8割がリモートに移行するも、以前と変わらず低賃金です。むしろ、代わりが効く単純労働が、在宅に移行した事で単価はさらに下落しています。相手の顔が見えない上に場所の制約がなくなれば、労働価値が低下するのは当たり前ですよね。

在宅後に契約解除され、そのまま自宅待機に突入するSEも増えてます。また、コロナで先が見えない事を理由に、20年から賞与の減額や廃止を決定した会社も多いです

私自身も、コロナ前に社内開発に転職した事で恩恵を受けています。

常駐時代の賞与はゼロだったが、転職先は21年も好調が続きます。冬賞与は見込みだが、昨年と同じなら160万円前後(夏60万円、冬70万円、決算30万円)です。私が優秀だからではなく、転職市場が好調な時に『適切なタイミング』で行動したからです。

21年7月現在は、過去10年で最も転職に最適な時期です。

なぜならば、IT需要が急激に増えるも、コロナを理由に行動しない人が多いからです。しかし、コロナ特需もオリンピック後には確実に消滅します。なぜならば、ワクチン接種が急速に進み、1年以上も先送りしていたSEが一斉に動き始めるからです。

接種率は32.8%まで上昇、20-30代も開始してます(参考:接種状況)。

転職市場に人が溢れると、開発経験が浅い常駐SEが社内案件に就くのは難しいです。また、コロナが沈静化し出社が始まれば、行動も厳しく制限されます。オリンピックが終わる前には内定を得る事を考えると、遅くても今月中には行動してないと手遅れです。

政治も経済界もオリンピックが、コロナ終息の契機になると見てます。

客先常駐から脱出するならば、「マイナビIT」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです社内開発に転職後の年収は4年間で300→520万円まで増え、契約更新や解除の不安から解放されました。

公式サイト:マイナビIT AGENT無料サービス登録まで3分