マイナビ×ITの悪い評判やデメリット|ハイキャリア求人が少ない

求人数
  1. 公開求人数:6,718件
  2. 非公開求人数:21,276件
  3. 未経験可:1,969件
  4. 海外求人数:328件
デメリット
  1. 年収600万円以上のハイキャリア求人は少ない
  2. 最大手のリクナビと比較して、求人数が少ない
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、スキルにバラツキがある
特徴・対象者
  1. 社内開発・社内SEに特化した転職サイトである
  2. 未経験者可の求人が多く、20〜30代前半の評価が高い
  3. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いている
  4. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  5. 大手2社が扱わない、優良中小企業を多数扱う
  6. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  7. 関東圏、関西圏以外の地方都市に対応している
事業所
  1. 東京:東京都中央区京橋3-7-1
  2. 横浜:神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
  3. 札幌:北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
  5. 大阪:大阪府大阪市北区大深町4番20号
転職成功例 客先常駐から社内開発」、「海外勤務へ
公式サイト SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

マイナビ×ITは、業界大手マイナビが運営するITに特化した転職エージェントです。そのため、IT専門にも関わらず、求人数が豊富で選択肢が多いのが特徴です。また、最大手リクナビやDODAが扱わない、中小の優良企業を多数扱います

ただし、マイナビは20代をターゲットにしているため、年収600万円以上のハイキャリア転職には向いていませんIT特化型の専門サイトですが、レバテックキャリア と比較して専門性はやや弱いです。

ここでは、マイナビのメリットだけではなく、デメリットも紹介します。

マイナビを利用したい人向け
  1. 「マイナビ×IT」の4つのデメリットは?
  2. 「マイナビ×IT」の3つのメリットは?
  3. 「マイナビ×IT」の口コミや体験談は?

「マイナビ×IT」の4つのデメリットとは?

マイナビのデメリットを詳しく紹介します。

その1:ハイキャリア求人が少ない

マイナビは、第二新卒世代や20代をターゲットにしています。そのため、30代以降のハイキャリア向けの求人は少ないです。

業界経験が長いSEの満足度は高くありません。

参考:http://career-theory.net/mynavi-agent-reputation-6876

年収600万円以上で転職したい人は、別のエージェントを利用しましょう。

その2:IT特化型だが専門知識はやや弱い

マイナビ×ITは、大手マイナビが運営するITに特化した専門サイトです。しかしながら、IT経験がある担当者は在籍していません。IT経験があるキャリアアドバイザーにお願いしたい人は、レバテックキャリア や社内SE転職ナビを利用しましょう。

技術レベルで深い知識がある担当者が付きます。

その3:最大手と比較して求人が少ない

マイナビは、IT専門サイトの中では求人数が多いです。しかしながら、業界最大手のリクナビと比較すると多くはないですね。リクナビのIT系の求人は5万件以上あります。

  • リクナビ:50,000件
  • マイナビ:21,276件
  • レバテックキャリア:4,000件
  • 社内SE転職ナビ:673件

豊富な選択肢の中から、就職先を選択したい人は大手2社を利用しましょう。

その4:関東、関西圏は強いが、地方の求人は弱い

マイナビの拠点は、関東圏(東京、神奈川)、関西圏(大阪)と名古屋、札幌、福岡の地方都市だけです。そのため、関東や関西以外で求人は少ないですね。

地方へ転職を考えている人は、全国に15箇所以上拠点があるリクナビ、もしくは2番手のDODAを利用しましょう。

「マイナビ×IT」の3つのメリットとは?

デメリットもありますが、もちろんメリットもありますね。ここでは、マイナビを利用するメリットを紹介します。

その1:20代の利用者から高い評価を得ている

マイナビは、20代から高い評価を得ています。

20代に人気が高い理由は...
  1. 丁寧な対応の担当者が多く、はじめての転職活動に向いている
  2. 自己PR、志望動機、面接対策など、手厚いサポートをしてくれる
  3. ハイキャリア向けでなく、20代向けの求人を多数所有している
  4. リクナビやDODAが扱わない、マイナビだけの優良企業がある

転職活動が初めての第二新卒や20代をターゲットにしているからです。誰に対しても親切に対応してくれます。

参考:http://career-theory.net/mynavi-agent-reputation-6876

その2:大手が扱わない優良企業を扱う

マイナビは、20代や第二新卒向けの求人に限っていえば、大手2社よりも質が高い求人を扱いますターゲットを明確化することで、限られたリソースに集中投下しているからです。

参考:http://career-theory.net/mynavi-agent-reputation-6876

私は過去にマイナビを利用して、客先常駐を脱出できました。

就職先は、海外に開発拠点があるSIer系の受託開発です入社後は社内開発に携わり、開発経験を積んだ後に海外勤務や海外出張も経験できました。この企業は、海外に事業展開していますが、社員数が100人未満の普通の中小企業です。

転職後は、年3回の賞与が支給され40〜60万円ペースで昇給しました。このような優良企業を多く扱うのもマイナビの特徴です。

その3:グローバルに展開する日系企業も多い

マイナビは、グローバルに海外展開する日系企業も多く扱います。公式サイトの求人検索では海外求人を検索すると、328件がヒットします

IT業界では、資金力がない中小やベンチャー企業も、積極的に海外進出していますね。目的は、安い労働力だけではないですね。国内の深刻な労働者不足を背景に、PGやSEを確保するためです。

▼▼客先常駐は必ず脱出できる▼▼

私はこの業界で働く1人でも多くの人に、客先常駐を避けて働いて欲しいと思っています。なぜならば、私自身が客先常駐に何年も苦しめられたからです常駐先で働くSEがいなくなれば、客先常駐の仕組みは成り立たないですね。

私の常駐時代の辛い3年間は、他の人にも決して味わって欲しくありません。

1社目に入社した先は、社員を客先に常駐させるだけのブラックでした。夜の11時過ぎまで働くも、残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円を下回る月もあります。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

一生懸命に働いても給料が増えないのは、過剰に中間摂取されているからです。

終電間際、ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親の事を思い、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に、私の人生は大きく生まれ変わりました。

現在私は、海外に開発拠点があり社内開発ができるIT企業で働いています。目標だった海外勤務も実現でき、年収は30歳手前で500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は朝が訪れる度に毎日幸せを感じています

私たちSEが、客先常駐を避けて働くのは難しくありません。

なぜならば、社内開発で働く事を最初から諦め、行動に移さないSEが多いからです。現状の仕組みや制度に不満を言うばかりで、具体的な行動に移すのは全体の1割もいないですよね。だからこそ、行動すれば確実に未来は変わります

私は実務の開発経験がゼロの時に、現在の会社に転職できました。現在も客先常駐で働き続ける元同僚と私の違いは、行動に移しかどうかだけですよね。将来家族ができた時に、自分の子供に勧められない働き方ならば、あなた自身も常駐先で働くのは辞めましょう。

客先常駐を辞めて変わった事は....
  1. 年収300万円 → 転職して4年後に520万円に増える
  2. 賞与は10万円未満 → 年3回の賞与で140〜160万円
  3. 昇給額は年3千円 → 賞与も含めて年40〜60万円
  4. 1人で常駐先に出向 → プロジェクトは全て社内開発
  5. 実務経験に乏しく転職先がない → 面談で+50〜80万円で掲示
  6. 毎日11時まで残業 → 納期月以外は定時に帰宅できる
  7. 運用保守、評価、資料作成 → 開発経験を積み小リーダーもできる
  8. 35歳で職を失う → マネジメントを経験し定年まで働ける
  9. 生涯孤独かもしれない → 家族が出来て毎日幸せを感じる

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。私自身がマイナビを利用する事で、客先常駐のブラックから脱出できたからです。

参考:【マイナビ×IT の評価】本当に客先常駐から脱出できるの?

「マイナビ×IT」の口コミや体験談は?

「マイナビ×IT」を利用して、たくさんの人が就職に成功させています。具体的には次の人たちです。

  1. 27歳女性:大卒で働き続けた派遣社員から、正社員でエンジニアへ就職する
  2. 29歳男性:2次請けからWEB系に転職して、年収が150万円も増えた
  3. 28歳男性:客先常駐の2次請けから、業績が安定した上場企業
  4. 29歳男性:人工衛星関連の保守運用から、データーベースエンジニアへ
  5. 27歳男性:金融系の客先常駐から、信託銀行のシステムエンジニアへ

参考:マイナビAgent(ITエンジニアの転職)

では、実際にどういう人が利用しているのか見てみましょう。

29歳男性)SIer系からWEBエンジニアへ(年収150万円アップ)

>前職の仕事内容は?

Webアプリ系のシステムエンジニアです。二次請けが多く、通信系の業務アプリを開発していました。経験年数は六年です。
業務内容はサブリーダーを経験してきており、協力企業の管理などを行ってました。主にJavaの開発に従事し、作り方の取りまとめや、ソースのレビューなどをおこなってきました。

>転職を考えたキッカケは?

年収が低いと感じていたので、年収の向上を目的にしていました。
業界を絞って、開発をやる業務知識を持ったエンジニアになりたいと漠然と思ったりしていました。
ネットで求人を見たりしていてもあまり転職のイメージができませんでした。
一度転職してみたいと思ってみたものの、リスクが大きいと考え、なかなか実際の応募などはおこなっていませんでした。

>入社を決めた理由は?

年収の向上と、より専門知識を身につけてプライムな案件に携われることが魅力的でした。また職場も本社固定であり、客先常駐でないことも魅力的でした。規模的にも100人程度ですがちょうど良いと感じています。
面接時にも自分に興味を持っていただいて話をキチンと聞いてくださっているのが伝わり、この会社で働いていきたいという気持ちになりました。

>マイナビの感想は?

年収の向上を目的にしていたのですが、150万円程上がったのは正直驚きました想像していた以上の成果が出て、転職活動をやって良かったと本当に思いました。
今後のキャリアにつながるような転職になったと思い、とても満足しています。

27歳男性)金融系の客先常駐から社内SEへ

>前職の仕事内容は?

金融業界のお客様先に常駐し、Javaのスクラッチ開発、保守案件に参画しました。営業店端末システム、AMLシステム、インターネットバンキングシステムといった銀行系システムをメインで担当しました。要件定義からリリースまで、システムエンジニアとして作業を実施してきました。

>転職を考えた理由は?

よりユーザーに近い立場で仕事がしたいと考えたためです。ユーザーと直接コミュニケーションを取り、システム企画からリリース、保守まで一貫したプロジェクト経験を積みたいと思いました。

>入社を決めた理由は?

ユーザーと直接コミュニケーションを取り、システム企画からリリース、保守まで一貫したプロジェクト経験がしたい、という自身の転職理由を叶えることが出来ると感じたからです。また複数回の面接を通じて、人を大切にする会社だと感じたからです。

>マイナビを利用した感想は?

初めての転職だったため、職務経歴書を書いたり面接を受けたりする際、これで合ってるのか自信がなく不安でした。

転職について何も知らない状態を理解して、目線を合わせてご対応いただいたと思います。転職活動とはどういったことをやるのか、全体から詳細まで順を追ってご説明いただき、非常に分かりやすい説明をしていただいたと思います。転職活動を始めたての頃は自分が何をやりたいのかも明確ではありませんでしたが、会話を通じて引き出していただいたと思います。

28歳男性)客先常駐から上場企業へ

前職の仕事内容は?

新卒入社で経験年数は5年で、客先常駐型のシステム開発が8割、受託開発が2割程度でした。2次請け以降の案件が多かったですが、稀に顧客折衝を含む要件定義に関われることもありました。Webシステムが主でしたが、客先次第では機械制御に関わる分野もありました。.Net系の開発を多く担当し、C#とVB.netが8割程度を占めていました。メーカー、ユーザー問わず様々な案件があり、ポジションもプロジェクトによって様々でした。

転職を考えたキッカケは?

給与が同業他社と比較して極端に低く、さらに今後の昇給も望めなかったためです。自宅のローンや、今後子供に掛かるお金を考えた結果、現在の会社では生活が難しくなると感じました。また、残業して稼ぐという給与体系でしたが、プロジェクトでの作業にやりがいがなく、残業もあまりできなかったです。社内の体系が大きく変わりつつあり、上長クラスの異動が頻発しており、将来も不安でした。

転職活動中に感じた不安は?

給与アップは絶対条件でしたが、それに伴い通勤時間が長くなることが不安でした。求人を見ただけでは分からない社内の雰囲気や社風も不安でした。また、現在の会社での取得したスキルがどの程度まで通用するか指標がない事も不安要因でした。

入社を決めた理由は?

給与などの待遇が良く、上場企業として業績の安定感についても期待できると感じたためです。また業務内容についても、Web開発が主になるとの事で、自分がやりたかった仕事が出来ると感じました。勤務地についても、アサイン前に行けるかどうか確認していただけるとの事で、入社を決意しました。

マイナビの感想は?

約1か月という限られた時間の中で、給与面、勤務地などの細かい条件に応えて求人紹介をしていただいた事や、自己応募、他のエージェントでの応募を問わず相談に乗っていただけさらに電話での細かいフォローなどもあり、転職に対して尻込みする時間もないほど、いい意味で忙しく動き回れました。

体験談は公式サイトの転職成功事例から載せています。たくさんの人たちが、転職に成功している事がわかりますね。

▼▼退職後の転職活動は絶対に辞めましょう▼▼

IT業界で働いていると、次の就職先を決める前に会社を辞める人が少なくありません。毎日のスケジュールや納期に追われ、将来を考えるのが億劫になり、衝動的に逃げ出したくなるからです。

離職期間がある転職は、100%の確率でブラックに入社します。私は突発的に会社を辞めてしまい、次の職場が見つかるまで6ヶ月間の無職生活を経験しました。その後の就職先もブラックで、再び苦しめられました。

だからこそ、内定を獲得する前の退職は絶対にお勧めできません。

ブラックに就職する理由は...
  1. 働いていない期間は、企業から見たらマイナス要素しかない
  2. 問題がある人材と見なされ、ブラック以外で書類選考を通過できない
  3. 足元を見られるため、3年以上の経験でも1年目と同じ給与条件で掲示される
  4. 離職期間中の資格取得、スキルアップは一切評価されない
  5. 生活費を切り崩して生活するため、精神的に不安定になる

在職していれば、条件が良い企業から内定を得られなければ、転職しない選択肢をいつでも取れます。必要なスキルを習得して、1年後に再び就職活動に臨む事もできますね。

離職すると時間的な制限が生じます。離職期間が延びるほど、金銭面でも条件面でも不利になるので、事前にブラックだとわかっても就職せざる負えません。優良企業や普通のIT企業は、離職期間がある人材は書類選考で落とします

まとめ:マイナビ×ITの悪い評判は?

マイナビのデメリットは...
  1. 20代向けなので、ハイキャリア求人が少ない
  2. IT特化型だが、他のSE向けサイトよりも専門性は弱い
  3. 最大手のリクナビと比較して、求人数は半分未満
  4. 関東、関西圏は強いが、地方の求人は少ない

マイナビ×ITは、大手マイナビが運営するIT特化型の専門サイトですね。20代向けであれば大手2社よりも、質が高い求人を多数扱います。また、丁寧なサポートで評価が高く、初めての転職活動に向いています。

ただし、マイナビは30歳以上のハイキャリア層には向いていません。

年収600万円以上で転職したい人は、より専門性が強いレバテックキャリア や社内SE転職ナビを利用しましょう。求人数は少ないが、経験者向けに質が高い案件がたくさんあります。

1日も早く転職した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています

参考:転職求人倍率レポート(2018年4月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までです。

なぜならば、景気サイクルは8年周期で周り、再び金融危機が発生するからです。2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時20,418円(8月15日)まで落ち込みましたね

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。アップル株はiPhoneの販売不振で暴落していました(232→142ドル)。一度不景気が発生したら、1週間も経たない内に株価は半値以下まで暴落します。

求人倍率が1倍を下回ると、客先常駐で働くSEの大半が首を切られます2008年の金融危機では、常駐先のフロアの空席が3分の1まで増え、半数以上の常駐社員が自社に帰らされました。

そうなる前に、私たち常駐SEは具体的な行動に移す必要があります。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. プロジェクトの予算が縮小され、労働者が市場に溢れる
  2. 客先常駐の半数以上は、翌月以降の契約を更新できない
  3. 求人数が3分の1以下になり、転職したくてもできない
  4. 不景気になると、優秀なSE以外は内定を獲得できない
  5. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  6. 少ない労働者で現場を回すため、今より労働時間が増える
  7. 失業を避けられても、転職の機会を失い次の5年間も同じ現場で働く
  8. 人件費が安い外国人を採用し、日本国内の開発が激減する
  9. 常駐先には、中国人、インド人、ベトナム人、フィリピン人が増える
  10. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

客先常駐の最大の問題は、開発経験が積めない事です。開発経験が積めないと、手を動かすだけの労働者と変わらないため、転職もできないですね。

専門スキルを身につけ必要な人材に成長できれば、リストラされる心配もなくなります。まずは、客先常駐を抜け出して1日も早く、専門スキルが磨ける社内開発に転職しましょう。専門スキルを身につけらば、将来の漠然とした不安もなくなります。

転職活動に必要なものは

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありませんまた、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「実務で1度も開発経験がなくても、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

30歳時点で年収に200万円も差があると、残りの生涯年収で6000万円も違いますねブラックで働いている劣等感で家族を持つこともできず、一生涯孤独で生きていたと思います。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動く予定があるならば景気が上向いている今行動した方が良いです2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れである可能性が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。

マイナビは、社内開発や社内SE向けの求人を多数扱います。

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です