【例文あり】自社開発系に採用される志望動機の書き方は?

自社開発系のIT企業に就職したいけれど、志望動機で何を書けば良いのかわからない人も多いですよね。実務経験が十分でも、自己PRや志望動機の完成度が低く落とされる人も少なくありません。

  1. 「自己PRや志望動機で、具体的に何を書けば良いかわからない…」
  2. 自社開発に就職するために、志望動機は何を書くべき…」
  3. 「志望動機を考える上で、何を重視すれば良いの…」

豊富な実務や開発経験がないと、自社開発系に就職するのが難しいと考えている人は多いですよね。しかしながら、スキルが浅くても完成度が高い志望動機を書ければ、内定を得られる確率は高くなります

実際には募集要項のスキルに達していなくても、自社開発から内定を得られます。なぜならば、人材不足の状況下では、欲しい人材を獲得できるのは稀だからです。

実際に採用担当者に話を聞くと「現場に人が足りていないときは業界未経験者でも採用する」と言います。むしろ、募集要項のスキルを満たす人材を採用するケースの方が少ないですね。

にも関わらず、たくさんの人が落とされるのは、採用担当者が知りたい事ではなく自分が言いたい事を伝えるからです。採用担当者が知りない内容をシンプルに伝えるだけで、内定は簡単に得られます。

そのためには、自己PRや志望動機が重要になりますね。

ここでは、志望動機を書く上で重要なポイントや、具体的な志望動機の書き方を紹介します。

自社開発で働きたいSE向け
  1. 志望動機に何を書けば良いかわからないSEの声は?
  2. 志望動機を考える上で重要なポイントは?
  3. 自社開発に好まれる志望動機の例文とは?

▼▼社内開発の転職に強い専門サイト3社▼▼

  1. マイナビ×IT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ社内SE専門だが、求人数は673件だけ
  3. リクルート求人数は多いが、未経験向けのブラックが多い

「客先常駐から、脱出できる事を知っていますか?」

常駐先で働いていた頃、私は将来の不安で夜も満足に眠れませんでした。毎日夜11時まで働くも、残業代は1円も支給されず、銀行口座に振り込まれるのは17万円だけ一生懸命に働くも、時給が700円を下回る月があるほど、過酷な労働環境でした。

心身ともに限界だった時に、知人に転職サイトを勧められ半信半疑で就活を始めます。その2ヶ月後に、現職の社内開発から内定を貰いました。収入は大幅に増え4年後には年収300→520万円、納期がない月は毎日定時に退社しています。

常駐SE時代の賞与は、5万円が支給されれば良い方でした。

転職後の賞与は、最高額で140万円(夏60万円、冬55万円、決算25万円)です。今も1社目で常駐SEを続ける元同期は、8年間の昇給額で30万円(年収330万円)しか増えていません。8年ぶりに彼女に再会しこの話を聞いた時、背中から嫌な汗が止まらなかったです…

客先常駐からの脱出が目的ならば、「マイナビ」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです

公式サイト:マイナビエージェント

志望動機に何を書けば良いのかわからない…

志望動機に何を書けば良いかわからず、悩むSEは多いですよね。

Aさん)志望動機が抽象的すぎる…

IT業界の志望動機と自己PRの内容です。どなたか、ご意見をいただけないでしょうか。

IT業界は私たちの環境を変え、生活スタイルを新しく生み出してきました。国境を越えて世界をグローバル化し、今後未来においても新しい革新を続けていく業界だと魅力に感じています。未来は自分たちの手で創っていく、これが私達世代に求められていることだと思っています。私はIT業界でこれからの世界を作っていきたいです。御社は大勢のSEの方々が社会のニーズに応え、幅広い業界の方とも繋がりを持って、社会の新しい変革に貢献していることを知りました。私自身、御社の一員となり、今後世の中の変革に素早く対応できる技術と多角的視野をもったSEを目指したいです。私は一つの事を集中的に調べ、考え突き詰める性格です。また諦めない性格だとも思っています。前向きな行動が結果にもつながると思います。御社で世界の多様なニーズに挑戦したいです。

参考:Yahoo知恵袋

抽象的な言葉ばかりが並び、何を言いたいのか伝わらないですね。

未来は自分たちで手で創っていくとは、具体的に何にをするのでしょうか?また、未来を創る過程で、あなた自身は何をしたいのでしょうか?世界の多様なニーズと言われると、誰が見ても意味が通じないですね。

また、御社は社会のニーズに応えているとありますが、それは全ての企業に当てはまることです。集中的に調べて考えを突き詰める性格とあるが、それを示す根拠もありません。

Bさん)自己PRと志望動機に一貫性がない…

新卒の志望動機と自己PRの添削をお願いします。IT業界です。文系の未経験者です。

【志望動機】IT業界の更なる魅力を引き出し、ITの面白さをより多くの人に伝えていくという企業理念に魅力を感じ志望しました。私の長所はコツコツと粘り強く取り組む継続力です。大学のGPAの成績で高評価を取ろうと日々コツコツと努力していったところ、年々向上していき、ゼミの担当者からも褒められ、自分も自慢できるほど好成績を残すことができました。貴社のソーシャルゲーム開発に興味があり、入社後はゲームで学べる勉強アプリの開発に携わり、商品として提供できるよう実行していければと考えておりますこれから更にAIが急速に発達していくことは明白なため、是非貴社でプログラミングの基礎から学び、いち早く活躍できるよう日々尽力して参る所存でございます。

【自己PR①チャレンジ精神】私の強みはチャレンジ精神がある所です。通信講座で資格取得をしていて、合格したためインタビューを受けませんかと誘いを受けました。この時、自身の引っ込み思案な性格を無くそうと思い出演を承諾しました。カメラやインタビュアーに囲まれて発言するという人生で初めての経験でしたが、現場の方々が落ち着いたアットホームな雰囲気で接してくれたためリラックスして対応することができました。この経験をきっかけに未経験ではありますが、貴社でも新たなITのスキルを身につけるチャレンジをどんどん実行していきたいです

最後に企業が求める人材は①主体性、②想像力、③発信力、④実行力の4つなのですが必ず企業が求める人材に当てはまらないといけないのでしょうか?一応、実行力は履歴書にある学業以外で力を注いだことに書いたため自己PRでは自分が一番自身のある強みを書いています。これではいけないでしょうか?
長くなりましたが、回答の方宜しくお願い致します。

参考:Yahoo知恵袋

質問者さんは面接官に何を伝えたいのか伝わらないですね。

ソーシャルゲームと学習アプリでどちらを開発したいのかわかりません。その後に人工知能にも触れているが、関連性はないですね。自社開発であれば、ゼロからプログラミングを教えてもらう考えは甘いです。

レベルが高い企業であれば、成果物を提出することを求められます。

また、自己PRと志望動機に一貫性がないのもマイナスですね。自己PRで自身が望む方向性や特性を示した上で、御社を志望する理由を伝えないと一貫性が生まれないですね。

以上のように、多くの人が志望動機の書き方に頭を悩ませています。自社開発系はSIer系の受託開発や客先常駐と比較して、採用ハードルが高いですなぜならば、自社で売上が挙げられないと、会社が潰れるからですね。

ここでは、自社開発系の志望動機の書き方のポイントを紹介します。

志望動機を考える上で重要なポイントは?

自社開発系の志望動機を考える上では、次の3つのポイントを整理しましょう。

その1:自社開発の採用事情を把握する?

自社開発系の採用事情は...
  1. スタートアップが多く、採用や教育にコストを掛けられない
  2. 経験者を採用するの難しく、常に人材が足りていない
  3. 大手ベンチャーは安定しているが、競争倍率が高く入社が難しい
  4. 具体的なプログラミング能力が重視される
  5. レベルが高い企業は、オリジナルの成果物を応募者に求める

自社開発系は、SIer系の受託開発と違い、即戦力を重視する傾向があります。なぜならば、人材を採用すればクライアントから、人月単位で報酬が得られるわけではないからです。

スタートアップやベンチャーが多く、赤字経営の会社も少なくありません

採用や教育に投資できる余裕は少なく、即戦力で働くためにプログラミング能力がより重視されます。また、自発的に行動できる人物でなければ、採用されません。

その2:自社開発で好まれる人材は?

自社開発で好まれる人材は...
  1. IT技術やプログラミングが純粋に好きな人
  2. 学習意欲が高く、自らスキルを学んでくれる人
  3. マネジメントよりも、技術系のスペシャリストを目指す人
  4. 年功序列にとらわれずに、若くても責任ある仕事がしたい人
  5. 企画やマーケティングを考えるのが好きな人

上記のポイントを踏まえた上で自己PRと志望動機を記載します。自社開発系の志望動機では、IT技術やプログラミングにどれだけ関心があるかを見られます関心を具体的に示すストーリーも必要ですね。

IT技術やプログラミング以外を記載しても、採用担当者が関心を示すことはありません。

その3:自社開発に嫌われる志望動機は?

自社開発に嫌われる志望動機は...
  1. 保守的な人物である事が、相手に伝わる
  2. 自発性が低く、他人本位な性格だと判断される
  3. 自己PRと志望動機に一貫性がない
  4. 抽象的な言葉が多く、何を伝えたいのかわからない

自社開発から見て、保守的な性格が伝わる志望動機は嫌われます。

仕事に将来の安定を求める人は、自社開発には向いていません。なぜならば、変化が激しいWEB業界で、先の事を予想する事自体が無意味だからです。競争相手は常に増え続け、新しい技術も常に生まれる分野ですね。

安定を求める人は、SIer業界の受託開発や社内SEを目指すべきですね。IT業界では、安定志向の社員が集まるほど、会社の売上は顕著に下がります

また、「御社でプログラミングの基礎や最先端技術(人工知能、クラウド)を学びたい」と伝えるのもNGです。なぜならば、自発的に行動できない人物だと評価されるからです。

自社開発系を目指すならば、自ら新しい技術を学ぶことを求められます。そして、それが伝わるように記載する必要がありますね。

では、自社開発に就職できる志望動機の書き方を具体的に紹介します。

自社開発に就職できる志望動機の書き方は?

高い評価を得る志望動機とは...
  1. IT技術やプログラミングに、意欲がある事をアピールする
  2. 言葉だけではなく、具体的な行動で説明する
  3. オリジナルアプリの開発経験を志望動機に記載する
  4. 自己PRと志望動機は、一貫性を持つ

実務経験が浅いと、内定を得るのが難しと考える人は多いですね。

しかしながら、実際には募集要項のスキルに達していなくても、自社開発から内定を得られます。なぜならば、人材不足の状況下では、欲しい人材を獲得できるのは稀だと、採用担当者も知っているからです。

実際に採用担当者に話を聞くと「現場に人が足りていないときは業界未経験者でも採用する」と言います。むしろ、募集要項のスキルを満たす人材を採用するケースの方が少ないです。

にも関わらず、たくさんの人が落とされるのは、採用担当者が知りたい事ではなく自分が言いたい事を伝えるからです。採用担当者が知りない内容をシンプルに伝えるだけで、内定は簡単に得られます。

自社開発で知りたいのは、IT技術に純粋に興味があるかだけですね。

「プログラミングやIT技術に高い関心があります。そのため、プログラミングを学ぶ気持ちは人一倍強いです。御社に入社したら、積極的に新しい技術を学んで優秀なエンジニアになりたいです。」

これでは、相手に伝わらないですよね。

「私はプログラミングやIT技術に高い関心があり、業務時間以外にもネットの動画や参考書を購入して自ら勉強しています。しかしながら、独学だけで学ぶのは限界があると思い、先月からオンラインで学べるスクールを利用してます。スクールでは、オリジナルのWEBサイトやECサイトを短期間で制作します。客先常駐で開発経験を積むのは難しいですが、スクールではチームで開発でき楽しく参加しています

応募者の熱意が伝わる理由は、願望だけではなく実際に行動に移しているからです。

低いスキルを大きく見せるのは、リスクが高くリターンが低いですね。なぜならば、嘘がバレた時に評価が下がり、確実に落とされるからです。相手はプロのエンジニアなので、嘘は簡単にバレます。

しかしながら、熱意を伝えるのは私たちの気持ち次第ですね

採用担当者は、予定した募集人数に合わせて人材を確保するため、前向きな人物であれば内定候補者に名前が上がります。

また、オリジナルアプリの開発経験があれば高い確率で採用されます。しかしながら、成果物はハードルが高いと考える人も多いですね。少し伝え方を変えると、自宅で開発環境を揃えて成果物を制作するだけ」で、自社開発系から確実に内定を得られます。

自社開発を目指す人は、プログラミングスクール経由での転職を考えましょう。なぜならば、オリジナルアプリの製作をサポートしてくれる上に、自社開発系の企業を紹介してくれるからです

参考:【経験者向け】客先常駐にお勧めのプログラミングスクールは?

ここからは、具体的に自社開発に好まれる志望動機の例文を紹介します。

自社開発に好まれる志望動機の例文とは?

スマホアプリを開発する企業に応募する場合の志望動機です。

私は人一倍好奇心が強く、新しい事に挑戦するのが好きな性格です。そのため、業務時間以外でも、目標を決めて新しい事に挑戦しています。

自宅で使用するパソコンはMacなので、iPhoneアプリを開発しストアにリリースした事があります。また、次のプロジェクトで使う言語が初めてだったので、開発環境を揃えてPHPで簡単なWEBサイトを作成しました。プロジェクト開始前に事前に学習した事で、初めての言語でも予定通りに作業を進められました。

私は常駐先で働いているが、普段の業務は開発案件に就けない事の方が多いです

独自のスマホアプリやサービスを開発する御社を応募した理由は、業務時間内に同僚や仲間とiPhoneアプリの開発をしたいと思ったからです。

私がiPhoneアプリを開発した動機は、常駐先でスキルが積めない危機感からです。しかしながら、平日の夜や週末にひとりで黙々と作業するうちに、チームでアプリを開発したい気持ちが強くなりました。

今現在は、簡単なアプリやツールを開発する能力しかないですが、業務時間以外にも積極的に新しい事を学び技術を吸収したいと思っています。

以上のように、良い志望動機とは相手に熱意や動機が伝わる事ですね。そのためには具体的な行動を示す必要がありますまた、自己PRと志望動機が一致している方が、一貫性が生まれ相手の記憶に残りますね。

ここでは、客先常駐を辞めて自社開発に転職する方法を具体的に紹介します。

「諦めなければ、必ず客先常駐から脱出できる」

客先常駐で働く多くのSEに、社内開発を目指して欲しいと思っています。

なぜならば、私自身が客先常駐やSESに長年苦しめられたからです客先常駐では将来性がない上に、出向先や自社に都合良く使われ、需要がなくなれば切り捨てられます。常駐先で契約解除されたら、自社でも居場所を失い失業するしか道はありません

私がIT未経験で入社した先は、社員を客先に常駐させるだけのブラックでした。毎日夜11時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親の事を思い、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、臆病だった私は行動に移せず、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

そして、その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね

ぶっちゃけ、客先常駐を脱出するのは難しくありません。なぜならば、常駐SEの大半は飲み会で愚痴るだけで、実際に行動に移す人は全体の1割もいないからです私たちが実際に行動に移せば、意外と簡単に社内開発に転職できます。

客先常駐で働くSEがいなくなれば、客先常駐やSESは潰れるしかありません。私が社内開発を勧める理由は、社員を常駐させるだけのブラックは潰れて欲しいからです。そのためには、ずは私たち自身が行動しなければなりません

私は過去にマイナビを利用して、客先常駐から脱出して社内開発に転職しました。マイナビは親切な担当者が多く、客先常駐から抜け出せるか不安を感じている人に向いています

公式サイト:マイナビエージェント

常駐SEを辞めて自社開発で働く方法は?

自社開発系に就職するには、企業の見分け方、志望動機など、正しい戦略を持って就職活動する必要がありますね。なんとなくで企業選びをすると、客先常駐以上のブラックな会社に就職します。

方法1:自社開発でホワイト企業の見分け方

自社開発の見分け方は...
  1. 社員1人当たりに対する、自社製品の売上が安定している
  2. メインのサービス以外に、複数の収入源がある
  3. 月額制やライセンス料など、安定した固定収入がある
  4. 自社開発とは別に、平行して受託開発もしている
  5. 競争が激しいIT業界で、5年以上生き延びている
  6. 独自性が高く、他社と差別化できるサービスがある

自社開発系は、会社を見分けるのが難しいです。なぜならば、会社の規模や下請構造の序列で単価が決まるSIer系と違い、様々な事業が多くSEの給与を決める基準がないからです。競合他社が少なく大きく稼ぐ会社もあれば、消耗戦で赤字経営に苦しむ会社もありますね。

自社開発を見分けるには、売上高と従業員数に着目しましょう。1人当たりの売上高が高い企業は優良企業と言えます。例えば、100人で10億円の売上があれば、SE1人当たり1千万円ですね。そうすると、SEの適性年収も333〜500万円と逆算できます。

自社開発系は、SEの能力が企業の売上に直結しますね。

参考:自社開発のホワイト企業の見分け方は?|実はブラック率は6〜8割

方法2:自社開発に就職はエージェントが有利

自社開発系への転職は、エージェントを利用した方が良いです。なぜならば、エージェントを利用することで企業の質を担保できるからです。

自社開発系は、設立間もないスタートアップが多く、ブラックに当たる可能性も高いです。しかしながら、資金に余裕がないベンチャーは、採用コスト(90〜120万円)が掛かるエージェントを利用できません。

そのため、結果的に質が悪いブラックも避けられますまた、自社開発系は多種多様な事業があるため、自分の力だけで企業研究は難しいですよね。エージェントに応募する企業を絞ってもらう必要があります。

自社開発系の中では、「レバテックキャリア」が1番お勧めです。なぜならば、WEB業界で実績があるIT企業が運営しているからですそのため、企業の内部事情に詳しいなど、リクナビやDODAにはない強みがあります。

レバテックキャリア のメリットは...
  1. 客先常駐から、WEB系の自社開発に転職できる
  2. 大幅な年収アップが狙える、唯一の転職サービス
  3. 技術レベルで話が通じる、キャリアエージェントが担当してくれる
  4. 企業ごとに経歴書・面接対策してくれるため、通過率が高い
  5. 優良企業にレバテックの社員がいるため、WEB系の内部事情に詳しい
  6. 最大で、年収320万円アップの転職実績がある
  7. 内定獲得後に、無料でプログラミングのオンライン学習できる

公式サイト:大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

レバテックキャリア を利用すれば、高い確率で自社開発系のIT企業に就職できます。レバテックの評価を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

評価:【レバテックキャリアの評価 】本当にWEB系の自社開発に転職できる?

方法3:プログラミングスクール経由で就職する

自社開発系に就職するには、プログラミングスキルが必須です。また、最近では目に見える形で、成果物やソースコードの公開を求める企業が増えていますね。

開発スキルに自信がない人は、スクール経由で就職するのもひとつの手です。スクールは、オリジナルアプリの製作もサポートするため、それを武器に優良企業にアピールできるからです。

スクールを利用するメリットは...
  1. 短期間でスキルを習得でき、3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 現役講師から、質が高いプライベートレッスンを受けられる
  4. 本業が忙しくても、仕事とスクールを両立できる
  5. オンライン制のため、地方や海外からでも利用できる
  6. エンジニア転向コースを利用すると、授業料が無料になる

自社開発に就職しやすいスクールを紹介します。

参考:自社開発にお勧めのプログラミングスクール3校は?

▼▼退職後の転職活動は絶対に辞めましょう▼▼

IT業界で働いていると、次の就職先を決める前に会社を辞める人が少なくありません。毎日のスケジュールや納期に追われ、将来を考えるのが億劫になり、衝動的に逃げ出したくなるからです。

離職期間がある転職は、100%の確率でブラックに入社します。私は突発的に会社を辞めてしまい、次の職場が見つかるまで6ヶ月間の無職生活を経験しました。その後の就職先もブラックで、再び苦しめられました。

だからこそ、内定を獲得する前の退職は絶対にお勧めできません。

ブラックに就職する理由は...
  1. 働いていない期間は、企業から見たらマイナス要素しかない
  2. 問題がある人材と見なされ、ブラック以外で書類選考を通過できない
  3. 足元を見られるため、3年以上の経験でも1年目と同じ給与条件で掲示される
  4. 離職期間中の資格取得、スキルアップは一切評価されない
  5. 生活費を切り崩して生活するため、精神的に不安定になる

在職していれば、条件が良い企業から内定を得られなければ、転職しない選択肢をいつでも取れます。必要なスキルを習得して、1年後に再び就職活動に臨む事もできますね。

離職すると時間的な制限が生じます。離職期間が延びるほど、金銭面でも条件面でも不利になるので、事前にブラックだとわかっても就職せざる負えません。優良企業や普通のIT企業は、離職期間がある人材は書類選考で落とします

まとめ:自社開発の志望動機の書き方は?

高い評価を得る志望動機とは...
  1. IT技術やプログラミングに、意欲がある事をアピールする
  2. 言葉だけではなく、具体的な行動で説明する
  3. オリジナルアプリの開発経験を志望動機に記載する
  4. 自己PRと志望動機は、一貫性を持つ

豊富な実務や開発経験がないと、自社開発系に就職するのが難しいと考えている人は多いですよね。しかしながら、スキルが浅くても完成度が高い志望動機を書ければ、内定を得られる確率は高くなります

実際には、募集要項のスキルに達していなくても、自社開発から内定を得られます。なぜならば、人材不足の状況下では、欲しい人材を獲得できるのは稀だからです。

実際に採用担当者に話を聞くと「現場に人が足りていないときは業界未経験者でも採用する」と言います。むしろ、募集要項のスキルを満たす人材を採用するケースの方が少ないですね。

にも関わらず、たくさんの人が落とされるのは、採用担当者が知りたい事ではなく自分が言いたい事を伝えるからです。採用担当者が知りない内容をシンプルに伝えるだけで、内定は簡単に得られます。

大切なのは、プログラミングやITスキルに関心がある事を率直に伝える事です。そんためには、具体例やストーリーを紹介する必要がありますね。そもそも、技術に関心がないから志望動機を書けないと言う人は、自社開発には向いていないですね

興味が持てない人は、別の選択肢も考えてみましょう。WEB系の自社開発以外にも、SEとして働く方法はたくさんありますね。

1日でも早く行動に移した方が良い理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています

参考:転職求人倍率レポート(2018年4月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2020年4月までです

なぜならば、オリンピック特需が終わり、日本経済の景気が再び落ち込む可能性が高いからですIT業界は、建築業界の次にオリンピック特需を受けています。オリンピック開催が決まった2013年以降、官公庁からの大規模システム開発案件が右肩上がりに増えていました。

オリンピック開始前に特需も終わり始め、現在は新規の開発案件が急激に減り始めています

2020年は、これまでよりも慎重に景気動向を注視する必要があります。なぜならば、オリンピック特需の終わりに加えて、前回の金融危機からすでに12年が経過したからです8年周期に景気サイクルは来るが、もう4年もオーバーしていますね。

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。

次に金融危機が発生した時に最も影響を受けるのはシリコンバレーです。2008年以降投資が加熱し続け、スタートアップ企業だけでも1兆2500億円の資金調達に成功しています(参考:「多くのスタートアップがくだらない」ーーシリコンバレーの有名投資家)。

2008年の金融危機のように求人倍率が1倍を下回ると、常駐SEを受け入れる社内開発はなくなりますさらに、常駐先に出向しているSEの大半が契約解除されますね。実際に2008年の金融危機では、大手企業にある常駐SEの作業デスク3分の2が空席になりました

2020年の4月入社を逃すと、社内開発に転職するチャンスは永遠に来ないかもしれません。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. プロジェクトの予算が縮小され、労働者が市場に溢れる
  2. 客先常駐の半数以上は、翌月以降の契約を更新できない
  3. 求人数が3分の1以下になり、転職したくてもできない
  4. 不景気になると、優秀なSE以外は内定を獲得できない
  5. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  6. 少ない労働者で現場を回すため、今より労働時間が増える
  7. 失業を避けられても、転職の機会を失い次の5年間も同じ現場で働く
  8. 人件費が安い外国人を採用し、日本国内の開発が激減する
  9. 常駐先には、中国人、インド人、ベトナム人、フィリピン人が増える
  10. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

次の不景気に備えて、1日も早く社内開発に転職し経験を積む必要があります。

専門スキルを身につけ、必要な人材に成長さえできればリストラされる心配は消えます単純労働しかできない常駐SEと違い、専門知識やスキルがあれば会社が倒産しても生き残れます。

転職活動で今すぐに必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありませんまた、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「実務で1度も開発経験がなくても、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

30歳時点で年収に200万円も差があると、残りの生涯年収で6000万円も違いますねブラックで働いている劣等感で家族を持つこともできず、一生涯孤独で生きていたと思います。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動く予定があるならば景気が上向いている今行動した方が良いです2020年の4月以降では、オリンピック特需が終わり手遅れである可能性が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。マイナビは親切な担当者が多く、客先常駐から抜け出せるか不安を感じている人に向いています

私自身が4年前に、ブラックを脱出できたので1番のお勧めです。

公式サイト:マイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です