客先常駐が死ぬほど辛い時の対策方法|睡眠障害、不安障害、うつ病

客先常駐で働いていると、本気で死にたいと思ってしまうほど辛いですよね。

限界を超えて働き続けたことで、徐々に私の身体には異変を生じるようになりました。

  • 日曜の夕方になると、息苦しいと感じるようになった(不安障害)
  • 夜布団に入っても、将来が不安で夜眠れなくなった(睡眠障害)
  • ストレスで突然耳鳴りが聞こえるようになった(突発性難聴)
  • 朝満員電車に乗ると、心臓がバクバクして動悸がする(パニック障害)

会社の同僚に相談すると忍耐力が足りないからだと言われ、ビジネス書を読んでも一時的にモチベーションは上がるけれど、日曜の夜になるとやっぱり胃がキリキリと痛んできます。

こんな日々を2年間過ごし、ようやく客先常駐を抜け出し普通のIT企業で働くことができました。

この辛かった時期を振り返って思う事ですが、ブラックで精神的に苦しんでいる人に対する現実的なアドバイスって世の中に少ないですよね。

「ブラックに就職した人が悪い」、「精神的に弱いからだ」、「忍耐力が足りない」、「客先常駐とはそういうものだ」、「昔はもっと過酷な労働環境だった」という声ばかりが聞こえてきました。

ここでは、客先常駐で本当に苦しんでいる人のために、現実的なアドバイスをしたいです。

人は常に逃げ道さえ用意しておけば、精神的に追い込まれることはなくなります。人間が命を絶つほど追い込まれてしまうのは、どこにも逃げ道がなくなった時です。

客先常駐が辛いときに必要な対策
  1. 会社は最短で2週間で辞められることを知る
  2. 最低でも3ヶ月分の生活費を貯める
  3. 今すぐに転職を現実的な選択肢に入れる
  4. 実践的なプログラミングスキルを集中して習得する
  5. 1週間思い切って会社を休んでみる

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

辛くても客先常駐を辞めれなかった日々

現実的な対策方法を紹介する前に、客先常駐がどれだけ辛かったのかその体験談を紹介します。

私の体験談に興味がない人は、次の「客先常駐の対策方法」まで読み飛ばしても大丈夫ですよ。

残業代は支払われず、手取りは18万円以下

日曜の夕方になると、毎週のように胃がキリキリ痛んでいました。

月曜日が始まり朝の7時に家を出ると、その日自宅に帰るのは夜の12時を過ぎてからという生活が月曜から金曜まで続くからです。

さらに仕事が忙しいときは、土曜日も出社しなければならない。

これで残業代が貰えたらまだ頑張れるかもしれない。でも、銀行口座に振り込まれるのは毎月18万円だけ給料を労働時間で割ったら、コンビニのアルバイトよりも時給は低い。

さらに追い討ちをかけるように、初年度の夏のボーナスは寸志で5万円、冬は期待していたけれど10万円に届かない、さらに翌年以降は業績悪化でボーナスがなくなった。

この先、どうすれば良いのだろうか…」私は不安で胸が押し潰されそうでした。

それでも会社を辞められない理由

そんなに待遇が悪いブラックなら、会社を辞めればいいじゃん

て思う人もたくさんいますよね。でも、社会に出て1社目に入社した会社て中々辞めることができないですよね。

他の会社の事情を知らないし、奨学金や生活費を払うためにも毎月の給料は必要です。何よりも大学まで卒業させてくれた両親に申し訳ないと思っていました。

社会に出たばかりの頃は、やる気に満ち溢れていたのですが、気がついた頃には顔は廃人のように廃れていました。満員電車に乗るサラリーマンが、死んだ魚の目をしている理由がわかった瞬間でもあります。

この時期は頭の中で色々なことを考えていました。

  • 「大学を卒業して入社した会社を、たった1年で辞めるなんてバカだ
  • 「常駐先でまともな業務経験が積めないから、またブラックに入社するかもしれない
  • 「転職活動が会社にバレたら、クビにされるかもしれない」
  • 「会社を辞めることは、期待して採用してくれた経営者や上司に申し訳ない」
  • 「今は仕事が辛いけど、このプロジェクトが終わる半年後には状況が変わるかも」

ある日を境に転職活動を始めた

毎日睡眠不足で意識が朦朧とするなか、終電間際で電車を待っていたとき「駅のホームに飛び込んだら楽になれるかもしれない…」と思ってしまったんですよね。

その後、電車に乗り込み自分が考えたことを冷静に思い返すと、冷や汗が止まりませんでした。そして、この体験以降は一心不乱で転職活動に夢中になりました。

当然ですが、死ぬほど思い詰めるくらいなら辞めてしまった方が良いですよね。

この時に感じた感情は人生で初めてです、精神が不安定になるって想像以上に怖いことだと思いました。自分が知らないうちに毎日少しずつ蝕まれていき、気がついた頃には正常の判断ができなくなります。

精神が異常を来たすと、動悸や耳なり、頭痛など身体にメッセージを送ってくれるのですが、仕事が忙しいとその声さえも耳を傾けなくなりますね。

▼▼日本市場は深刻な人材不足で短期雇用の時給が高騰しています▼▼

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

深刻な人材不足は、ITエンジニアも例外ではありません。

  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

私たちSEは好条件で企業に転職できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めています。

客先常駐が辛いと感じる4つの理由は?

なぜ客先常駐が辛いのか、その理由を考えてみましょう。

ストレスを掛けている原因を明確に知ることで、精神的に少し楽になりますよね。

辛い理由1:自分以外はすべてお客様で肩身が狭いから…

「客先常駐」では自分以外はすべてお客様です。そのため、常駐先では常に気を張った状態で働きます。

  1. 理不尽な対応をされても、全て受け入れなければならない
  2. 常駐先の社員が遅くまで働いていると、自分の仕事が終わっても帰れない
  3. ミスが許されず、お客様に不快な思いをさせてはいけない
  4. 電話対応は常駐先の社員よりも、率先して出なければならない
  5. 有給休暇で事前に休みを取りにくい(もしくは休めない
  6. 激務の現場に投入されても、逃げ道がどこにもない

常駐先のクライアントはお金を出して労働力を買っているので、私たちはどんな状況も受け入れなければなりません。

辛い理由2:激務でも退職以外に逃げ道がないから…

客先常駐で1番怖いのは、常に炎上案件に投入されるリスクがあることです。スキルがない外部社員を受け入れてくれる現場は次のいずれかですね。

  1. 保守運用、評価、環境構築など業務経験が積めない単純業務
  2. プロジェクトが炎上して、急遽人材が必要な現場

前者よりも後者の方が多いです。

辛い理由3:頑張らなくても結果は変わらないから…

一生懸命に仕事を頑張っても、そうでなくても結果は変わりません。

私たちは労働力を提供することを期待されているからです。仕事内容が評価され、給料が増えるわけではありません。

辛い理由4:客先や自社に「違法行為」を強要されるから…

客先常駐の9割は、偽装請負や多重派遣などの違法行為を行っています。

ITエンジニアを目指して企業に入社しただけなのに、違法行為の片棒を担がされるのは辛いですよね。

1年目に違法行為を強要されて辛いと感じますが、2年目になると自分も違法行為を強要させる立場になります。将来自分の子供にも勧められない仕事を、他人に強要すべきではありません。

参考:客先常駐(SES契約)は法的にも違法|知らないでは許されない事実

▼▼客先常駐を辞めて収入を増やしたい▼▼

2018年現在、IT業界は深刻な人材不足を抱えているため、収入を増やすために転職することは決して難しくありません。現在客先常駐で働いている人は、労働環境を大きく改善するチャンスです。

「IT業界で働いていると年収を増やすのが難しいと思っていないですか?」

経済産業省の調査結果によると、システムエンジニアの平均年収は547万円です。働く環境さえ間違えていなければ、年収600万円を狙えるチャンスは誰にでもあります。

  1. 客先常駐SEが年収300万円から600万円を目指す方法
  2. 高収入で転職したい|年収600万円に求められるスキルやSE求人は?

難しいと思うのは、給料が増えない客先常駐で働いているからですね。

IT業界で客先常駐以外というと「社内開発」が一般的ですが、大きく分けて4つの選択肢があります。「WEB系の自社開発」「SIer系の受託開発」「異業種の社内SE」それから「外資系のIT企業」ですね。

正しいメリットやデメリットを知り、自分に合う働き方を選択したいですね。

参考:自社開発に転職したい|WEB系、社内SE、受託開発の違いとメリット

客先常駐でうつを避ける現実的な対策とは?

うつを避けるために必要な対策は、できる限り逃げ道(選択肢)を用意することです。

精神論や根性論では鬱から逃れることはできません。

極端な例ですが、本業以外のサイドビジネスで月に20万円の収入があれば、どれだけ過酷な現場でも人は耐えることができます。

いつ仕事を辞めても困らない、という精神的な逃げ道があるからです。

対策1:最短で2週間で辞められることを知る

上司に辞意を伝えても承認されない、プロジェクトの開発期間中は辞められない、と嘆くSEは多いですよね。

でも実際には、客先常駐は最短で2週間で辞めることができます。退職願いを保留にする権限は、あなたの上司にもクライアントにもありません。なぜならば、民法でこのように明記されているからです。

民法第627条
「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」

参考:退職数場合、何日前に会社に通知すべきですか?

辞めたいときに、いつでも会社を辞められると知っていると精神的に楽になりますよね。

参考:客先常駐を1ヶ月以内に辞める方法|トラブルや損害賠償の回避方法

対策2:最低でも3ヶ月分の生活費を貯める

いつ仕事を辞めても困らないように、しっかりとお金を貯めましょう。

お金はたくさんあるに越したことはないですが、最低でも3ヶ月分の生活費は絶対に必要です。

3ヶ月分必要な理由は、自己都合による退職だと、失業保険が給付されるのは申請してから3ヶ月後だからです。トラブルが起きて突発的に仕事を辞めても、6ヶ月間は生活水準を下げずに生活できると考えたら、気持ちは少し楽になりますよね。

6ヶ月の猶予期間があれば、3ヶ月間はゆっくりと身体と精神を休めるために使えます。

客先常駐の少ない給料だと、お金を貯めるのは難しい」ですよね。

けれども、少ない収入でもお金を貯める方法はたくさんあります。コツは1ヶ月分の生活費を記録し、効果が高い方法だけを取り入れることです。

例えば、シャアハウスに住むことで賃貸を借りるよりも2〜3万円節約することができます。他にもこのような方法がありますね。

効果が高い節約方法
  1. 大手キャリア(8千円)から格安SIMに乗り換えると、月に6千円の節約
  2. 職場の同僚と外ランチと飲み物(1千円)を辞めると、月に2万円の節約
  3. 毎週金に同僚と愚痴を言い合う飲み会(8千円)を辞めると、月に32千円の節約

家賃と合わせると、これだけで8万円も節約できますね。仕事でストレスが溜まると、発散するためにお金を使ってしまいますが、貯金がないと逃げ道がなくります。

対策3:今すぐに転職を現実的な選択肢に入れる

仕事が忙しいという理由で、転職を選択肢に入れていない人が多いです。

たとえ、今すぐに転職する意思がなくても、キャリアコンサルタントに相談することをお勧めします。なぜならば、第三者に現在の状況を相談することで、自分自身の気持ちを整理することができるからです。

いま現在私たちが苦しんでいるのは、

  1. 何に対して不満を持っているのか、自分でも具体的にわからず
  2. 出口の見えない暗いトンネルの中を、歩き続けている状態だからです

プロのコンサルタントに相談することで、大きな気持ちの変化があります。

  1. 「自分の現在のスキルでも、応募できる企業がたくさんあるんだな。」
  2. 「客先常駐ではなくて、社内開発で働けばストレスが少ないのか。」
  3. 「開発経験がなくても、業界経験があれば応募できる企業がたくさんある。」
  4. 「労働時間を減らすためには、ワークライフバランス重視の企業に応募すれば良いのか。」

もちろん、キャリアコンサルタントではなくても、話を聞いてくれる友人でも良いですね。大事なのは、自分の頭の中を整理して第三者に話すことです。

対策4:実践的なプログラミングスキルを習得する

私たちが常駐先で都合の良いようにこき使われるのは、実践的な開発スキルがないからです。

極端な例をいうと、開発スキルさえあれば常駐先で付加価値の低い(長時間労働、低賃金)労働から解放されます。派遣で紹介される案件を見ればわかるように、スキルさえあればいくらでも高収入の案件で働くことができますね。

派遣を進めているわけではないですよ。派遣は客先常駐の不当なマージンを減らした適正価格を知ることができます。

参考:月55万円稼げるテストエンジニア派遣!【ソフトウェアジョブズ】

派遣SEの給与
  1. 業界未経験のテスターでも、時給1800円(月給28万円、年収336万円
  2. 3年程度の経験があれば、時給2500円(月給40万円、年収480万円
  3. 開発スキルがある人材なら、時給3000円(月給48万円、年収576万円

常駐先の仕事が忙しくて学習する時間がないのはわかりますが、それでも開発スキルさえあれば今の状況を抜け出せることを知っておきましょう。

オンラインだけで学べる実践的なプログラミングスクールもあるので、本気で学ぼうと思ったら仕事が忙しくても3ヶ月で習得できます。

客先常駐から脱出するために、ビジネス書、資格取得の勉強、面接対策を進める人もいますが、どれも遠回りで現実的な方法ではないですよね。私は客先常駐時代に、資格の勉強をしていましたが時間の無駄でした。

対策5:思い切って1週間会社を休んでみる

できるなら是非実践して欲しいことです。

仕事があまりにも忙しすぎると、私たちは将来のことを考える時間すらないですよね。でも、1日何もしないで、じっくりと将来のことを考える時間はとても大切なことです。

1週間休むだけで、自分自身と真剣に向き合うことができます。

  1. このまま、10年後も今の職場で働き続けたいのか?
  2. それとも、本気で今の状況を変える必要があるのか?

じっくりと考えた結果、出した答えが後者ならば何をすれば良いかはもうわかりますよね。

もちろん、会社を1週間も休む理由は計画的に伝える必要があります。あまり好まれる事ではないですが、実家の両親が倒れてしまった、もしくは祖父母の葬式があるなど、嘘をついて確実に休暇を取りましょう。

会社を休むために嘘をつきたくないと思う人もいますよね。

でも、現在勤めている会社がブラックであれば、生涯働き続ける会社ではありません。半年後に会社を辞めたら、いまの上司や同僚とは一生会わない可能性もあります。

そう考えたら、何を思われても関係ないですよね。

そもそも、あなたの精神が病むくらい相手がブラックならば、自分の身体を守るためにも嘘のひとつやふたつは必要です。相手は偽装請負や多重派遣をしている違法業者だと認識しましょう。

このような理由でも、プロジェクトやクライアントの事情を理由に会社を休めないなら、いますぐに辞めたほうがいいですよね。

本当に家族に不幸があった時にも、同じ対応をされますから…

私は過去に会社を辞める決断をする前に、1週間会社を休んだことがあります。その結果、やっぱり会社を辞めることにしました。自分としっかりと向き合った末に出した結論なので、そのあと後悔することはなかったです。

▼▼客先常駐を辞める事で得られるメリット▼▼

社内開発に転職して得られたこと
  1. 給料が毎年右肩上がりで増えた(4年後に300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

参考:失敗しない転職先の選び方|常駐辞めて年収アップ(300→520万円)

客先常駐から確実に脱出するために、最も重要なのは「転職先の選び方」です。

社内開発している企業へ転職する事が1番の目的なら、社内開発を専門に扱う「社内SE転職ナビ」がお勧めです。紹介してくれた案件の15社が全て社内開発でした。ただし、知名度が低く扱う案件が少ないのが大きな難点です。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

  1. 評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?
  2. 体験談:【社内SE転職ナビ】都内の客先常駐から直請けの受託開発へ

まとめ:客先常駐が死ぬほど辛い時の対策方法

客先常駐が辛いときに必要な対策
  1. 会社は最短で2週間で辞められることを知る
  2. 最低でも3ヶ月分の生活費を貯める
  3. 今すぐに転職を現実的な選択肢に入れる
  4. 実践的なプログラミングスキルを集中して習得する
  5. 1週間思い切って会社を休んでみる

精神的に追い込まれないために、大事なのはできるだけたくさんの逃げ道(選択肢)を作ることです。客先常駐で苦しんでいる人に、頑張れとか忍耐が足りないという根性論は無駄ですよね。

この業界で10年のキャリアがありますが、「客先常駐で精神を病んでいく人」をたくさん見てきました。私自身も客先常駐に殺されかけたことがあります。そのおかげで無職生活を6ヶ月も経験しました。

次の就職先が決まらないまま会社を辞めるのは賢い選択肢ではないですが、本気で辛いと思ったら会社を辞めてしまいましょう。今はどこの業界も人材不足なので、20代、30代で働く意思さえあれば就職先に困ることはありません。

一時的に収入が落ちる可能性はありますが、それでもまた増やすチャンスはいくらでもありますね。少なくとも精神的に追い詰められている状況では、どれだけ頑張っても結果を出すことは難しいですよね。

精神を壊してまで働くほど、価値のある仕事はこの世にありません。

社内開発で年収500万円に到達するまで

客先常駐を避けて働くと、面白いくらいに収入は順調に増えます。

客先常駐時代は、都内在住で年収がずっと300万円台だったので、普通に生活するだけでも厳しかったです。

どれだけ節約しても手元にお金は残らない上に、労働時間ばかり増えていくので生きるだけでも息苦しくなります。趣味や自己投資にお金を回せない、働けば働くほど肉体は疲れ、精神は擦り減っていました。

人生で貴重な時間を犠牲にして働いているのに、貯金は一向に増えていかない…

3年間客先常駐で働きましたが、貯金は50万円以下です。

仕事で疲れているのに、将来の不安が大き過ぎて布団に入ってからも眠りにつくことができない。医者からは、睡眠薬を処方されたこともあります。

人生のどん底まで落ちましたが、ようやく社内開発できる企業に転職できました。

私はこれまでの働き方を劇的に変えることを決意しました。まず、睡眠を取ることを第一優先に考えます。そのために、常駐時代に無駄だと感じていた通勤(片道1時間→15分)と、残業(1日4〜6時間)を辞めました。

社内開発だとスケジュールは自社で管理するので、定時で帰ることもできます。

前日に十分な睡眠を取ると、社会に出た頃のように働く意欲が湧き、パフォーマンスは劇的に変わりした。

転職後は全てのプロジェクトが開発案件です。労働時間ではなく仕事の質で評価されるので、次第に仕事内容が認められ給与は増えます。毎年40〜60万円ペースで増えていました。

年収が400万円を超えると、週末リフレッシュするためにお金を使う余裕が生まれます。技術関連の書籍を購入したり、プログラミングスクールや語学など自己投資にもお金を回せます。

働くモチベーションと自己投資、週末のリフレッシュできる環境が生まれると、あとは黙っていても年収は右肩上がりに増えます。年収300万円時代は5年以上過ごしたが、それでも30歳手前には目標だった500万円に到達できました。

転職活動は仕事が忙しくても両立できる

どれだけ仕事が忙しくても、転職活動と仕事は両立できます。

私が社内開発できるIT企業に転職した時は、毎日帰宅するのが日付が変わるほど忙しい時期でした。それでも、2ヶ月以内に次の就職先を見つけることができたのは、転職エージェントの優秀な担当者さんに当たったおかげです。

エージェントを利用すると、書類選考の添削や面談調整など面倒なことを全て代行してくれます。

転職エージェントがしてくれること
  1. 将来のキャリアを見越した上でアドバイスしてくれる
  2. あなたにマッチングする求人を的確に紹介してくれる
  3. あなたの推薦状を代わりに書いて企業に提出してくれる
  4. あなたの履歴書や経歴書を丁寧に添削してくれる
  5. 企業ごとに面接対策をアドバイスしてくれる
  6. 面接の日程を柔軟に調整してくれる
  7. 内定獲得後に入社日や給与交渉をしてくれる

私は仕事で忙しかったので事前に次のことをお願いしました。

面接の度に毎回会社を休むのは難しいため、午前休や土曜日にまとめて複数の面接を入れてもらう。1次面接はスカイプや電話の対応をお願いする。

応募先の企業を絞ったことで、会社を休んだのは最終面接の3回だけです。転職を開始してから2ヶ月で内定を貰いました。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって必要な準備は何もありません。

まずは転職サイトに登録しキャリアコンサルタントと面談した後に、本当に転職するかどうか検討します。履歴書や職務経歴書の作成、企業研究や応募など面倒な手続きは、全て転職する意思を固めてからの話です。

キャリアコンサルタントと面談した結果、自分に足りないスキルを再認識し、今の職場で頑張ろうと考える人もたくさんいます。

「社内SE転職ナビ」は、30分で将来のキャリアを気軽に相談できる「カジュアル相談」があります。

面談は登録した当日や土日でも可能、仕事が忙しい人のためにも電話やスカイプで対応しています。お昼のランチ休憩からでも面談はできるので、仕事が忙しいというのは良い訳にできないですね。

入力項目は7項目だけなので、通勤中にスマホからでも簡単に登録できます。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です