客先常駐SEに将来はない|35歳おじさんエンジニアの末路とは?

客先常駐の将来に不安を感じているのは、私だけではないと思います。

  • 「常駐先では、何歳までSEを受け入れてくれるだろうか…」
  • 定年まで働き続けることは本当に可能なのだろうか…」
  • 「30代、40代で戻った時に、自社に自分の居場所はあるのだろうか…」
  • 偽装請負という違法行為を強要されてるけど、取り締まられないだろうか…」
  • 「年収400万円ですら難しいと思うけど、家族を養っていけるのだろうか…」

客先常駐で働いた事がある人は、1度は考えた事がある悩みではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、35歳を過ぎても今の働き方を続けるのは難しいです。私たちの周囲を見渡してみても、35歳を過ぎて働いている人は極端に少ないですよね。

私は35歳で職を失うおじさんSEを目にし、強烈な危機感を感じました。

この時感じた危機感をキッカケに転職活動を行い、その1年後に社内開発できるIT企業に転職しました。転職先の企業では、社内で組織の階層があるので30代、40代でも、管理職として働き続けている人がたくさんいます。

IT業界で35歳定年説といわれるのは、客先常駐に限った話だと理解できました。

客先常駐の将来に不安を感じている人向け
  1. 35歳で仕事を失ったおじさんSEの話
  2. 客先常駐だと将来性がない5つの理由
  3. 客先常駐で仕事を失う年齢が35歳の理由

▼▼人材不足に苦しむ企業が多く今すぐにあなたの力を必要としています▼▼

  1. 大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】
  2. 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】
  3. IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

「レバテックキャリア」は担当者の質が高く、唯一大幅な年収アップを狙える転職エージェントです(年収200万円アップするSEが多数)。「社内SE転職ナビ」は、社内SE専門ですが案件数が少ないのが難点です。

個人的な1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用し、社内開発できる企業に転職し「海外勤務」「海外出張」を実現できたからです。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

35歳で仕事を失ったおじさんSEの話とは!?

IT企業に入社した当初から、強い危機感を持っていたわけではありません。

ある強烈な体験を機に、客先常駐の将来に対して夜も眠れなくなるほどの不安が襲うようになりました。あの時の体験がなければ、いまも客先常駐で働き続けていたかもしれません。

35歳で常駐先を失う、あるおじさんエンジニアを目の当たりにしたからです。この話に興味がない人は、次の「客先常駐の将来がない理由」まで読み飛ばしてもらっても大丈夫ですよ。

引き継ぎのために作業場所に出向した

自社の社員1人で、常駐先のあるシステム運用保守のプロジェクトに配属されました。

他社からある機能を引き継ぐために、常駐先の社員と一緒に通信系の最大手のオフィスに出向しました。大手の作業場所は郊外にあるので、電車からバスで乗り換えます。

この時期は100年に1度と言われる金融危機が発生したときで、オフィスにいくとフロアの3分の1が空席になっていたほど景気が悪いときです。

クライアント先に出向した目的は、予算が縮小される影響で複数社で管理していた大規模システムを、1社に絞り引き継ぎを受けるためです。

35歳で働き先がなくなるおじさんSE

引き継ぎ相手の協力会社さんの方と一緒に、社員食堂でランチを食べていました。

長い間、特殊な業界(通信系)でオペレーション作業しかしてないから、この業界以外で他に働き口がない、次の出向先が見つからなければ会社を辞めて実家に帰ることになる。

未来ある若い人たちが、こんな仕事してたら絶対にダメだからね!

と自虐的に笑いながら話していました…

本人は世間話のような感覚で、何気ない言葉を発しただけでしたが、この業界で働き始めて1年も経っていない私には、全身にビリビリビリと電流が流れるほど衝撃的でした。

なぜならば、この仕事を続けていたら、いずれは常駐先がなくなることを自分でもわかっていたからです。

10年後には間違いなく職を失う

出向先からの帰りは、ちょうど仕事帰りのサラーマンが多い時間帯でした。冷房がガンガンに効いて汗臭い電車に乗りながら自宅へと向かいます。

自宅に帰ってから夕飯を食べても、何も味がしないほど放心状態になっていました。

引き継ぎ相手のおじさんSEが話していた事が、ずっと頭から離れなかったからです。

いずれは仕事がなくなることはわかっていたけれど、実際に仕事がなくなる人を目の前にして、頭の中で思い描いていたことがはっきりと具現化されたのです。

客先常駐だからといって、必ず35歳で職を失うわけじゃないよね?

と考える人もいるかもしれません。けれどもこの時の私には、35歳を過ぎても働き続ける姿が想像できませんでした。なぜならば、ロールモデルとなる社員がひとりもいなかったからです。

この出来事以降は「客先常駐を辞めたい」ではなく「可能な限りすぐに客先常駐を辞めなければならない」と考えるようになりました。

▼▼日本市場は深刻な人材不足で短期雇用の時給が高騰しています▼▼

参考:アルバイトの時給動向をグラフ化してみる

深刻な人材不足は、ITエンジニアも例外ではありません。

  1. 「17万人」のSEが不足しているが、2030年には「57万人」になる(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

参考:IT業界のSEは過去最大の売り手市場|簡単に年収アップが実現できる

私たちSEは好条件で企業に転職できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するために、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めています。

客先常駐には将来がない5つの理由とは?

この業界で働くSEで、客先常駐に将来性がないことに気がついていない人はいないですよね。ではなぜ将来がないのか、その理由を詳しくみていきましょう。

理由1:労働力を提供するだけで給料は上がらない

客先常駐の給料は上がりません。

なぜならば、労働力を提供するだけの派遣と変わらないからですね。

実は純粋な派遣の方が給与は高くなります。なぜならば、客先常駐のようにマージンを取る中間業者がいないからです。

私が勤めていた企業では1年間の昇給額は一律「3千円」5年後も10年後も変わらないと言われました。ボーナスは初年度が10万円、翌年以降は業績不振を理由に止まります。

この会社を辞めた8年後に元同期に再会したが、彼女の給与は8年間で30万円(300→330万円)しか増えていません。

理由2:誰でもできる末端業務しか任されない

客先常駐で働いていると、誰でもできる雑用のような仕事しか回ってきません。

客先常駐で任される仕事
  1. セットアップ:PCやサーバーにソフトをインストールする
  2. ヘルプデスク:システムに関する問い合わせに対応する
  3. キッティング:PCやサーバー端末の組み立てを行う
  4. システム運用保守:監視、保守、大規模データセンターを管理する
  5. システム監視:システムに流れるアラートや信号を監視する
  6. テスト実施:通信系など大規模プロジェクトのテスト業務

これらは、知識が蓄積しない単純作業ばかりですね。

上司に開発案件に就きたいと要望していたが、実現されることはありませんでした。労働力を提供する側は立場が弱いので、自分たちで仕事を選ぶ権利はないからです。

雑用業務をするために、常駐SEが雇われています。

理由3:不況になると真っ先に契約を切られる

客先常駐は正社員という肩書きですが、実際には派遣よりも雇用は安定していません。

クライアントから見て、派遣よりも客先常駐の方が首を切りやすいです。なぜならば、直接雇用を契約する派遣は顔を覚えてもらえますが、3次、4次と階層が深い常駐SEの顔は知らないですよね。

人数を減らす時は、下請けのトップに「来月から5人分減らして」と言うだけですね。また、派遣SEは開発案件に携わることも多く、重要なポジションを任されています。

2008年の世界的な金融危機の時に、大量の常駐エンジニアが契約を切られる姿をこの目で見てきました。

理由4:出向先がないと自主退職を勧められる

正社員だから、出向先が見つからなくても何とかなると思っていませんか?

ひとつの常駐先から契約を切られると、他でも労働力が余っているため受け入れ先がなくなります。出向先が見つからなければ、自社に居場所はないので自主退職を勧められます。

常駐先で客単価「40万円」を得ていたら、給料も含めて毎月「70万円」の機会損失になりますよね。

今は景気が悪く常駐先が一時的に見つからないだけ」と考えますが、あなたの会社はそうは思っていないですよ。社内待機や自宅待機は、退職までのカウントダウンが始まったと考えましょう。

参考:客先常駐で初めての自宅待機|給与は40%カットで手取10万円の事実

理由5:法律を犯した違法行為でいずれ摘発される

客先常駐をしている9割の企業は、偽装請負をしています。

偽装請負は法律を犯した違法行為なので、いつかは摘発される可能性もありますよね。また、将来家族ができたときに、子供に勧められない働き方であれば自分自身もするべきではないですね。

参考:客先常駐(SES契約)は法的にも違法|2年目以降はあなたも加害者ですよ

▼▼客先常駐を辞めて収入を増やしたい▼▼

2018年現在、IT業界は深刻な人材不足を抱えているため、収入を増やすために転職することは決して難しくありません。現在客先常駐で働いている人は、労働環境を大きく改善するチャンスです。

「IT業界で働いていると年収を増やすのが難しいと思っていないですか?」

経済産業省の調査結果によると、システムエンジニアの平均年収は547万円です。働く環境さえ間違えていなければ、年収600万円を狙えるチャンスは誰にでもあります。

  1. 客先常駐SEが年収300万円から600万円を目指す方法
  2. 高収入で転職したい|年収600万円に求められるスキルやSE求人は?

難しいと思うのは、給料が増えない客先常駐で働いているからですね。

IT業界で客先常駐以外というと「社内開発」が一般的ですが、大きく分けて4つの選択肢があります。「WEB系の自社開発」「SIer系の受託開発」「異業種の社内SE」それから「外資系のIT企業」ですね。

正しいメリットやデメリットを知り、自分に合う働き方を選択したいですね。

参考:自社開発に転職したい|WEB系、社内SE、受託開発の違いとメリット

なぜ、客先常駐だと仕事を失うのが35歳なのか?

35歳定年説と言われていますが、そもそもなぜ35歳を過ぎたら仕事がなくなると思いますか?

その理由は外部社員を受け入れる側の都合と、常駐エンジニアのスキルの問題があります。

その1:受け入れる側の都合で断られる

35歳で受け入れ先がなくなる理由は、常駐先の社員が管理職になる年齢に達するからです。

外部から人を入れる管理職のポジションに立ったときに、「35歳のおじんさんSE」よりも「25歳の若いSE」をチームに入れたいですよね。

経験があれば有利なのは間違いないですが、任せる仕事は単純労働ばかりなので大きな問題にはなりません。

実際に営業さんの話を聞いていると、

エンジニアの年齢が高くなると、派遣先は受け入れを拒否するようになる。出向先の管理職よりも年上だとチームをまとめる方はやりにくいから」と言います。

35歳になるとピタリとなくなるわけではなく、徐々に仕事が減り始めます。

その2:客先常駐の社員の問題で断られる

常駐エンジニアが年齢に見合った経験が積めないことも、35歳以降の継続を難しくさせています。

一般的な社内開発している企業に入社すると、組織の階層に合わせて任される役割は変わってきますよね。

年代ごとのSEの役割
  1. 20代前半: プログラミングや資料作成など、キャリアの下積み時代
  2. 20代後半: チームリーダーとして、小単位でプロジェクトをまとめる役割
  3. 30代半ば: プロジェクトリーダーとして、プロジェクト全体をまとめる役割
  4. 40代以降: 経営的な視点を持ち、クライアントの均衡や組織を代表する役割

常駐SEは常駐先で末端業務しか任されないため、20代前半から先に進むことができません。常駐先では20代後半の社員に作業支持されますが、年齢を重ねると年下に支持されます。

このような理由で、35歳を超えると常駐先で働き続けるのが難しくなります。

30代、40代でも働き続けるためには、客先常駐を辞めて社内開発できるIT企業で働くしか道はありません。客先常駐というのは、末端労働者を犠牲にした構造的な欠陥を抱えていますよね。

▼▼客先常駐を辞める事で得られるメリット▼▼

社内開発に転職して得られたこと
  1. 給料が毎年右肩上がりで増えた(4年後に300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

参考:失敗しない転職先の選び方|常駐辞めて年収アップ(300→520万円)

客先常駐から確実に脱出するために、最も重要なのは「転職先の選び方」です。

社内開発している企業へ転職する事が1番の目的なら、社内開発を専門に扱う「社内SE転職ナビ」がお勧めです。紹介してくれた案件の15社が全て社内開発でした。ただし、知名度が低く扱う案件が少ないのが大きな難点です。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

  1. 評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?
  2. 体験談:【社内SE転職ナビ】都内の客先常駐から直請けの受託開発へ

まとめ:客先常駐に将来はない

悲しい事実ですが客先常駐に将来性はありません、35歳で仕事がなくなります。

客先常駐に将来がない5つの理由
  1. 労働力を提供するだけで、給料が一向に上がらない
  2. 誰でもできる末端業務しか任されなため、スキルが積めない
  3. 不況になると、クライアントから真っ先に契約を切られる
  4. 出向先がないと、居場所をなくし自主退職を勧められる
  5. 法律を犯した違法行為でいずれ摘発される

35歳で職を失う理由は、常駐先の管理職と同年代になり敬遠されるからですね。また、常駐エンジニアはマネジメント経験を積めないので、年齢を重ねるたびに付加価値が下がります。

これらの問題を避けるためには、「社内開発」できる普通のIT企業に転職することしかありません。

いま現在感じている不安は、この先も消えることはありません。むしろ、年齢を重ねるごとに将来の不安は膨らみ、年齢が若いうちに行動しなかったことを後悔します。

なぜならば、私の新人時代の元同僚がそうだからです。

彼女は8年間客先常駐で働き続け、年収は30万円(300→330万円)しか増えていません。現在は、自宅待機させられることも増えました。

この状態になってから、転職活動を始めてももう遅いですよね。

社内開発で500万円に到達するまで

客先常駐を避けて働くと、面白いくらいに収入は順調に増えます。

客先常駐時代は、都内在住で年収がずっと300万円台だったので、普通に生活するだけでも厳しかったです。

どれだけ節約しても手元にお金は残らない上に、労働時間ばかり増えていくので生きるだけでも息苦しくなります。趣味や自己投資にお金を回せない、働けば働くほど肉体は疲れ、精神は擦り減っていました。

人生で貴重な時間を犠牲にして働いているのに、貯金は一向に増えていかない…

3年間客先常駐で働きましたが、貯金は50万円以下です。

仕事で疲れているのに、将来の不安が大き過ぎて布団に入ってからも眠りにつくことができない。医者からは、睡眠薬を処方されたこともあります。

人生のどん底まで落ちましたが、ようやく社内開発できる企業に転職できました。

私はこれまでの働き方を劇的に変えることを決意しました。まず、睡眠を取ることを第一優先に考えます。そのために、常駐時代に無駄だと感じていた通勤(片道1時間→15分)と、残業(1日4〜6時間)を辞めました。

社内開発だとスケジュールは自社で管理するので、定時で帰ることもできます。

前日に十分な睡眠を取ると、社会に出た頃のように働く意欲が湧き、パフォーマンスは劇的に変わりした。

転職後は全てのプロジェクトが開発案件です。労働時間ではなく仕事の質で評価されるので、次第に仕事内容が認められ給与は増えます。毎年40〜60万円ペースで増えていました。

年収が400万円を超えると、週末リフレッシュするためにお金を使う余裕が生まれます。技術関連の書籍を購入したり、プログラミングスクールや語学など自己投資にもお金を回せます。

働くモチベーションと自己投資、週末のリフレッシュできる環境が生まれると、あとは黙っていても年収は右肩上がりに増えます。年収300万円時代は5年以上過ごしたが、それでも30歳手前には目標だった500万円に到達できました。

転職活動は仕事が忙しくても両立できる

どれだけ仕事が忙しくても、転職活動と仕事は両立できます。

私が社内開発できるIT企業に転職した時は、毎日帰宅するのが日付が変わるほど忙しい時期でした。それでも、2ヶ月以内に次の就職先を見つけることができたのは、転職エージェントの優秀な担当者さんに当たったおかげです。

エージェントを利用すると、書類選考の添削や面談調整など面倒なことを全て代行してくれます。

転職エージェントがしてくれること
  1. 将来のキャリアを見越した上でアドバイスしてくれる
  2. あなたにマッチングする求人を的確に紹介してくれる
  3. あなたの推薦状を代わりに書いて企業に提出してくれる
  4. あなたの履歴書や経歴書を丁寧に添削してくれる
  5. 企業ごとに面接対策をアドバイスしてくれる
  6. 面接の日程を柔軟に調整してくれる
  7. 内定獲得後に入社日や給与交渉をしてくれる

私は仕事で忙しかったので事前に次のことをお願いしました。

面接の度に毎回会社を休むのは難しいため、午前休や土曜日にまとめて複数の面接を入れてもらう。1次面接はスカイプや電話の対応をお願いする。

応募先の企業を絞ったことで、会社を休んだのは最終面接の3回だけです。転職を開始してから2ヶ月で内定を貰いました。

転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって必要な準備は何もありません。

まずは転職サイトに登録しキャリアコンサルタントと面談した後に、本当に転職するかどうか検討します。履歴書や職務経歴書の作成、企業研究や応募など面倒な手続きは、全て転職する意思を固めてからの話です。

キャリアコンサルタントと面談した結果、自分に足りないスキルを再認識し、今の職場で頑張ろうと考える人もたくさんいます。

「社内SE転職ナビ」は、30分で将来のキャリアを気軽に相談できる「カジュアル相談」があります。

面談は登録した当日や土日でも可能、仕事が忙しい人のためにも電話やスカイプで対応しています。お昼のランチ休憩からでも面談はできるので、仕事が忙しいというのは良い訳にできないですね。

入力項目は7項目だけなので、通勤中にスマホからでも簡単に登録できます。

公式サイト:顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

評価:【社内SE転職ナビ】の悪い評判|客先常駐がない企業に転職できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です