【2chまとめ】客先常駐に潜む7つの実態とは?

客先常駐は悲惨な労働環境が多いとネットで叩かれていますね。では、具体的にはどのよう悲惨なのでしょうか。2chサイトを元に、客先常駐の実態を詳しく見てみましょう

  • 「派遣てオブラートに包んでいるけど、人身売買と変わらない…
  • 「専門職として正社員で入社したのに、ただの派遣会社だった…」
  • 「大卒でSEに就職したのに、手取りは16万円もない…」

客先常駐は、私たちが想像する以上に何倍も悲惨です。

専門職と思って就職するも、手取りは16万円もありません毎日深夜まで働かされるも残業代は1円も支払われず、労働時間で割ると時給700円を下回ります。正社員として入社したはずが、実態はただの派遣ビジネスですね

プロジェクトが変わる度に、常駐先が変わり別の職場へ派遣されます。

会社のために必死に働くも、35歳になれば受け入れ先は激減しますね。その結果、私たち常駐SEは職を失い、飲食店や介護、サービス業に転職するしかありません。客先常駐は専門職ではないので、キャリアを活かした転職は無理です。

将来の事を真剣に考えるならば、1日も早く常駐SEは辞めるべきですね。

私の元同期は現在も常駐SEを続けているが、8年間で給与は30万円(年収300→330万円)しか増えていません。ここでは、2chサイトを元に客先常駐の実態を詳しく紹介します。

常駐SEの実態を知りたい人向け
  1. 【2chまとめ】客先常駐に潜む7つの実態とは?
  2. 客先常駐を続けるデメリットとは?
  3. 常駐SEを辞めて、社内開発で働く方法は?

▼▼社内開発の転職に強い専門サイト3社▼▼

  1. マイナビIT AGENT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ社内SE専門だが、求人数は673件だけ
  3. リクルート求人数は多いが、未経験向けのブラックが多い

<2020年11月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:8月の有効求人倍率1.04倍に低下 6年7カ月ぶり低水準

コロナによる経済悪化に伴い、SE向けの求人数が日を追うごとに激減しています

3月以降の米国失業保険申請者数は、10月末の累計で「6,620万人」を超えました(参考:新規失業保険申請件数10/31)。ピークの664万人を超えたが、現在も週当たり100万人が職を失い続けています。

リーマンショック時の3月の失業者数は80万人だけだが、求人倍率は0.45倍に急落しました。その頃には、客先にいた20〜30代の常駐SEの半数が契約を解除されています。

契約解除後もSEを雇用できる会社は稀で、多くが所属先からも首を切られています。当時20代前半だった私も同僚も、契約解除後の翌月に自主退職に追い込まれました。求人倍率が1倍を下回る頃には、本格的に常駐SEの契約解除や派遣切りが急増します。

通常の11月は、来年度開始の開発案件に向けて経験者向けの求人が最も増える時期です

しかしながら、コロナの影響で今年秋のIT求人数は昨年度の半分未満です。いま転職市場に出ているIT求人を逃せば、来年以降はもう転職できない確率は高いです。なぜならば、来年以降に求人倍率が1倍を下回るのは確実で、求人自体が転職市場に出てこなくなるからです。

そのため、11月は私たち常駐SEが客先常駐を脱出する最後の月です。

目標から逆算すると、遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります人材不足の過去8年間は、業界経験さえあれば、誰でも社内開発に転職できる幸運な時期でしたね。これからは、客先から突然契約解除されるか、もしくは4〜5人でひとつの採用枠を奪い合います。

客先常駐からの脱出が目的ならば、「マイナビIT」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです転職後の年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビIT AGENT
(無料サービス登録まで3分)

【2chまとめ】客先常駐に潜む7つの実態とは?

客先常駐の現場は、私たちが考える以上に何倍も悲惨です。客先常駐に関する2chサイトの内容をまとめてみました。

実態1:はっきり言って人身売買と変わらない…

IT業界特有の人身売買って無駄多すぎんか?
まじでクソ

買い手はプロジェクトの規模を見て増員したり切ったりできる
売り手はリスク背負わず儲けられるある意味ウィンウィンなんやで
辛いのは働いているやつだけ

たしかに経営の面から見たらそうなのかもしれんな
先輩で3重派遣された人が自分がどこの会社の人間かわからんくなる言うてたわ

派遣ってオブラートに包んで言ってるけど
要は、人身売買だよね?

そもそも常駐っていう言い方が気に入らない。
常駐とは特定派遣、派遣なんでしょう。それを言葉巧みに隠しやがってさ。

客先常駐とか出向とか言って誤魔化すよね
んで、若者が騙される

参考:https://stkn-job.net/21516.html

IT業界では客先常駐という言葉が使われます。

しかしながら、その実態は偽装請負であり、現代版の奴隷制度と言われています新卒や中途を騙して入社させ、仕事があれば常駐先に出向させ、仕事がなければ社員の首を切りますね。2008年の金融危機では、半数近い常駐SEが首を切られました

常駐SEは、35歳で需要がなくなった時に首を切られます。

参考:客先常駐SEに将来はない|35歳おじさんエンジニアの末路とは?

実態2:常駐先で1人で作業させられる…

ワイ客先の名刺待ってるし
客先の新人教育から客先会議一人で行かされ、見積もりも一人で作成、環境構築きら製造までやらされて気が狂いそうや

それでなんかあったらこいつうちの社員じゃないンゴされるンゴ…

はしご外されるよね
そうじゃなくても雇用の調整弁だし

雑用まがいで自社に置かれたのち、1ヶ月ほどの社外研修のあと、たったひとりで客先常駐させられています。当然まともに仕事などできておりません。自分が役に立っていないこと、客先の人から非難を受けまくること、正直色々としんどいです

現在研修を終えて客先に一人で常駐して業務をしているのですが、客先で行う業務は本社の研修で学んだ技術が活かせず、現場の上司から出される指示が分からない日々が続いています。

参考:https://stkn-job.net/21516.html

客先常駐では、新人SE1人で出向させる企業も多いです。

出向先にひとりでも先輩社員がいると「なにか困った時には助けてくれるはず」という安心感がありますよね。また、チームで出向している企業は、常駐先から信頼されているので、働きやすさもありますね。

1人でエンジニアを出向させる企業は、その時点でブラックです。

参考:客先常駐で1人は常に孤独を感じる|単独常駐はブラック確定

実態3:偽装請負が当たり前に強要される…

協力会社ってことで客先常駐で請負で仕事してるが直接作業の支持されるのが当たり前で納品が形だけみたいになってるんだが違法だよな
他もそんな感じなのかねえ

偽装請負やなあ
大企業の請負ならマスコミにリークするのが一番ええで

IT業界なんだがA社の正社員として入社してるのにA社に業務委託しているB社という会社がありB社(客先)に毎日出社してB社の業務をする。B社はお客様なのでB社では常に振る舞いに気を付けないといけないからマジで気が抜けない

ITではごく当たり前のケースだな。
俺もA社(自社)採用後に、B社の社員としてC社で業務だと言われて、訳も分からず行かされた。

そうそう、わかりやすい表現にするためにB社に出社って言ったが実際には自分もB社の社員としてC社(大手企業)で仕事してる状態。特にC社のプロパー社員の前ではほんと気が抜けないし疲れる。

参考:https://itenginner-matome.net/archives/14089

客先常駐の中身は、ただの偽装請負ですね。

私は3年間常駐先で働きましたが、法律を厳守する企業に出会ったことがありません偽装請負している企業は、すべての事に対してモラルが低いです。そのため、残業代未払い、有給を取らせない、36協定を守らない、社員を一方的に解雇するなど、他にもたくさんの違法行為をしています。

参考:客先常駐(SES契約)は法的にも違法|2年目以降はあなたも加害者

実態4:出向先が毎回変わるのが辛い…

そうそう、わかりやすい表現にするためにB社に出社って言ったが実際には自分もB社の社員としてC社(大手企業)で仕事してる状態。特にC社のプロパー社員の前ではほんと気が抜けないし疲れる。

給与と福利厚生が露骨に違うもんな
それでいて面倒ごとはやらされる
人柱かっつーの

プロジェクト終わったらまたリセット
スキル考えずに適当に見つかった案件にアサイン
ミスマッチで本人も客も幸せになれない
なんだこれ?

参考:https://2ch.live/cache/view/job/1499450084

客先常駐では、早ければ3〜6ヶ月毎に職場が変わります。

次の常駐先は、IT業界で客先ガチャと呼ばれています。なぜならば、配属先は全て運次第で、私たち常駐SEが決める権利はないからですしかも、ガチャの中身はハズレが多い事も似ています。大半は、経験が積めない運用保守、評価、テスト、さらには炎上案件に投入されます

実態5:大卒なのに常駐SE、基本給は16万円…

ワイ、大卒なのに客先常駐IT

待遇はどうなんや

基本給16万や…

IT土方になるにしてももっと給料いい会社なんていくらでもあるやろ
そんなリサーチすらできない無能なら当然の待遇やな

大学出るまで金使って流れ着いた先がIT土方とか笑えるwww

ほんとな
プロパーが今月残業超過したから休まなきゃならないんですって言ってる横で請負は青天井だもの

あと見積もりもやらされてたけど人月70万も請求してんのに自分貰ってるの30万も無いんだよ。差額どこ行ったんだよ

そうそう
ディーシステムて会社の正社員だったけど、
客から70万とってんのに、手取り17万だったで。
50万近く中抜きとか、どんだけ~~

未経験飛ばす場合でも月30万くらい客からとるらしいな

月額30万円とか怖いな
本人には幾ら行くんだよ

参考:https://itenginner-matome.net/archives/7405

客先常駐の給料は、年収で300万円を超えれば良い方です。

私が新卒で1社目に入社した先は、社員を外部に出向させるだけの典型的な客先常駐です。HPには初任給19万円と記載されているが、明細書を見たら基本給は14万円でした。初任給には家賃手当5万円がデフォルトで組み込まれています。

初任給とは別に家賃手当があると思っていたので、ショックでした。同期の元同僚は現在も働いているが、8年間で年収は30万円(年収300→330万円)しか増えていません。

参考:常駐SEが年収300万円を超えない理由|30歳でも給料は330万円

実態6:体を壊す炎上案件に投入される…

新しい常駐先を1ヶ月で切られた。
俺としては「今度の所は相性悪かった。まあこういう事もあるさ」程度に思ってるんだけど、会社の方はそうは思ってなくて全面的に俺が悪いみたいな言い方。
人の入れ替わり激しくて、俺の前任者も体壊して辞めた現場だという事を忘れてないかって話だよ

俺も一時間半になって4年経つけど、戻れる気配も無くて転職決めたわ
自社より遠いところにトバす時は手当の一つも出してくれんと割に合わん
4年続くと通勤時間だけで3000時間も取られたわけだし

参考:https://2ch.live/cache/view/job/1499450084

私たち常駐SEは、高い確率で炎上案件に投入されます。

なぜならば、炎上案件に投入させた方が会社が儲かるからですね。労働時間で常駐先と契約するため、社員が働けば働くほど、自社に入る売上は大きいです。社員に残業代を支払わなければ、超過分は全て会社の利益になります。

私たち常駐SEが炎上案件に飛ばされるのは、偶然ではありません。

参考:客先常駐で炎上案件が多い3つの理由|配属された時の対処法は?

実態7:運用は楽だけど時間を無駄にする…

開発の常駐は会社による
社員レベルの仕事を求められる場合もある
故に仕事が評価されて出世などにも期待できる

運用保守はまじで楽
脳みそ使わない
マニュアルが全てで臨機応変な対応なんかいらない
不測の事態は夜中だろうが全て社員へ連絡
残業もないため薄給

こういう認識なんだが合ってる?

新卒1年目で運用系の仕事をしています。仕事内容そのものは難しくはないですが、全くやりがいを感じる事のできない業務を3年と考えると、とても時間を無駄にしているように感じます。

参考:http://www.jisaka.com/archives/29976910.html

客先常駐では、運用保守に就く可能性が高いです。

運用保守は忙しくないので、定時に帰宅できます。しかしながら、トラブルがない限り業務はほとんど発生しません。専門職を選んだSEにとって、専門スキルを積めない事は致命的ですね。今は良くても、数年後には客先から首を切られて行き場所をなくします。

参考:運用保守を1年間続けた結果は?|仕事がひま、契約解除、待機、失業

以上の通り、2chサイトを見ると客先常駐の実態が見えますね。すべての職場が劣悪とは限らないですが、悲惨な状況で働く常駐SEが多いのは事実です。

将来の事を真剣に考えるならば、客先常駐がない社内開発で働いた方が良いですね

客先常駐と社内開発のメリットとは?

客先常駐の全てが悪い訳ではないですね。客先常駐にもメリットはあります。しかしながら、長期でキャリアを考えた場合に、客先常駐で長く働き続けるのは危険です。

その1:客先常駐のメリットとは?

客先常駐のメリットは...
  1. 経験がないIT未経験者でも、簡単に入社できる
  2. 大手クライアント先で、幅広く業務経験を積める
  3. 自社以外の多くのSEと、一緒に働く機会がある
  4. 運や実力がある人材ならば、好条件で大手から引き抜きがある

客先常駐の利点は、業界未経験者でもIT業界に入社しやすいことです。

基本的には専門職には経験者以外が入社するのは難しいですよね。IT業界で未経験者を積極的に採用している理由は、常駐先に出向すれば報酬が得られるからです。出向した社員は、給料を貰いながら常駐先で様々な経験を積めます。

客先常駐の仕組みがなければ、未経験者を採用する企業は少ないですね

出向先は大手クライアントが多く、私たち常駐SEは大規模プロジェクトに携わることができます。実力がある人材であれば、責任ある仕事を任され、上流工程やマネジメントも経験できます。

その2:客先常駐のデメリットとは?

客先常駐のデメリットは...
  1. 開発経験が積めるとは限らず、雑用しかできないSEも多い
  2. 開発経験が積めないと、年齢とともに市場価値が下がる
  3. 人月商売のため、仕事内容ではなく労働時間でしか評価されない
  4. 35歳を過ぎると、受け入れ先が激減し失業のリスクが高まる
  5. 法律厳守でない企業にいくと、偽装請負や多重派遣を強要される

客先常駐には良い面もありますが、実はデメリットの方が多いです。

常駐先では、SEが期待するような開発案件に就けるとは限りません。システム運用保守、ヘルプデスク、保守、手順書通りのオペ作業など、経験が積めない業務もたくさんあります。

自社の仕事を外部の労働者に委託する都合上、常駐先の社員に都合良く使われてしまうからですね。雑業業務にしか就けないと、年齢とともに市場価値は下がり、35歳になると受け入れ先が激減します。

客先常駐を続ける限りは避けられないことです。

参考:客先常駐SEに将来はない|35歳おじさんエンジニアの末路とは?

その3:常駐SEを脱出して得られたメリットは?

社内開発のメリットは...
  1. 無駄な雑務業務がなく、社内の案件は全て開発案件に携われる
  2. 1次請けでSEの単価が高く、月80万円(常駐時代の2倍)で契約できる
  3. 月の昇給額は1万円、賞与は30〜50万円、年間の昇給額は40〜60万円
  4. 業務の効率化や改善を提案すると、上司から高い評価を得られる
  5. 月の残業は40時間未満、納期がない月は定時に帰宅できる
  6. プロジェクト毎に職場が変わらないため、通勤10分圏内に住める
  7. 平日もスキルや語学を学んだり、友人と食事に行く余裕がある
  8. 広いデスク、ハイスペックPCにモニターを2台使用できる
  9. 海外に開発拠点があり、海外勤務や海外出張が経験できた
  10. 帰属意識が生まれ、仕事のモチベーションに繋がった

客先常駐には少なからずメリットもあります。

けれども、将来の事を本気で考えるのであれば、長く働き続けることはかえってリスクになります。できる限り早い段階で客先常駐から抜け出す事を考えましょう

では、客先常駐を辞めて社内開発で働くためには、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

「諦めなければ、必ず客先常駐から脱出できる」

客先常駐で働く多くのSEに、社内開発を目指して欲しいと思っています。

なぜならば、私自身が客先常駐やSESに長年苦しめられたからです客先常駐では将来性がない上に、出向先や自社に都合良く使われ、需要がなくなれば切り捨てられます。常駐先で契約解除されたら、自社でも居場所を失い失業するしか道はありません

私がIT未経験で入社した先は、社員を客先に常駐させるだけのブラックでした。毎日夜11時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親の事を思い、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、臆病だった私は行動に移せず、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

そして、その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね

ぶっちゃけ、客先常駐を脱出するのは難しくありません。なぜならば、常駐SEの大半は飲み会で愚痴るだけで、実際に行動に移す人は全体の1割もいないからです私たちが実際に行動に移せば、意外と簡単に社内開発に転職できます。

客先常駐で働くSEがいなくなれば、客先常駐やSESは潰れるしかありません。私が社内開発を勧める理由は、社員を常駐させるだけのブラックは潰れて欲しいからです。そのためには、ずは私たち自身が行動しなければなりません

私は過去にマイナビを利用して、客先常駐から脱出して社内開発に転職しました。マイナビは親切な担当者が多く、客先常駐から抜け出せるか不安を感じている人に向いています

公式サイト:マイナビIT AGENT
(無料サービス登録まで3分)

客先常駐から脱出できる3つの方法は?

客先常駐から脱出する方法は、大きく分けて3つあります。

方法1:IT業界を辞めて別の業種へ

客先常駐に疲れ切った人の中には、別業種で再スタートしたい人も多いです。でも、SEのキャリアを活かす方が、良い就職先に就ける可能性は遥かに高いですよね

経験ゼロで新しい業種に入れば、年収250〜300万円で再スタートします。冷静に考えると、実務経験がない状態で異業種に飛び込めば、どの業種でも確実にブラックに就職します。ノルマがキツイ営業や飲食業、肉体労働の建築や工場は、IT業界以上にブラックな業種です。

仕事が楽な総務や事務職は、正社員ではなく派遣やパートしか募集していません。派遣やパートでは、今以上に将来が不安定になります。

1度でもIT業界で働きた経験があれば、私たちは未経験者ではなく経験者枠で応募できますキャリアコンサルタントが提案する企業も、10倍以上に選択肢が増えますね。紹介してくれる企業は経験者向けなので、求人の質も以前より高くなります。

現実的に考えたら、現在のキャリアを活かさない手はないですね。

方法2:経験を活かして異業種の社内SEへ

異業種の社内SEを目指せば、客先常駐から逃れられます。しかしながら、社内SEはデメリットも多いため、私たちは十分に注意が必要です

最大のデメリットは、特定の業界事情に詳しくなる反面、IT系の専門性が失われる事ですなぜならば、システム開発を外部委託するため、自社で経験やキャリアを積めないからです。社内SEの仕事は、社外のスケジュール管理と、社内の非IT管理部門のサポート業務です。

1度でも社内SEになると、一般的なSEのキャリアからは遠くなります。

また、本業が成長しない会社に就職すると、リストラの危険性も高いです。なぜならば、利益を上げない情報システム部門は、経営陣からコスト部門だと見なされるからです。定年まで働く前提で入社しても、経営方針が変われば真っ先に首を切られます。

競争社会から離れた社内SEにとって、外の世界で生き残るのは容易ではないですね

方法3:経験を活かして自社や社内開発へ

IT業界で市場価値を高めたい人は、自社開発や社内開発を目指しましょう。社内開発とは、大手企業から依頼を請ける受託開発、自社製品やパッケージの開発や販売、スマホやソーシャルアプリの開発、コンサルタントやクラウド導入など、様々な働き方がありますね。

社内開発の最大のメリットは、経験と業界年齢に合わせてキャリアを積める事です。

開発案件では最新技術を学び、社内開発で経験を積めば上流工程からも携われます。設計やマネジメントを経験できれば、自身の市場価値を上げられますね。そして、専門知識や経験さえ積めれば、不景気を理由にリストラされても生き残れます

また、専門知識や経験年数に合わせて、順調に収入も増やせますね。市場価値が高い人材になれば、フリーランスや在宅で働くのも難しくありません。市場価値が高い人材になれば、年収100〜200万円アップの転職も難しくありません

では、客先常駐を脱出するには、私たちは具体的に何をすれば良いのでしょうか?

客先常駐から脱出できる転職サイト2社は?

客先常駐を脱出するには、「マイナビ×IT」と「社内SE転職ナビ」がお勧めです。

転職1:異業種の社内SEに強い「社内SE転職ナビ」

社内SE転職ナビの特徴は...
  1. IT経験者向けに、社内SEに特化した専門サイト
  2. 客先常駐から脱出して、異業種の社内SEに転職できる
  3. 他の経験者向けと比較して、知名度が低く利用者が少なすぎる
  4. 社内SE案件に絞られるため、求人数が673件と少なすぎる
  5. スキル次第だが、実は社内SE以外も紹介される
  6. 関東圏、関西圏以外では、求人がほとんどない

公式サイト:社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは、社内SEに特化した経験者向けの転職サイトです。他にない最大の特徴は、社内SEや社内開発を専門に扱い、確実に客先常駐から脱出できる事ですね

しかしながら、他の転職サイトと比較して、知名度が低く利用者が少ない点に注意が必要です。また、社内SE案件に絞られるため、求人数が673件しかありません「マイナビ×IT」も経験者向けで社内開発を中心に扱うが、求人数は2.8万件以上あります

確実に客先常駐を脱出できるのは魅力だが、転職サイトの規模が少なすぎます。選択肢が少ないと、ブラックに就職する可能性も必然的に高くなります「社内SE転職ナビ」1本に絞るのは、リスクが高いので避けた方が良いですね。

評価:【社内SE転職ナビの評価】本当に客先常駐がない企業に転職できる?

転職2:自社や社内開発に強い「マイナビ×IT」

マイナビの特徴は...
  1. 大手マイナビが運営する、IT業界に特化した専門サイト
  2. 客先常駐から、自社や社内開発の転職に最も強い
  3. 自社や社内開発など、求人数は2.8万社以上もある
  4. ハイキャリア層ではなく、20〜30代の常駐SE向け
  5. 大手2社(リクナビ、DODA)にはない、中小の隠れ良企業を扱う
  6. 大手2社よりも、丁寧な対応で高評価を得ている
  7. 担当者が推薦状を書くので、書類選考の通過率が高い

公式サイト:マイナビIT AGENT

「マイナビ×IT」は、大手マイナビが運営する、IT業界に特化した専門サイトです。他にない最大の特徴は、客先常駐から自社や社内開発、それから社内SEを目指せる事です親切な対応の担当者が多く、転職経験がない初めての常駐SEにも向いています。

個人的な1番のお勧めが「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、客先常駐のブラックから脱出できたからです

私が社内開発に転職できた時は、実務で開発経験が1度もない時でした。

次もブラックに騙されて、客先常駐やSESに入社したらどうしよう」と不安しかなかったです。担当者は、客先常駐の経験しかなくても、必ず社内開発に就職できると声を掛けてくれました。「確実に社内案件に入れる保証がなければ、無理に転職する必要はないですよ」とも言ってくれました。

2ヶ月後に内定を頂いた先は、受託開発がメインのIT企業です。社員数が100名未満の中小企業だが、海外に開発拠点もある隠れ優良企業でした。

入社後に先輩社員から個別の社内研修があり、プロジェクト配属後も別の先輩が開発のサポートをしてくれます。それから、毎年40〜60万円ペースで順調に昇給し、4年後には年収が520万円を超えます開発案件に就いた後も、納期がない月は毎日定時に帰宅しています

上場企業や知名度がある大手はないが、私にとってこの会社は優良企業ですね順調に昇給する上に残業も少ないため、今もこの会社でお世話になっています。

IT業界以外も広く扱う大手2社(リクナビ、DODA)と違い、IT系に特化したマイナビは求人の質が高いです。また、大手2社が扱わない隠れ優良企業が多いのも魅力です。機械的な対応にならざる負えない大手と違い、サポートが手厚い点もお勧めです。

私が客先常駐から脱出でき、社内開発に転職できたのはマイナビのおかげです。

評価:【マイナビIT AGENTの評価】本当に客先常駐から脱出できるの?

これからも、常駐SEで働き続けるリスクとは?

客先常駐を続ける最大のデメリットは、経験年数に応じて給料が増えない事です

常駐SEの給料が増えない理由は、手順書通りのマニュアル作業、ドキュメント作成、運用保守、ヘルプデスク、評価など、単純労働ばかりで開発経験を積めないからです。短期間で常駐先が変わるため、運が悪ければプロジェクト毎にスキルがリセットされます

IT業界で35歳定年説があるのは、実務経験を積めない常駐SEの働き先がなくなるからです。35歳を過ぎると、経歴書の年齢を見ただけでスルーされます。

私の新入社員時代の元同僚は、今も1社目の客先常駐で働き続けています。久しぶりに彼女に再会したが、8年間で30万円(年収300→330万円)しか増えていない事に衝撃を受けました30歳を機に、契約解除が増え自宅待機も増えたと言います。

対して、3年目に転職を決意した私は、その4年後に520万円まで増えています。IT業界では、本人の能力や実力以上に働く環境が大事です。

▼▼客先常駐からの転職に強い専門サイト3社は▼▼

  1. マイナビIT AGENT客先常駐から、社内開発の転職に強い
  2. 社内SE転職ナビ求人数は673件と、ブラック率も高い
  3. リクルート異業種への転職は、キャリアを活かせない

<2020年11月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:8月の有効求人倍率1.04倍に低下 6年7カ月ぶり低水準

コロナによる経済悪化に伴い、SE向けの求人数が日を追うごとに激減しています

3月以降の米国失業保険申請者数は、10月末の累計で「6,620万人」を超えました(参考:新規失業保険申請件数10/31)。ピークの664万人を超えたが、現在も週当たり100万人が職を失い続けています。

リーマンショック時の3月の失業者数は80万人だけだが、求人倍率は0.45倍に急落しました。その頃には、客先にいた20〜30代の常駐SEの半数が契約を解除されています。

契約解除後もSEを雇用できる会社は稀で、多くが所属先からも首を切られています。当時20代前半だった私も同僚も、契約解除後の翌月に自主退職に追い込まれました。求人倍率が1倍を下回る頃には、本格的に常駐SEの契約解除や派遣切りが急増します。

通常の11月は、来年度開始の開発案件に向けて経験者向けの求人が最も増える時期です

しかしながら、コロナの影響で今年秋のIT求人数は昨年度の半分未満です。いま転職市場に出ているIT求人を逃せば、来年以降はもう転職できない確率は高いです。なぜならば、来年以降に求人倍率が1倍を下回るのは確実で、求人自体が転職市場に出てこなくなるからです。

そのため、11月は私たち常駐SEが客先常駐を脱出する最後の月です。

目標から逆算すると、遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります人材不足の過去8年間は、業界経験さえあれば、誰でも社内開発に転職できる幸運な時期でしたね。これからは、客先から突然契約解除されるか、もしくは4〜5人でひとつの採用枠を奪い合います。

客先常駐からの脱出が目的ならば、「マイナビIT」が1番お勧めです。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、4年前に客先常駐から脱出できたからです転職後の年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビIT AGENT
(無料サービス登録まで3分)

まとめ:客先常駐に潜む7つの実態とは?

客先常駐の実態は...
  1. はっきり言って、中身は人身売買と変わらない
  2. 常駐先で、1人で作業させられるのは良くある
  3. 常駐先では、偽装請負を当たり前に強要される
  4. プロジェクトが変わる度に、出向先が毎回変わるのが辛い
  5. 大卒で常駐SEに就職しても、手取りは16万円もない
  6. 常駐SEは、炎上案件に投入される確率が高い
  7. 運用は楽だけれど、人生の貴重な時間を無駄にする

客先常駐は、私たちが想像する以上に何倍も悲惨です。専門職と思って就職するも、手取りは16万円もありません毎日深夜まで働かされるも残業代は1円も支払われず、労働時間で割ると時給700円を下回ります。正社員として入社したはずが、実態はただの派遣ビジネスですね

プロジェクトが変わる度に、常駐先が変わり別の職場へ派遣されますね。

会社のために必死に働くも、35歳になれば受け入れ先は激減します。その結果、私たち常駐SEは職を失い、飲食店や介護、サービス業に転職するしかありません。客先常駐は専門職ではないので、キャリアを活かした転職は無理です。

私の元同期は現在も常駐SEを続けているが、8年間で給与は30万円(年収300→330万円)しか増えていません。私は社内開発に転職することで、4年後に年収が520万円まで増えました。

将来の事を真剣に考えるのであれば、1日も早く客先常駐を脱出するべきです。

1日でも早く行動に移した方が良い理由は?

参考:有効求人倍率とは何?最新状況や計算方法をわかりやすく解説!

2019年の有効求人倍率は、バブル期よりも高い「1.6倍」でした。また、IT業界は特に好調で、転職サイトが公表する転職有効求人倍率は「6.79倍」を記録しています(参考:転職求人倍率レポート)。書類を送付すれば、誰でも企業から内定を得られる状態ですね

しかしながら、コロナウイルスの影響で、現状は大きく変わりつつあります。

米国失業保険申請者数は、9月末の累計で「5859万人」を超えました(参考:新規失業保険申請件数リーマンショックが起きた3月の合計でさえ、失業者は80万人だけでした。また、トヨタは来年4月期の決算で、営業利益が79.5%減少すると発表しています

自動車業界が壊滅的な打撃を受けたら、日本の労働者市場は立ち行かなくなります。

2009年の金融危機の頃には、多くの開発案件が中止に追い込まれました。そして、たくさんの派遣SEや客先常駐が強制退場されています私も当時若手社員で、常駐先から首を切られました。次の常駐先が見つからず、会社を首になった人もたくさん知っています。

常駐先の契約を切られてから転職活動を開始しても遅いです。その頃には、もう企業は新しい人材を募集していないからですIT業界で居場所を失えば、飲食店、介護施設などの肉体労働に行く人も少なからずいます。

有効求人倍率が「0.45倍」になると、どのような状況に陥るでしょうか?

有効求人倍率が0.45倍に陥ると...
  1. 買い手市場から売り手市場に転落し、高条件で転職できない
  2. 求人数が3分の1以下になり、転職したくてもできない
  3. 求人倍率が0.45倍に陥ると、5年間は元に戻らない
  4. 予算縮小でプロジェクトが中止、常駐SEは強制退場される
  5. 次の常駐先が見つからず、上司から自主退職を勧められる
  6. その後に就職活動を開始しても、企業はもう人材を募集してない
  7. 転職エージェントに登録しても、求人の紹介を断られる

私たちに与えられている時間は、決して多くはないですね。

転職活動で今すぐに必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありませんまた、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「実務で1度も開発経験がなくても、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

コロナウイルスの影響で、私たちに与えられている時間は多くはありません。客先常駐を脱出するならば、今月がもう最後の月かもしれません。

通常の9・10月は、下半期の開発案件に合わせて経験者向けの求人が最も増える時期です

しかしながら、コロナの影響で今年秋のIT求人数は昨年度の半分未満です。いま転職市場に出ているIT求人を逃せば、来年以降はもう転職できない確率は高いです。なぜならば、来年以降に求人倍率が1倍を下回るのは確実で、求人自体が転職市場に出てこなくなるからです。

目標から逆算すると、遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります。今すぐに行動に移せなくても、すぐに転職活動を開始できる形だけは作っておきましょう。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。マイナビは親切な担当者が多く、客先常駐から抜け出せるか不安を感じている人に向いています

私自身が4年前に、ブラックを脱出できたのでマイナビが1番のお勧めです。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビIT AGENT
(無料サービス登録まで3分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です